ワンdayワンnews

  • ホーム
  • RSS

新聞

【高校野球】猛暑に4試合連続で足つる選手 6人救護 観客も26人が熱中症、日射病の疑い
7871

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1533735803/

1: 2018/08/08(水) 22:43:23.18 ID:CAP_USER9
大会本部によると、この日は今大会最多の6選手が救護された。日中に比べて涼しくなってきた第4試合でも常葉大菊川の内野手・東が
両足をつるなど、4試合連続で足がつる選手が出て、グラウンド上の選手が全員引き揚げて水分補給する場面もあった。

その際、場内には「選手は水分補給致します」とアナウンスされた。また、熱中症、日射病の疑いの観客が26人いたと発表した。


スポニチ:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000059-spnannex-base

続きを読む

【悲報】 司法取引さん第1号 「従業員は刑事訴追するけど、企業としての起訴は止めにしたるわw」
gahag-0048598441-1

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1533600299/

1: 2018/08/07(火) 09:04:59.32 ID:+U+o4XyU0
タイの発電所建設を巡り、現地の公務員への数千万円規模の贈賄疑惑が浮上し、事業を受注した日本企業と東京地検特捜部との間で、法人の刑事責任を免れる見返りに、不正に関与した社員への捜査に協力する司法取引が成立した。
 
この企業は大手発電機メーカー「三菱日立パワーシステムズ」(MHPS、横浜市)で、特捜部は不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)の疑いで、社員らの立件を検討する一方、法人の起訴は見送る方針だという。


<社説>司法取引初適用 制度の矛盾が露呈した
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-762880.html

続きを読む

【サッカーW杯/眼中なし!?】ベルギー紙「16強で日本相手にウォーミングアップした後、8強でブラジルに対してその力を証明する必要がある」
2017-11-14-belgium_h8lbibxbb1b13741cmx5psjq

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530450894/

1: 2018/07/01(日) 22:14:54.45 ID:CAP_USER9
ベルギーメディア「日本戦はウォーミング・アップ」と楽観視…気持ちはすでにベスト8に?

 ラウンド16で日本代表と対戦することが決定したベルギー。しかし、同国メディアの目はすでにベスト8に向けられているようだ。

 ロシア・ワールドカップのグループリーグは、28日に全日程が終了。グループHを2位で通過した日本代表は、ベスト16でグループG首位のベルギーと対戦する。
そのベルギーメディアは、日本戦を8強への「ウォーミング・アップ」と位置づけ、ベスト8で対戦するであろうブラジルとの戦いに目を向けているようだ。

 1勝1分1敗の2位で2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を決めた日本は、ベスト16でグループG3連勝のFIFAランク3位のベルギーと対戦することが決定。
ベルギーとは過去に5度対戦し、2勝2分1敗と勝ち越している。W杯では2002年の日韓大会初戦で激突。2-2の引き分けに終わっている。なお、直近での対戦は昨年11月でロメル・ルカクに決勝点を許し、0-1で敗れている。

 ベルギーの『HLN』はまず、最終節のイングランド戦を振り返り「アドナン・ヤヌザイが彼のキャリアで最も美しいゴールを奪った。
しかし、それとともにレッド・デビルズ(ベルギー代表の愛称)は、ブラジルが待つトーナメントに入ってしまった。ヤヌザイは決して責められるべきではないが、計画通りの展開ではなかった」と総括した。

 そのうえで「ベスト16で日本相手にウォーミング・アップした後、ブラジルに対してその力を証明する必要がある」と、すでにベスト8へ目を向けていた。

 さらに、ベルギーのレジェンドであるマーク・デグリース氏は「ベルギーはグループGの勝者として日本と戦うが、コロンビアより低いレベルの相手だ。ベスト8ではブラジルが待っているだろう」と予想している。

 一方でロベルト・マルティネス監督は日本について「質の高いチームであることは承知している。彼らが勝ち上がったことは、何ら不思議なではない。
監督がその時から変わったけど、相変わらず侮れないね
」と警戒。「今は日本戦のことしか考えられないよ」と、まずはベスト16に目を向けるべきだと語っている。

