one day one news

ネタ・ニュース・ネット上の話題についてまとめてます。 Twitterフォローしていただけると嬉しいです!

  • ホーム
  • RSS

社会

9ef4a46f20cab3a664cd9c8d0fbdce3f

【芸能】「死んだら負け」発言にも立腹!?「アンチ松本人志」を公言する元女子アナとは

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539995633/

1: 2018/10/20(土) 09:33:53.83 ID:CAP_USER9
 松本人志の発言が物議を醸している。

 発端となったのは愛媛県のご当地アイドルが16歳でみずから命を絶ったニュースを伝えた10月14日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)。

 同番組で松本は「ボクは『やっぱり死んだら負け』ということをもっとみんなが言わないと」「死んだらみんながかばってくれるっていう風潮がすごくイヤ」とコメント。

 力強く生きる必要性を率直に語った松本だが、ネット上では賛同以上に「死者にムチ打つ言葉だ」など批判の声が続出。

 批判を受けた松本は17日、自身のTwitterで〈自殺する子供をひとりでも減らすため【死んだら負け】をオレは言い続けるよ。。。〉と綴った。

 松本発言を巡るネット上の騒動は、業界内でも注目を集めている。

「このところネットで松本さんの“アンチ”が急激に増えましたね」とはテレビ関係者。続けてこう言う。

「今回の『死んだら負け』発言だけでなく、今年2月の『ワイドナショー』でネットカフェ難民について『ちゃんと働いてほしい』と発言した時もネットで猛烈に叩かれました。こうした松本さんの発言を厳しく批判する人に共通しているのは、いわゆる『リベラル』で人権問題に関心があるということ。今では“元女子アナの芸能人”まで『アンチ松本』を公言しているんですよ」

「アンチ松本」の元女子アナとは。

「元TBSアナの小島慶子です。彼女が人権を守る立場から『松本さんの誤り』について周囲に熱っぽく語っているのは業界内では有名な話。彼女からすれば、今回の『死んだら負け』発言も許せるわけがない。昨年末の『ガキ使』で放送されたベッキーに対する“タイキック”についても彼女は『いじめやハラスメントになる』とTwitterに投稿していたほど松本さんと考えが合わないんです」(前出・テレビ関係者)

 今後さらに「アンチ松本」の芸能人が増えるかもしれない。

(白川健一)

https://www.asagei.com/excerpt/114443
no title

続きを読む

-e1531552761890

【テレビ】<長嶋一茂>飛行機で泣く子にいら立つ大人は「人生の敗者」 自身の対処法も明かす

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539649110/

1: 2018/10/16(火) 09:18:30.69 ID:CAP_USER9
野球解説者でタレントの長嶋一茂(52)が15日放送のフジテレビ「長嶋一茂と怒れる女たち」(月曜後10・15)に出演。飛行機内で泣き出してしまった子どもへの対応について持論を語った。

 ゲストのキャシー中島(66)が「飛行機に乗った時に隣に1歳ちょっとぐらいの赤ちゃんがいて。50代ぐらいの男性がその真後ろに座って、まず赤ちゃんを見て『チッ』って言ったの」と体験談を告白。「飛行機が上がるときに耳が痛くて泣く。すると『泣きやがったよ、うるせえな、うるせえな』ってずっと言うんです。次第に座席をガンガンってたたくようになって。あの人だけは許せない」と怒りをあらわにした。

 このエピソードに一茂は「そいつは人生の敗者。日本にいらないです」とバッサリ。「泣いてる子がいたら、絶対俺が抱きに行くの。絶対に泣きやませる自信がある」と続け、「子どもの本能って動いてるときに泣きやむ。だから、飛行機の中でも『ちょっと貸して下さい』って言って2、3周、俺のスピードで回すとだいたい泣きやむ」と自身の対処法を明かしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000070-spnannex-ent

続きを読む

fake_news_bikkuri

【災害】インターネットの「デマ」信じた1割 「デマ取り締まるべき」7割

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539070506/

1: 2018/10/09(火) 16:35:06.43 ID:CAP_USER9
 北海道地震や大阪北部地震など大規模災害に際し、インターネット上で広がるデマが問題となる中、災害時のデマを信じた経験を持つ人が9.4%に上ることが9日、民間企業の意識調査で分かった。

