ワンdayワンnews

  • ホーム
  • Twitter
  • RSS

雑談

ハンコ屋さん「最近『降谷』のハンコが恐いくらい沢山売れる」
download-3


引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526254203/

1: 2018/05/14(月) 08:30:03.12 ID:yKDHjkye0
はんの吉本三星堂@y_sanseido

最近降谷のハンコが沢山売れて恐くなっていたはんこ屋の者です。
いろんな書体の「降谷」が確認できる「降谷」専用のご注文フォームを作ったのでよかったらご利用下さい。
社会人の必需品シャチハタネーム9です。

no title

https://twitter.com/y_sanseido/status/995483793937989632

続きを読む

【テレビ】「鉄腕DASH」城島 福島DASH村訪れ涙の謝罪 地元激励に男泣き「明雄さんがいたら“大馬鹿者”」
mig

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526211257/

1: 2018/05/13(日) 20:34:17.99 ID:CAP_USER9
 女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となった元TOKIOの山口達也(46)が今月6日にジャニーズ事務所から契約を解除されたことにより、城島茂(47)国分太一(43)松岡昌宏(41)長瀬智也(39)のTOKIO4人で継続される日本テレビ
「ザ!鉄腕!DASH!!」(日曜後7・00)は13日、山口の事件後最初の放送を迎えた。
城島は5月10日に福島・DASH村を訪れ、謝罪。
地元から逆に励まされ、男泣きした。

 事件は4月25日に発覚。同29日は「さんま転職DE転職7」(後7・00~9・54)のため、休止。5月6日は「世界の果てまでイッテQ 年に1度シャッフルSP」(後7・00~9・54)のため、休止だった。

 この日の番組冒頭、「新宿DASH」(国分)のロケが5月1日に、「DASH島」(長瀬)のロケが5月4日に、「DASH海岸」(城島)のロケが
5月1日に再開した様子を紹介。
終盤、「DASH村」の米作りの話題になると「番組を見てくださっている皆様に実際の様子をそのままお伝えするため、あえてカメラを回した映像を放送します」とテロップを表示して断りを入れ、4月29日に都内会議室で行われた話し合いがオンエアされた。

 プロデューサー「農業企画。米、新男米からずっとやってきて、ロケを進めていくのか、どうなのか。僕らスタッフもいろいろ意見があって。

 国分「僕たち主動で動けなくないですか。米のことは」

 プロデューサー「実際まだ番組も、いつも一緒に米を作っている福島の農家さんたちに直接顔を合わせて話はできていない。向こうも気を使って連絡してこないので」

 城島「テレビとか『DASH』とか超えた部分(米作りは)ぶっちゃけあるじゃないですか。もちろんオンエアして、なんぼの世界ですけど。ただ僕は、
つなげるっていう部分は(苗に)罪はないような気がするんですよ」

 プロデューサー「リミットがあって、季節的な」

 ディレクターから5月半ばまでに田植えを開始しなければならないことを告げられた国分は「僕たち主動で動けなくないですか。米のことは」と神妙。
「今、僕らがタイムリミットに向かって動くのは、ちょっと違う気が…」と語った。

 そして5月10日、城島が福島県・DASH村を訪れ地元の人々へお詫び。すると、これまで田植えなどで苦楽を共にした三瓶専次郎さんは
「(14年6月に亡くなった三瓶)明雄さんがいたら“大馬鹿者”と言われたかもしれないな。でも、まだまだこれから!大丈夫だ!」と激励。
城島は何度も頭を下げながら涙を流した。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00000156-spnannex-ent

続きを読む

ゲーム会社社長「昔のゲームのほうが面白かったという人達へ。あなたはお客様ではありません」
download

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526043344/

1: 2018/05/11(金) 21:55:44.50 ID:AvX6x/QF0
https://note.mu/piroshi3/n/nbb6a915e5208