 日本とベルギーのラウンド16は、日本時間7月2日の27時にキックオフを迎える。

Goal.com 2018.07.01 16:04
http://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9/%E3%99%E3%AB%E3%AE%E3%BC%E3%A1%E3%87%E3%A3%E3%A2%E6%A5%E6%9C%AC%E6%A6%E3%AF%E3%A6%E3%A9%E3%BC%E3%9F%E3%B3%E3%B0%E3%A2%E3%83%E3%97%E3%A8%E6%A5%BD%E8%A6%B3%E8%A6%E6%B0%E6%8C%E3%A1%E3%AF%E3%99%E3%A7%E3%AB%E3%99%E3%B9%E3%888%E3%AB/7naieamj25ac1j4pyglci2fu3

no title



続きを読む

【サッカー日本 時間稼ぎ】 スペイン紙 「日本サッカーの馬鹿らしさが、W杯歴史に刻まれた」
lavanguardia-Sep2014

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530465096/

1: 2018/07/02(月) 02:11:36.16 ID:CAP_USER9
28日のロシア・ワールドカップ(W杯)のグループH第3節、日本はポーランドに0-1で敗れた。
だがフェアプレーポイントの差で、かろうじてセネガルを上回り2位で決勝トーナメント進出を果たしている。


ポーランドの先制点を許して一時的にグループH3位となった日本だが、
その後に同時開催のセネガル対コロンビアでコロンビアがゴールを決め、
フェアプレーポイントの差でセネガルを上回り2位に浮上した。

日本は終盤、ポーランドに得点を決められるか、セネガルが同点に追いつけばグループステージ敗退となる中で、パス回しで時間を稼ぐことを決断。
そのままスコアを維持して、セネガル対コロンビアも0-1のまま動かなかったために決勝T進出を決めている。


W杯史上初めてフェアプレー規則によって決勝トーナメント進出を決めた日本だが、終盤に行った危なげないパス回しはフェアプレー規則の問題を提起することにも繋がっている。

アメリカ『AP通信』は、警告数や退場数が必ずしもフェアプレーに直結しないとの見解を示した。

「日本は受けたカード枚数の少なさによって表彰されることになった。が、それがフェアプレーと同価値であるのだろうか。
この試合の最後の30分間は、日本人選手たちのパスショーで過ぎ去った。
これ以上警告を受けないためにリスクを冒すことを避けたのである」

またスペイン『ラ・バングアルディア』は、フェアプレー規則の存在により、
日本が悪い意味でW杯の歴史に名を刻んだとの意見を記している。

「この試合の最後の5分間は、日本の馬鹿らしさによってW杯の歴史に刻まれる。
彼らは負けているのに攻撃せず、守備陣でボールを回すことを決断した。
日本はセネガルのゴールで敗退に追いやられる可能性がありながらも、コロンビアの勝利を信じたのだった。
結局、何も動くことはなく、皮肉にもフェアプレー規則が彼らをベスト16に進めている」
http://news.livedoor.com/article/detail/14935568/

【関連記事】
【サッカー】ロシアがPK戦を制し無敵艦隊スペインを破る!開催国ロシアがベスト8!


続きを読む

【悲報】 本田キレる 「非公開のスタメン情報が漏れた。メディアが追求する真実はいつもズレてる」
GettyImages-863966940-800x533

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530263752/

1: 2018/06/29(金) 18:15:52.38 ID:Frq2vyE+0NIKU
KeisukeHonda(本田圭佑)
?認証済みアカウント @kskgroup2017

メディアの皆さん

ポーランド戦前にスタメンを公表してたけど、練習は非公開やったわけで。。。

真実の追求するポイントがいつもズレてるよ。

選手達も普段、後ろにファンがいるからと思って喋ってるんやから、もうちょっと考えてください

https://twitter.com/kskgroup2017

続きを読む

【悲報】英ガーディアン紙「日本人ファンでさえ、このゴミ試合のゴミは片づけられないだろう」
wor1801150064-p1


引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530205046/

1: 2018/06/29(金) 01:57:26.52 ID:qzkQvR/P0
「日本人ファンでさえ、このゴミ試合のゴミは片づけられないだろう」

Paul Doyle
@Paul_Doyle
Even Japanese fans won't be able to clean up after that shitshow


https://twitter.com/Paul_Doyle/status/1012363880067149825

続きを読む

【音楽】X JAPAN、YOSHIKIとToshlに新たな亀裂か? と東スポ報じる Toshlがギャラで折り合わず、ルナフェスにYOSHIKI単独出演か?
3d6a2_1581_75f09f852049937783bf1c6ea0a08d33-cm