 
 調査は、インターネット接続大手ビッグローブ(東京都品川区)が8月、スマートフォンを持つ20~60代の男女1000人を対象に行った。

 災害時にツイッターなどで広がったデマにだまされた経験について、全体の9.4%が「ある」と回答。「ない」は66.4%、「わからない」は24.2%だった。「ある」の最多は20代の14.5%で、最低は60代の4.5%だった。

 災害時のデマをどう思うか尋ねたところ、「発信者を特定し取り締まるべきだ」が67.3%に上る一方、「混乱は仕方ない」も26.1%いた。「混乱すれば面白い」(2.9%)、「自分には関係ない」(2.8%)との回答もあった。

 同社は「災害時の情報は緊急性が高そうなものが多いが、いったん冷静になり、情報の発信元などを確認してほしい」としている。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000004-jij-soci

続きを読む

tor6

【芸能】鳥越俊太郎氏(78)が電子マネー強制社会に怒り 「私たちは現金世代」

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538550661/

1: 2018/10/03(水) 16:11:01.74 ID:CAP_USER9
「人生100歳時代」「生涯現役」と、長生きを肯定的にとらえるフレーズが市民権を得るようになってきたが、世の高齢者たちは、
心の中では怒っている。昨今の電子マネーの急速な普及に伴う社会の変化に怒りを感じているのは、ジャーナリスト・鳥越俊太郎氏(78)だ。

「私たちは現金世代です。支払いはキャッシュじゃないと落ち着かない」(鳥越氏。以下「」内同)

 世のキャッシュレス化は凄まじい勢いで浸透している。

「先日、取材で中国に行ってきたのですが、あちらではデパートやコンビニはもちろん、小さな雑貨店のようなお店までキャッシュレスですよ。
皆さんスマホに表示したQRコードをお店の端末に『ピッ』とやって支払う。私はガラケーなので困ってしまった。
日本でもどんどん、“現金お断わり”の店が増えていくんでしょう。そうした変化のスピードには驚くばかりです」

 ロイヤルホストなどを運営する外食大手・ロイヤルHDは昨年11月、完全キャッシュレスのレストラン
「ギャザリング・テーブル・パントリー」(東京・中央区)をオープンした。同店にはいわゆるレジがない。各種クレジットカードや
Suicaなどの交通系カード、またはスマホを介した方法で支払うのだ。現金は一切お断わりということである。

「ポケットの小銭をジャラジャラさせているから、それが減ると“お金を使った”という感覚が得られる。カードやスマホだと“お金を支払う”という行為を
意識しにくいから、ついつい使いすぎてしまうような気がする。ビジネスとしては正解かもしれないけど、私のような現金派としては疑問ですね」

 東京・中央区のある映画館では、ポップコーンやドリンクなどを販売する売店でキャッシュレス専用レジ3 つに対し、現金専用レジが1つしかない。

 週末の混雑時には現金専用レジの前に長蛇の列ができ、キャッシュレスレジがガラガラになる。“電子マネーの使えない年寄りは行列に並べ”と
言われているのと同じだろう。

「私も書籍や日用品の購入をカード決済の通販に頼ることが増えてきた。確かに便利だけれど、レジで直接、お釣りを渡してもらって
会話があるほうが、生活が明るくなるでしょ」

※週刊ポスト2018年10月12・19日号

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181003-00000004-moneypost-bus_all
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181003-00000004-moneypost-000-1-view.jpg

続きを読む

radiko-350x350

デジタル時代なのに… ブラインドタッチができない人が多数派 イータイピングで150P以下は職員室な

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1538288943/

1: 2018/09/30(日) 15:29:03.98 ID:Om4vuzQH0 BE:837857943-PLT(16930)
キーボードを見ないで文字を打つことは「ブラインドタッチ」と呼ばれ、パソコンなしで仕事ができない現代では重要なスキルといえる。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,477名に「パソコンの操作について」の調査を実施。

「手元を見ずにパソコンのキーボードが打てる」と答えた人は、全体で31.8%。社会がデジタル化していることを考えると、少ない割合だといえるだろう。

■上司世代の男性はタイピングが苦手
男性では50代以上から、割合が少なくなっている。

no title


現役で働いている人たちならば、それなりの立場にいる人も多い世代。パソコンを使う機会も多いはずなのに、ブラインドタッチができないのは意外である。

https://sirabee.com/2018/09/29/20161668914/

●イータイピング 腕試しレベルチェックへ
https://www.e-typing.ne.jp/

続きを読む

illustrain02-toilet01

「上座のトイレ」を使う若手って何なの?マナーとか知らないんだろうな……

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1538282599/

1: 2018/09/30(日) 13:43:19.25 ID:mqPr8ZMM0 BE:328765197-2BP(1669)
https://anond.hatelabo.jp/20180929213139
■上座のトイレを使う若手