第26号『昔のゲームのほうが面白かった』という人達へ

松山 洋(サイバーコネクトツー社長)
2018/05/07 19:15

“昔のゲームっていろんな意味で想像できる余地があったと思うんです。
けど現在のゲームはすごく描写がリアルでなんでもしっかりと演出が施されていてスゴイとは思うのですが、ユーザーが想像する余地があまりにも無いと感じています。
ゲームって昔のようなプレイヤーに想像させる余地を残したタイトルってもう出ないんでしょうか?”という質問をいただきました。

結論から言うと“出ません”。 

だいたいこういう質問をしてこられる方は30代・40代と年齢が高めの傾向にありますが、私はこういったことを聞かれた時には質問を質問で返すようにしています。

“では、あなたが最近買って遊んだゲームソフトを教えてください”
ってね。
そうするとほとんどの方が

“いやー、最近のゲームは遊んでないですねー。持っているゲーム機もスーファミ・64・GC・PS2くらいで止まってますねー。”あの頃のゲーム最高ですよねー。

けどね。

誤解を生むかもしれませんがそれをわかった上で、ここはあえてわかりやすい言い方をさせていただきますね。

“あなたはお客様ではありません。ただ「昔は良かった」って言いたいだけの人ですよ”

続きを読む

【テレビ】「あのね…」Mステ初登場ガールズバンドの「CHAI」、タモリに「タメ口」で物議「ありえない」
mig-1

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526132117/

1: 2018/05/12(土) 22:35:17.71 ID:CAP_USER9
度々問題視される芸能人の「タメ口」だが、許容される人とそうでない人がいるようだ。
現時点では後者だとみられるのが、新進気鋭のガールズバンド「CHAI」だ。


2018年5月11日放送の音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)で、司会のタモリさん(72)にタメ口をきいたとしてネット上で波紋が広がり、一時ツイッターの「トレンド」入りしたほどだ。

「あのね...」
この日、「3週連続初登場企画」の枠で出演した「CHAI」は、双子の姉妹を含む4人組のニュー・エキサイト・オンナバンド。
「NEOかわいい」をコンセプトに掲げ、若い女性やミュージシャン、海外でも注目を集める存在だ。
番組では、女優の吉岡里帆さんや歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんも曲の世界観を絶賛していると紹介された。

波紋を広げたのは、タモリさんとのトークでの、コンセプトの「NEOかわいい」に関する質問への答えだ。

「あのね、NEOかわいいっていうのは、CHAIがそもそも4人ともすっごいコンプレックスが多くて、見ての通り全然完璧じゃないの。コンプレックスってみんな持ってるもので、コンプレックスはその人の個性でその人にしかないし、でもそれをすごくかわいいと思っていて。だからかわいくない人なんていないと思ってる。そう。だからそれを『NEOかわいい』って言って、みんなをかわいいって言いたいの」
その他のメンバーも、説明に「そう」「そう」と口々に同意した。


フランクな口調に驚いた視聴者もいるようで、ツイッター上などには

「タモさんにタメ口...」
「タメ口とか引くわ」
「ありえない」

など、嫌悪感を顕わにするコメントも投稿された。一方で擁護派も多く、

「あれが普段のスタンス」
「chaiのタメ口ってキャラじゃね?」
「別によいではないか」

といった理解を示すコメントがファン以外からも寄せられた。

パフォーマンスを含め話題となったCHAIは、一時ツイッターのトレンド入りをするほど大きな反響を呼んだ。

こうした議論の中であがっているのが、「○○はいいのに?」「△△も使ってる」といったタメ口芸能人の名前だ。
もちろん、タメ口が定番化した芸能人でも批判的な意見はなくならないが、世間的に許容されているような人物がいるのも事実だ。

「ローラは愛嬌があるからタメ口でも許せるけど、他のタレントはイラッとくる」
だが、今回のCHAIはこうしてひんしゅくを買っている。
その差はなんだろうか。
まだ知名度がなく、「タメ口キャラ」と認識されていなかったためかもしれない。
しかし、「ハーフタレント」や「おバカキャラタレント」同様、ミュージシャンの中にもタメ口ユーザーは目立つ。

実はこういった議論は「古くて新しい」とも言える。
女性自身は17年8月、「ローラはOK?許せるタメ口と許せないタメ口の違いに論争勃発」と題した記事をウェブサイトに掲載し、タレントのローラさん(30)のタメ口について分析。
その中では、