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529758125/

1: 2018/06/23(土) 21:48:45.10 ID:CAP_USER9
X JAPAN再び分裂危機 ルナフェスにYOSHIKI単独出演の深刻事情
6/23(土) 16:45配信 東スポWeb
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1046086/
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000020-tospoweb-ent

X JAPANのYOSHIKI(左)とToshlに新たな亀裂?
no title


ロック界のカリスマに新たな“火種”が勃発か――。日本のロックバンドが集う音楽フェス「LUNATIC FEST.2018」(以下、ルナフェス)が23、24日に千葉・幕張メッセで行われる。今年もそうそうたる顔ぶれが出揃ったが、人気ロックバンド「X JAPAN」の名前はなく、YOSHIKI(年齢非公表)が単独で出る。
なぜバンドとして出ないのか? 実は、舞台裏ではボーカルToshl(52)とYOSHIKIの、のっぴきならない“事件”が発生していたのだ。

ロックバンド「LUNA SEA」が主宰するルナフェスは2015年に第1回を開催し、今回で2回目。ラインアップにはLOUDNESSやGLAY、大黒摩季など大御所も名を連ねているだけに、約6万人を動員した前回同様、大変な盛り上がりになることだろう。

音楽関係者が語る。

「もうモッシュ(興奮した観客が密集した状態で体をぶつけ合うこと)やダイブ、ヘドバン(リズムに合わせて頭を上下に振ること)の雨アラレですからね。中にはスリや痴漢の被害に遭ったファンもいたとか。今回も激しいライブになりそうですよ」

ところが、ファンや関係者が不思議がっていることがある。それは「X JAPAN」は出演せず、YOSHIKIが単独出演することになったからだ。
同関係者は「もともと『LUNA SEA』にとって『X JAPAN』は自分たちを育ててくれた“親”であり“師匠”なんです。他界したHIDEの後釜をギタリストのSUGIZOが担っていることからも明らか。そんなかわいい後輩のフェスに、バンドとして出演しないというのはあり得ないんですよ」と言う。

実は、その舞台裏ではのっぴきならない事態が勃発していたのだ。

内情を知る芸能関係者が明かす。

もともとはバンドとして出演する方向だったんです。そしたらToshlが法外なギャラを要求し『払えないんなら出ない』と言いだした。交渉してもまったく折り合わず、かといってボーカルのToshlを除いて出演するわけにもいかない。結局YOSHIKIだけの出演になったというわけです。後輩の顔を潰すことになったため、YOSHIKIはほぼノーギャラにしたといいます。義理堅い人間ですからね

ただ、今回の件でYOSHIKIははらわたが煮えくり返っているという。

同関係者が続ける。

最近、Toshlがバラエティー番組にやたら出演しているというのもバンドのブランドイメージとしていかがなものなんでしょうか。『X JAPAN』のカリスマボーカリストが芸人にイジられまくってますからね。なぜそこまでしなければいけないのか周囲は理解に苦しんでいるのです

たしかに、ここのところToshlはすっかり“バラエティータレント”と化している。ある番組で遺体役になったかと思えば、別の番組ではお笑い芸人くっきー、レイザーラモンRGとネタを披露。占い師の銀座の母からは言いたい放題言われて、もはやカリスマボーカリストとしての面目はない。

世間に親近感を抱かせていると言えば聞こえはいいですけど、ただ笑われているだけですからね。ステージで『行くぞー!』とシャウトしても、『プッ』と噴き出されたらロックのライブが成立しません。YOSHIKIも不快感を抱いているとみられます」(同関係者)

一見、友好的な関係の2人だが、YOSHIKIのToshlへの不信感は強くなりつつあるという。場合によっては、「X JAPAN」の“空中分解”もあるかも!?