先週出張に行った時の話。

グループで出張に行った時にトイレに行こうという事になった。

みんなで一斉にトイレに入ったんだけど、一番の若手が上座の便器を使用していた。

もう2年目なのに。

俺は気にしない人だからいいけど、万が一取引先の人と一緒だったらどうするんだろう。

今後の彼のためを思ったら言ってあげた方が良かったんだろうか。

まあ仕事は教えてもマナーまで口出すのは野暮か。言わないのが正解だと思うことにしよう。

続きを読む

【ZOZO】前沢社長が「月旅行より貧困支援を」の意見に回答

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538211326/

1: 2018/09/29(土) 17:55:26.04 ID:CAP_USER9
2018年9月29日10時44分
前沢友作社長
https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201809290000303_m.html?mode=all
no title


民間人として初の月旅行に行くことを発表したスタートトゥデイ前沢友作社長(42)が、「月に行くより、災害や貧困支援にお金を使っては?」との意見に回答した。

前沢氏は28日、「『月に行くより、災害や貧困支援にお金を使っては?』に答えました」と題した長文をコンテンツ配信サービス「note」に投稿。これまで公表は限定してきたが、かねてより災害支援や発展途上国の子どもたちの支援などを積極的に行ってきたことを明かした上で、「ただ、支援する度に感じることは、モノやお金を送るだけで、実際の活動は現場のボランティアやNPOの方々に任せてしまっている後ろめたさだ。実際は現場の混乱を考えると、慣れたプロの方々にお任せした方がいいのは頭では理解できる。けれども、何も動いていない自分がダサい。銀行に送金依頼をする度に思う。額縁にきれいに収まった感謝状をいただく度に思う。現場まで駆けつけて、炊き出しをしたり、一曲歌ったりして、被災した方々に元気を与えようとする芸能人の姿にも毎度気持ちを動かされる。その度に僕も何かしたいという衝動に駆られる」と複雑な思いをつづった。

2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件をきっかけに、世界平和に貢献したいとの思いを強くした前沢氏。「二度とあんな悲しいことが起こらない平和な世界の実現に微力ながら自分の力を使いたい。会社経営者として、事業を通し人を笑顔にしたい。人と人を繋げ、人々の人生を豊かにしたい。また、社員を雇用すること、事業で得た利益の一部を納税すること、地域に還元すること、これから起業を志す若者に夢を与えること、働くことの概念を楽しいものにアップデートすること、などなど、瓦礫撤去や、炊き出しや、歌は上手く歌えないけど、会社経営者として世の中のためにできることはたくさんある。そう思っている」とつづり、今回の私財を投じた月旅行プロジェクトもその一環だとした。

「基本方針は『好きなことを通して、自分だけでなく、皆さまにも楽しんでいただく』こと」と前沢氏。「月にアーティストを連れて行きたいと思うのも、バスキアを世界中の美術館に貸し出しているのも、ワインを開けたらみんなでワイワイしたいのも、全部そういうこと。みんなで楽しみたいだけ。みんなの笑顔が見たいだけ」との思いをつづり、「いろんなお金の使い方があるだろうし、それに対していろんなご意見もあるでしょうが、寄付や支援は今後も積極的に続けながら、自分の好きなことや得意なことに目一杯有り金をつぎ込んで、みんなで感動して笑いあえるのが最高なんじゃないかなと思ってます」と自身の考えを示した。

続きを読む

スクリーンショット 2018-02-20 0.35.05のコピー3
【スポーツ】アメリカのスポーツ界に「パワハラ」が存在しない理由

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537677342/

1: 2018/09/23(日) 13:35:42.85 ID:CAP_USER9
2001年に日本のプロ野球でコーチの選手に対する暴行事件が発覚した時、当時現場を一緒に過ごした米国人記者から「まるで映画の世界そのものだな」と皮肉を言われたことがある。

 彼の言う「映画」とはトム・セレック主演の「ミスター・ベースボール」(1992年公開)のことで、故・高倉健さん演じる日本人監督の「上の命令は絶対だ」的な指導法に、日本のプロ野球選手たちが従う姿がコメディー風に描かれていた。

 残念ながらその記者はもうこの世にいないが、もしも彼が今でも生きていたら、指導者が選手に対して「体罰」を振るったり、何かを強要したりという「パワー・ハラスメント=パワハラ」が問題になっている今の日本のスポーツ界を、どう捉えただろうかと思う。

