ワンdayワンnews

  • ホーム
  • RSS

食中毒

1: 2018/02/13(火) 17:45:02.60 ID:CAP_USER9
平昌五輪のノロウィルス騒動 汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明 大便物質による大腸菌などが検出される


【簡単に説明すると】

・平昌五輪で集団ノロウィルス感染
・原因は調理に使われた地下水と推定される
・大腸菌も検出される


no title


平昌冬季オリンピックの警備会社が集団ノロウイルスに感染した理由が判明したようだ。その原因は調理用の水として汚染された地下水を使用していたのが原因と確認された。

2月13日、疾病管理本部によると、平昌冬季オリンピックの警備会社の集団ノロウイルス感染の疫学調査の結果、集団発生の原因と修練院団体の食事と思われる調理用の水が汚染されている可能性があることが明らかになった。

  疾病管理本部は、修練院利用者1014人のうち94人がノロウイルスに感染された中、食事を食べた人と食べて居ない人を比較するとノロウイルス発生のリスクが6.5倍高く、食事だけして帰った人の中でも感染している人がいることが判明し、感染経路は食事に使われた水だと確定した。


特に調理用の水からは大便物質などによる汚染から生じる大腸菌が検出された点から見て調理用の水が汚染されていた。

疾病管理本部の関係者は、「問題がある地下水を調理用の水使用する過程で、食事が汚染されて集団感染が起きたと推定される」と述べた。


地下水が何故ここまで汚染されていたのか? パイプに亀裂が生じて下水道と混入してしまったのか、それとも配管ミスか不明であるが地下水が汚染されていたのは事実でそれを多くの人が食べていたという。

ソース:ゴゴ通信 2018/02/13 13:59:17
http://gogotsu.com/archives/37228

引用元: http://hayabusa3.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1518511502/

【関連記事】

【今週開催】平昌五輪スタッフ宿舎で“食中毒”1200人への食事提供見合わせへ


「刑務所よりもひどいメニュー」平昌五輪スタッフが怒り 食パンがボキッと割れる


続きを読む

virus_character
1: 犬も歩けば名無しに当たる 2018/01/20(土) 12:02:03.93 ID:pziXeetN0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
鹿野道彦農相も感染の疑いで入院した食中毒の「ノロウイルス」。この冬も各地で集団発症が相次いだが、
「その名前は使わないで」と全国の野呂さんが改称を訴えている。野呂姓の子どもが学校などでからかいやいじめの対象になったり、
その心配があるためだ。一般化してしまったウイルス名を改める妙案はあるのか。 

「野呂という姓は、ただでさえ、のろまとかノロノロとからかわれやすい。さらにノロウイルスとは…。これ以上、野呂姓の人間に重圧を加えないでというのが正直な気持ち」。「ノロウイルス」改称を訴える会の会長を務める杉井(旧姓・野呂)ゆうきさん(40)=横浜市=はこう訴える。

ノロウイルスの由来は何か。厚生労働省の資料などによれば、1968年、米国中西部のオハイオ州ノーウォーク市の
小学校で集団発生した嘔吐(おうと)や下痢の症状が出る急性胃腸炎の病原体として検出。72年、小型球形ウイルスが特定され、
地名から「ノーウォーク(Norwalk)ウイルス」「ノーウォーク様(よう)ウイルス」と呼ばれるようになり、国際ウイルス学会は2002年、
ウイルスの属名としてノロウイルスを正式に採用した。

「ノロ」とは「ノーウォーク」の一部に発音しやすく「O(オー)」を補ったもの。この結果、全国で約2万人とされる「野呂さん」は嫌な思いをするハメになった。

http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20120316141431217

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1516417323/

続きを読む

このページのトップヘ