カリスマバンドはいったいどうなってしまうのだろうか。

続きを読む

【サッカー】<アルゼンチン全国紙>PK失敗のメッシを“戦犯”扱い!「たった11mの距離すら決められない」 
member_23235_1

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529205316/

1: 2018/06/17(日) 12:15:16.06 ID:CAP_USER9
⚫�攻めに攻めたアルゼンチンだったが…。

【6月16日・モスクワ|グループD アルゼンチン 1-1 アイスランド】

 ボール支配率78%、総シュート数27本。守勢に回ったアイスランドに対して、攻めに攻めたアルゼンチンだったが、最後までゴール前に表われた巨壁を打ち壊すことはできなかった。

 スタートは良かった。19分に敵ペナルティーエリア内で楔のパスを受け取ったセルヒオ・アグエロが反転しながら強烈なシュートで豪快にネットを揺らした。

 しかし、課題の守備陣がすぐさま粗を出す。23分、右サイドで数本のパスを繋がれて右サイドを崩されると、最後はGKウィリー・カバジェロがボールを掴みきれずにこぼれ球を、アルフレッド・フィンボガソンに押し込まれた。

 そこから一方的に攻め込んだアルゼンチンに一大チャンスが訪れたのは、タイスコアで迎えた64分だった。相手ゴール前でマキシミリアーノ・メサがヘルドゥル・マグヌソンに倒されてPKを得るも、ここでキッカーを務めた大黒柱のリオネル・メッシがまさかの失敗。アイスランドの守護神ハンネス・ハルドールソンに完全にコースを読まれ、弾き出された。
 
 背番号10のPK失敗が仇となり、アルゼンチンはアイスランドとドロー。試合前の下馬評を考えても痛恨の一戦となったことは言うまでもない。

 格下と見られていた相手に躓いたアルゼンチン代表に母国メディアも嘆き節が止まらない。

 アルゼンチン全国紙『Ole』は、「なんてPKだ! メッシはたった11mの距離(PKの距離)でさえ決めることができなかった」と銘打って、千載一遇のチャンスを逃したエースと代表チームを非難した。

「PKもダメ、速攻での流動的なランニングもない、効果的なライン間のパスもない、左足も、右足もダメ…。最後までメッシには何もなかった。アイスランドが示した戦術的なスキルに苦しんで勝利を逃した。チームもアグエロの偉大な個人技によってゴールをこじ開けたが、リードを長く保てなかった。この日のアルゼンチンは細かいミスを何度も犯した。本当に残念だ!」

 ドロースタートのアルゼンチンは、立ち直ることができるのか。21日に行なわれる次戦の相手は、グループリーグ最大のライバルと目されているクロアチアだ。

no title


サッカーダイジェスト6/17(日) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180617-00042263-sdigestw-socc


続きを読む

【ゴルフ】片山選手「招待客がパット中にパット練習」 招待客の相手せず・・・プロアマ戦問題
20180606-00000566-san-000-view

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1528364656/

1: 2018/06/07(木) 18:44:16.18 ID:CAP_USER9
男子ツアーは石川遼が今季から選手会長になって数々のツアー改革に取り組み、ギャラリー動員数がアップしていたのだが、身内のプロがとんでもない不祥事をしでかした。それも永久シード選手だからあきれる。

日本ゴルフツアー機構(青木功会長)は6日、先週行われた日本ツアー選手権のプロアマ戦で、「参加されたご招待客が、片山晋呉プロの対応に関し不愉快な思いをされ、プレーの続行を断念されるといった事態が生じました」と発表。6月中に懲戒、制裁委員会を開催して処分を下すという。

招待客は大会主催者の森ビル関係者で、協賛会社として会場に看板も出ていた。開催コースのメンバーでもあり、シングルの腕前で、永久シード選手の片山とのラウンドを楽しみにしていた。

ところが、ゲストがパットしている最中にも片山はパット練習に夢中で相手をしない。次のホールへ移動してもパット練習を続けて、不愉快に感じたゲストが早々にプレーをやめてしまったのだ。


男子ツアーは人気選手が不在で、スポンサーが離れて試合数が激減している。一方、女子ツアーはプロアマ戦でゲストを丁重にもてなすことで人気が高まり、試合数が増えてきた。そこで男子ツアーもようやくプロアマ戦を重視するようになったが、片山は「何で練習しちゃ悪いの」とコトの重大さにまだ気づいていないそうだ。

かつて、用具契約のゴルフシューズを「こんな靴は履いていられない」とロッカールームのゴミ箱に捨てて問題になったり、サインした色紙をギャラリーに向かって放り投げるなど片山にはトラブルが尽きない。そんな“問題児”をプロアマ戦に呼ぶこと自体が間違っている。