「ローラは愛嬌があるからタメ口でも許せるけど、他のタレントはイラッとくる」
「タメ口でも相手を尊重してる感じがあれば腹は立たない」
といった声が紹介されている。

なお、CHAIは同日深夜放送の音楽番組「バズリズム」(日本テレビ系)でも、「元気だよ~」「超うれしい」「(反響)めっちゃあった」など、タメ口でトークを繰り広げていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/14705318/

CHAI
no title

no title

続きを読む

【アメフト 動画あり】 パス投げ終えたQBに悪質タックル! 全治3週間の下半身しびれ! 日大選手に出場禁止処分!
gatag-00005761

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526124500/

1: 2018/05/12(土) 20:28:20.98 ID:CAP_USER9
動画 
amehuto

https://www.youtube.com/watch?v=dknEe3i13HI

14秒頃


https://www.youtube.com/watch?v=1j7PKW-PWEM

4:00~
QBがパス投げたあとにタックル(右端)
5:48~
QBがボール渡したあとにタックル
7:30~
尻もちついたあと、関学の選手のほうに走って小突いてる(真ん中ちょい右)

アメリカンフットボールの関東学生連盟は10日、
日大―関学大の定期戦(6日、東京・アミノバイタルフィールド)で3度の反則行為をし、退場処分を受けた日大守備選手に対して、対外試合出場を禁止する処分などを発表した。
連盟による選手への処分は極めて異例。


期間は今月中にも設置される規律委員会の調査終了後の追加処分が決まるまで。
日大の内田正人監督に対しても指導者責任があるとして厳重注意した。
また、関学大は日大に対し、反則行為の経緯説明と謝罪を求める文書を送ることを検討している。

6日の試合で日大の守備選手は、相手クオータバック(QB)がパスを投げ終えた数秒後に背後からタックル
QBはそのプレーで負傷退場した。日大の守備選手はその後のプレーでも不必要な乱暴行為を続け退場処分となった。


学連は9日の理事会で、反則行為のあったプレーを映像で検証。
その結果、背後からのタックルが「不必要な乱暴行為を超えるプレー」と判断した。
日大の守備選手は6月の大学世界選手権(中国)の日本代表メンバーだったが、すでに辞退している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000069-asahi-spo
反則を受けたQBは全治3週間と診断を受け、足に痺れが出ているため、改めて精密検査を受ける予定
http://www.sanspo.com/sports/news/20180512/spo18051211020003-n1.html


続きを読む

【悲報】板東英二の"え"を"が"に変えた結果wwwwwwwww
6HQV-3mw_400x400

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1525938751/

1: 2018/05/10(木) 16:52:31.21 ID:KDHxwN/hM
板東ガイジwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

続きを読む

LINEで女に「一人暮らしだから起こしてくれるやつおらん」みたいなこと言ったら
なんJ

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1525931866/

1: 2018/05/10(木) 14:57:46.97 ID:CY23je6ap
女「起きれたら電話しましょうか?w」
ってきたンゴ
どういう意味なんや?アスペやからわからんねん

続きを読む

【悲報】清宮幸太郎さん、早くもコロコロで漫画化決定
download-1

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1525943573/

1: 2018/05/10(木) 18:12:53.35 ID:4eLNZxSDa
すごい😭

https://mantan-web.jp/article/20180510dog00m200036000c.html
ホームランだよ!キヨミヤくん:マンガでも活躍? 「コロコロ」に読み切り掲載

ホームラン王を目指す小学生・キヨミヤの活躍を描く小ガエルさんの野球マンガ「ホームランだよ!キヨミヤくん」が読み切りとして、
15日に発売される男児向けマンガ誌「コロコロコミック」(小学館)6月号に掲載されることが分かった。

 プロ野球日本ハムの清宮幸太郎内野手が9日、オリックス戦でプロ入り初ホームランを放ったことも話題だが、マンガではキヨミヤがホームラン王を目指す。
no title

続きを読む

このページのトップヘ