 なぜなら、「パワハラ」という言葉が、米国には存在しないからだ(「パワハラ」は日本で生まれた造語である)。
たとえば英語版Wikipediaには「Abuse by Power(権力によるイジメ)」という言葉はあっても、「パワハラ」は日本や韓国における「社会問題」として紹介されているだけだ。そして、それはスポーツ界ではなく、社会的な問題だとされている。

 上司が部下に、あるいは指導者が選手に何かを強要することは米国にもある。
再び映画の話になるが、トム・クルーズ主演の「ア・フュー・グッドマン」(1993年公開)は、軍隊内部の規律を乱す者への上官の暴力的制裁をテーマにした法廷ドラマだった。
同作品は脚本家が物語同様の裁判を担当した弁護士から聞いた実話をベースにしているので、当時の米軍内部にはそれに似た事件があったことを示唆している。最近ならば、軍隊内の「セクシャル・ハラスメント=セクハラ」が内部告発として表面化して社会問題となっているし、
スポーツ界でも米国の体操競技の「セクハラ」に代表されるように(典型的には)男性指導者が女性選手に性行為を強要する問題が起こっている。

 だが、それらは米国で、日本風の「パワハラ」とは区別されている。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54166

続きを読む

05のコピー3

【国際貢献】基本給は月6万円、残業代は時給300円 工場逃げ出した外国人実習生

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537009836/

1: 2018/09/15(土) 20:10:36.01 ID:CAP_USER9
平成の初め、国際貢献の名目で受け入れた外国人たちはその後、好不況に合わせた雇用の調整弁として都合よく使われてきた。いま技能実習生と呼ばれる外国人たちが置かれる実態は「共生」にはほど遠い。人手不足の日本を支える隣人たちと、どう向き合うべきなのか。

 スマートフォンの画面にアイロン台が映し出される。壁の時計の針は午前0時35分を指していた。

 こっそり撮った動画を見せながら、中部地方の縫製工場から逃げ出してきたカンボジア人の女性実習生4人が口々に訴えた。

 「月曜から日曜までほとんど休みなく、朝8時半から深夜まで、ミシンやアイロンをかけさせられていた。長時間残業しても、残業代は満足に出ない」

 4人は8月中旬、NPOが運営する「外国人労働者救済支援センター」(岐阜県羽島市)に保護を求めてきた。

 縫製の技術を学ぼうと来日し、小さな工場で働いていた。彼女たちの話によると、給料明細書はもらえず、基本給は月6万円。残業代は時給で1年目300円、2年目400円、3年目500円だった。この地域の最低賃金を下回る。会社側は否定するが、「それ以上は話せない」。

 4人のうちの1人、32歳の女性は7歳になる一人息子を母親の元に残し、2年前に来日した。夫と離婚し、彼女の稼ぎが頼りだ。月12万円ほどの手取りは家への仕送りと、来日をあっせんした業者に払った2千ドル(約22万円)の借金返済でほとんど残らない。

 「お金のためと我慢してきたが…残り:2264文字/全文:2865文字

no title

no title


2018年9月15日09時13分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL8S5QCLL8SULZU00J.html

続きを読む

467895

社長(83)「命綱無しで高所で作業しろ」現場責任者(74)「できないはないぞ」作業員(66)「はい・・・」

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1536729644/

1: 2018/09/12(水) 14:20:44.10 ID:KvyC+neFd
名古屋市中川区の鉄工所で今年5月、クレーンで高所作業中に男性作業員が転落死し警察は現場責任者ら2人を安全義務を怠ったとして業務上過失致死の疑いで書類送検しました。

名古屋市中川区小塚町の鉄工所で今年5月、クレーンのモーターを交換していた男性作業員(当時66)が高さおよそ6メートルの足場から転落し死亡しました。

警察は命綱やヘルメットの着用など高所作業での安全注意義務を怠ったとして
83歳の鉄工所の社長と74歳の現場責任者の男2人を業務上過失致死の疑いで書類送検しました
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00004826-tokaiv-l23