ソース/日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/230666/1


続きを読む

【悲報】79歳のババア、新聞で自分語りをしてしまう
老人

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1528404452/

1: 2018/06/08(金) 05:47:32.89 ID:wIWp8UNn0
no title
【文字起こし】

 幼い少年と少女が糸でんわで名前を呼び合うシーンをテレビドラマでみて、懐かしさがいっぱい広がった。

 新婚の頃、月末になると百円玉が数枚しかない火が何日かあった。
夫になかなか言えなくて、糸でんわを思いついた。
 
 「お金がないので今夜のおかずは魚一匹です」。
でんわを耳にした夫の横顔がゆるみ、唇が笑った。
 「赤ちゃんが出来たの」。
長男の時も、次男の時も、糸でんわで告げた。2人だけの世界があった。

 介護施設にいる夫は、歩くことも、ことばを紡ぐことも出来ない。
あの頃のことを思い出して、糸でんわを作った。
夫の耳に当てて、話しかけてみるけど何の反応もない。
「もしもし」と言ったら唇を動かして下さい。
「明日また来るからね」と言ったらうなずいて下さい。
「じゃあね」と言ったら少しでいいから手を振って下さい。

 でも......と、私は思った。
ことばが出るようになったら、夫は最初に「おれのこと、随分子ども扱いしていたね」と笑うだろう。
そうしたら、私は糸でんわの紙コップが破れるくらいの大声で、笑い返そう。

続きを読む

【サッカー】<ハリル孤立!>腹心コーチ陣がまさかの“裏切り”
hariru

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524718344/

1: 2018/04/26(木) 13:52:24.12 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が“四面楚歌”に陥っている。電撃解任に業を煮やした同氏は、27日に都内で日本サッカー協会に対する反論会見を開く予定。すでに日本サッカー界全体を敵に回した格好だが、さらにまさかの事態も…。自ら呼び寄せた腹心の外国人コーチたちが日本協会と事を構える気はなく、あっさり“降参”したのだ。今後は孤独な闘いを強いられそうだ。

 悲しいかな、暴走指揮官に厳しい現実が突きつけられた。24日、ハリルジャパンでコーチを務めたジャッキー・ボヌベー氏(56)とGKコーチを務めたエンベル・ルグシッチ氏(56)が残務整理のため、次々と東京都内のJFAハウスに姿を見せた。

 ロシアW杯まであと2か月という時期に、ハリルホジッチ氏とともに電撃解任された外国人コーチ陣。かつてのボスがいまだに更迭を受け入れず、日本で反論会見まで開いて徹底抗戦の構えを見せているだけに、部下たちも足並みを揃えるのかと思いきや…。

 ヘッドコーチ格としてハリルホジッチ氏を支えたボヌベー氏は「まずは会長に(日本代表コーチとして)選んでいただいて、任務を与えていただいたことを感謝した」とこの日までに日本協会の田嶋幸三会長(60)と面談し、その場では不満どころか謝意を示したことを明かした。

 さらには「日本の選手は素晴らしい態度で接してくれた。今後、彼らと過ごした日々と同じくらい快適に仕事ができることはあるのだろうか、と思うくらいだ、もちろん、一緒にW杯に行けなかったことはものすごく残念」。田嶋会長はハリルホジッチ氏更迭の理由として選手との信頼関係の悪化があるとしたが、ボヌベー氏はこれでもかと賛辞を並べて選手と自らの関係は良好だったと強調した。

 最後には「W杯はビッグサポーターの一人として応援するよ。チャンスがあればまた日本で、どこかのクラブでも可能性があればやりたい」とまでも…。前代表指揮官が事あるごとに対立したJリーグクラブに向けても“再就職”のラブコールを送ったのだ。

 ひたすら親日ぶりを熱く訴え、いとも簡単に元ボスを裏切った形。ハリルホジッチ氏が腹心の“手のひら返し”を目の当たりにしたら怒りのあまり卒倒しそうだが、プロの指導者としては当然の行動と言えるだろう。結果が伴わなければいつ何時でも職を失う可能性があるのがサッカー界で、ケンカ別れしても得るものは何もない。むしろ日本サッカー界と良好な関係を保つことで仕事の選択肢も広がってくるだけに、コーチ陣が暴走指揮官にソッポを向くのも自明の理だ。

 日本協会、選手、そしてついには腹心にも見限られたハリルホジッチ氏。迷走の末に待っているものは果たして…。

4/26(木) 11:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000006-tospoweb-socc

続きを読む

このページのトップヘ