続きを読む

【芸能】りゅうちぇるのタトゥー告白に「その人の自由」と乗っかる芸能人に疑問噴出! 
りゅうちぇる

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1535415326/

1: 2018/08/28(火) 09:15:26.47 ID:CAP_USER9
タレントのりゅうちぇるが8月19日にインスタグラムにて、両肩に入れたタトゥーを公開。子供が生まれたら家族の名前(TETSUKOとLINK)を体に刻むと心に決めていたという。
そして21日には〈こんなにも偏見されるのかと思いました〉と、タトゥーに対する否定的な反応についての驚きを吐露。
こんなに偏見のある社会 どうなんだろう。仕方ないよね。
ではなく、僕は変えていきたい
〉と自らの気持ちを明かしている。

りゅうちぇるの思いはともあれ、日本ではタトゥーに対する嫌悪感が強いのは事実。そしてタトゥー否定派は、その嫌悪感を「偏見」と呼ばれること自体が不本意だと感じている。
観光庁が2015年に発表した調査結果によると、全国宿泊施設の56%が温泉や大浴場でタトゥー客の入浴を拒否しているのが現実だ。
その中で今回のりゅうちぇるの発言に対し、世間の「偏見」を糾弾する芸能人も少なくという。週刊誌記者が指摘する。

「何事にも首を突っ込みたがる田村淳は8月23日にインスタグラムで『人を見かけで判断するなと教わりますよね?タトゥーも同じだと思います』とコメント。 

眞鍋かをりは22日に『それぞれの価値観なのに、他人のタトゥーにどうこう言う意味がわからない』とツイートしています。 

また野村周平は21日に『タトゥー入ってたら印象悪い。意味わからない』とツイート。どの発言に対しても賛否が入り混じっている状況です」

こういった、りゅうちぇるを擁護しているかのような芸能人の発言に対しては、タトゥーへの賛否とはまた別の角度からの批判もあるという。週刊誌記者が続ける。

「ひとつには眞鍋のように『人それぞれの価値観』と言いつつ、タトゥーに嫌悪感を持つ人々を一方的に非難するのは矛盾しているという批判です。
ほかには自分自身はタトゥーを入れていない芸能人が『タトゥー嫌悪への非難』を行なうことは、単なるポジショントークに過ぎないとの批判もありますね。
その点、人気ベーシストのKenKenは22日、『どんな文化だって常に賛否両論。いれてるひとも、いれてないひとも大好きだよ僕は』と22日にツイート。
みずからタトゥーを入れているKenKenが賛否両論を語り、“タトゥー擁護派”芸能人は偏見ばかりをあげつらう。そんなコントラストは興味深いところですね」

なお当のりゅうちぇるはタトゥーの有無とは関係なく、盗撮防止などの理由から「日本の温泉や、プールには行かないとおもいます」と説明。
温泉やプールでのタトゥー禁止についてはあえて踏み出さないバランス感覚を見せている。タトゥー問題について語る芸能人も、そんなりゅうちぇるの姿勢を参考にできそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1509887/
2018.08.28 05:59 アサ芸プラス


続きを読む

【漫画】漫画家たちから編集者への不満噴出…「1ヶ月かけて1万円」「やっぱり連載させない」「200ページもネーム没」
manga

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1535025962/

1: 2018/08/23(木) 21:06:02.92 ID:CAP_USER9
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0823/blnews_180823_0514375697.html
8月23日(木)19時33分

良い本を出すため協力関係にあるはずの作家と編集者だが、両者の間には様々な確執が存在。Twitterでは、複数の漫画家が編集者から受けた扱いや言葉に不満の声を上げ、反響を呼んでいる。

漫画家のぷちめい氏は、かつて体験したWEBメディアとのお金に関するトラブルを漫画にしてTwitterに公開。編集長から1ページ1万円と聞いていたが、完成時に確認すると1記事1万円との回答。1ヶ月かけた11ページの漫画は1万円で買い取られ、描き続けられないと訴えると、「借金すればいいんですよ」との言葉をかけられたという。この投稿漫画は大きな反響を呼び、当時の編集長にも届き両者は和解。ぷちめい氏は漫画を削除した。

金額条件が話題となったことを受け、漫画家のみかわ絵子氏は、「『もう知らん編集部燃やす…』くらいイッちゃった精神状態でないと編集者にお金の質問が出来ないんです」とした上で、「ジャンプ+」の原稿料は好条件だと説明。これに「ジャンプ+」編集者も反応し、「もっと作家さんに戻せるようにインフラ作り頑張ります。ジャンプラで連載してたら嘘やろ?というぐらい稼げるようにしたい思とりますねん」と応えた。

しかし、この「ジャンプ+」編集者のツイートに対して、漫画家のおちR氏は怒りの反論。「この言葉だけは許せないので描きます。去年、読切の中で1位取ったら連載しますと言っておいて、実際1位、連載陣まで抑えて全体2位になる。仕事を辞めて連載の準備してたのに一方的に『やっぱり連載させない』と言って地獄に突き落としたジャンプ+が何を今更、作家の事考えてるとか言えるんだ」と断じた。

また、漫画家の牛野缶詰氏も編集者から受けた扱いを暴露。コミケのサークルチケットや頒布品をただで要求されたり、他社との掛け持ちを禁じられた上で、同じ会社の別雑誌への掲載も断られたという。ほかにも、「月8万しかくれない編集部も、200ページもネーム没にしても一銭もくれない編集部も、みんな滅べ」など悲痛な声を綴っている。

一方、編集者や編集部を下げる話題が多いとして、「ドリフターズ」などで知られる人気漫画家の平野耕太氏は、かつての編集者とのエピソードを披露。平野氏によると、「自分をデビューにこぎつけてくれた編集さんは 当時俺らがいた漫研がチンピラに絡まれた時に 『話ならおれが聞くよ』とそいつを便所に連れて行き だ、大丈夫かな・・と恐る恐る覗いたら 笑いながらそいつの顔面を蹴っていたので いい人です」とのこと。いい人の定義は不明だが、漫画家を守ってくれる編集者もいることを言いたかったのかもしれない。

続きを読む

【芸能】真鍋かをり、りゅうちぇるタトゥー批判に「それぞれの価値観、人に押し付けるのはおこがましい」
眞鍋かをり

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1534997928/

1: 2018/08/23(木) 13:18:48.31 ID:CAP_USER9
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808230000243.html
2018年8月23日9時41分

 タレントの真鍋かをり(38)が、タトゥーを入れている人に対する世間の偏見に「意味がわからない」と疑問を呈した。

 真鍋は22日更新のツイッターで、タレントのりゅうちぇるが身体に刻んだ妻と子どもの名前のタトゥーを披露し、賛否が巻き起こっている騒動に言及。なんでタトゥーで賛否両論…?それぞれの価値観なのに、他人のタトゥーにどうこう言う意味がわからない」とつづり、「自分は絶対タトゥー入れないし、親が『かをり』って入れると言い出したら阻止するけど、それは私の価値観であって人に押し付けるのはおこがましい」と私見を述べた。

 りゅうちぇるは21日、インスタグラムのストーリーで、両肩に入れたタトゥーを披露。一部から批判の声があがり、「結婚して、子供がいつかできたら、家族の名前を身体に刻もう。と結婚する前、3年前から決めてました。その3年でたくさん考えて、それなりの覚悟で入れました」と説明。「この体で、僕は大切な家族の笑顔を守るのです。なので、この体に、大切な家族の名前を刻みました。隠すつもりもありません。でも意地でも出したいわけでもありません。自然に生きていきたいです。偏見が無くなりますように」との思いをつづった。


続きを読む

【作詞家】エヴァ「残酷な天使のテーゼ」及川眠子さん、「タダで書いて」無償での仕事依頼に苦言
evangelion0042

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1534934632/

1: 2018/08/22(水) 19:43:52.38 ID:CAP_USER9
アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニング曲「残酷な天使のテーゼ」などを手がけた作詞家の及川眠子さん(58)が、無償で仕事を依頼されることに苦言を呈し、クリエイターなどから共感の声が多数寄せられている。

及川さんは20日、ツイッターで「タダで書いて。タダで歌って。タダで演奏して。タダで踊って。プロに向かってそんな要求する人が多い」と切り出し、「『目に見えないもの』を売ってる私たちは、つまり『原価のかからない』仕事をしてると思われがちで、だからタダでも構わないでしょ、なのか。今までの資料代に勉強代、結構金かかってんだけどな」と不満をつづった。

このツイートに「物作りをしてますが、同じ様な事が多々あり『原価そんなにしないでしょ?』とよく言われます」「これクリエイターだけじゃなくて、我々も材料や部品代がかからなかった修理でも同じこと言われる」「占い師も同じです…占って~私も私も~って、仕事だから金取るよって言ったら友達じゃん!とか言う奴は友達じゃない…心の叫びです」「わかります! 私美容師ですけど子供の髪ぐらいならタダでいいじゃんって言われたこと何回もあります」と、同様の経験をしたことがあるとして共感する声はクリエイターのみならずさまざまな職種の人たちから寄せられた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00307208-nksports-ent

続きを読む

このページのトップヘ