ワンdayワンnews

  • ホーム
  • Twitter
  • RSS

新聞

【サッカー】<ハリル孤立!>腹心コーチ陣がまさかの“裏切り”
hariru

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524718344/

1: 2018/04/26(木) 13:52:24.12 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が“四面楚歌”に陥っている。電撃解任に業を煮やした同氏は、27日に都内で日本サッカー協会に対する反論会見を開く予定。すでに日本サッカー界全体を敵に回した格好だが、さらにまさかの事態も…。自ら呼び寄せた腹心の外国人コーチたちが日本協会と事を構える気はなく、あっさり“降参”したのだ。今後は孤独な闘いを強いられそうだ。

 悲しいかな、暴走指揮官に厳しい現実が突きつけられた。24日、ハリルジャパンでコーチを務めたジャッキー・ボヌベー氏(56)とGKコーチを務めたエンベル・ルグシッチ氏(56)が残務整理のため、次々と東京都内のJFAハウスに姿を見せた。

 ロシアW杯まであと2か月という時期に、ハリルホジッチ氏とともに電撃解任された外国人コーチ陣。かつてのボスがいまだに更迭を受け入れず、日本で反論会見まで開いて徹底抗戦の構えを見せているだけに、部下たちも足並みを揃えるのかと思いきや…。

 ヘッドコーチ格としてハリルホジッチ氏を支えたボヌベー氏は「まずは会長に(日本代表コーチとして)選んでいただいて、任務を与えていただいたことを感謝した」とこの日までに日本協会の田嶋幸三会長(60)と面談し、その場では不満どころか謝意を示したことを明かした。

 さらには「日本の選手は素晴らしい態度で接してくれた。今後、彼らと過ごした日々と同じくらい快適に仕事ができることはあるのだろうか、と思うくらいだ、もちろん、一緒にW杯に行けなかったことはものすごく残念」。田嶋会長はハリルホジッチ氏更迭の理由として選手との信頼関係の悪化があるとしたが、ボヌベー氏はこれでもかと賛辞を並べて選手と自らの関係は良好だったと強調した。

 最後には「W杯はビッグサポーターの一人として応援するよ。チャンスがあればまた日本で、どこかのクラブでも可能性があればやりたい」とまでも…。前代表指揮官が事あるごとに対立したJリーグクラブに向けても“再就職”のラブコールを送ったのだ。

 ひたすら親日ぶりを熱く訴え、いとも簡単に元ボスを裏切った形。ハリルホジッチ氏が腹心の“手のひら返し”を目の当たりにしたら怒りのあまり卒倒しそうだが、プロの指導者としては当然の行動と言えるだろう。結果が伴わなければいつ何時でも職を失う可能性があるのがサッカー界で、ケンカ別れしても得るものは何もない。むしろ日本サッカー界と良好な関係を保つことで仕事の選択肢も広がってくるだけに、コーチ陣が暴走指揮官にソッポを向くのも自明の理だ。

 日本協会、選手、そしてついには腹心にも見限られたハリルホジッチ氏。迷走の末に待っているものは果たして…。

4/26(木) 11:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000006-tospoweb-socc

続きを読む

【レスリング】栄監督は「心身衰弱し日常生活困難」至学館大が文書 パワハラ問題

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1520427417/

1: 2018/03/07(水) 21:56:57.18 ID:CAP_USER9
栄監督は「心身衰弱し日常生活困難」至学館大が文書
2018年3月7日16時52分 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/sports/news/201803070000535.html

栄和人強化本部長(左)と伊調馨
no title


女子レスリング五輪4連覇の伊調馨(33=ALSOK)を巡るパワハラ問題を受けて至学館大が7日、文面を発表した。

「本学関係者への取材等について」と題し、連日、日本レスリング協会強化本部長で同大監督の栄和人氏(57)の報道がされることについて「高校生を含むレスリング選手たちはもとより、無関係の学生たちまでSNS等を通じて批判、侮辱されるような事態になっております」と状況を説明。

さらに「身に覚えの無い報道に加え、周囲に多大な迷惑がかかっていることから監督は衝撃を受け心身が衰弱し、日常生活を送ることも困難になっています。そのため、今は安静療養が必要です。レスリング部道場や寮をはじめ、関係各所における張り込み等の結果、学生たちが不安を感じ、試合を控えた選手たちも辛い思いをしております」とつづった。文末には「マスコミ各位におかれましては、節度ある活動をお願い申し上げます」と記されていた。

至学館大は吉田沙保里、登坂絵莉、土性沙羅、川井梨紗子らを輩出する女子レスリングの名門として知られている。


no title

至学館大学(しがっかんだいがく、英語: Shigakkan University)は、愛知県大府市横根町名高山55に本部を置く日本の私立大学である。1965年に設置された。大学の略称は至大(しだい)至学館
 教育理念 
人間力の形成」 
至学館大学における「人間力」とは、「健康力」、「知的視力」、「社会力」、「自己形成力」および「当事者力」の5つの力から構成されるものと定義し、これら5つの力を乗じ、総合的に応用・展開することができてはじめて真の「人間力」であるものと考える。すなわち、「真理と正義にもとづく価値観と倫理観をもち、広い視野と科学的な知識にもとづいた自己実現とすべての人々の幸福のため、積極的に寄与・貢献できる人間力の形成」である。
 

教育目標 
学生自らが主体的に行動する機会を数多く設け、自らの大学は自分たちで作る「名実ともに学生が主人公」の大学づくりを目指し、主体的な発想のもと、心身ともに健全でたくましく、「生きる力」、「行動力」、「仲間愛」に溢れ、そして諦めないで何ごとにも「チャレンジする精神」を持った学生をひとりでも多く育てることを教育目標としている。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/至学館大学

続きを読む

1: 2018/03/02(金) 19:14:25.11 ID:CAP_USER9
no title


・2月28日に毎日新聞が掲載したガンダム論に対し、指摘や異論が相次いでいる
・初代は「序章」的位置付けで、「Z」からガンダムゾームは始まったと紹介
・当時を知るファンたちは、初代ブームの方が大きかったと反論している


「初代は“序章”的位置付けで、『Z』から、今に連なるロボットアニメ、ガンプラブームやアニソンブームが始まったと言っていい」--毎日新聞の記事に掲載された「機動戦士ガンダム」シリーズについての見解が、事実とは異なるとの指摘が多数あがっている。

毎日新聞は、2月28日に「森口博子 原点回帰に魂震える 『Zガンダム』主題歌、32年ぶり録音」という記事を掲載。
内容は、「水の星へ愛をこめて」以来、32年ぶりに「機動戦士Zガンダム」の新曲をリリースする森口博子へのインタビューだが、冒頭で初代とZの位置づけを説明。

日本にロボット、いやモビルスーツのブームをもたらしたのは1985年の『機動戦士Z(ゼータ)ガンダム』だった。79年に始まったZの付かない初代は“序章”的位置付けで、『Z』から、今に連なるロボットアニメ、ガンプラブームやアニソンブームが始まったと言っていい、エポックメークな存在である。」と伝えた。

この部分に対し、当時を知るガンダムファンたちは「初代ガンダム」ブームの方が大きかったと反論。ネットでは誤りを指摘するツッコミや怒りの声が多数寄せられている。

事実に反している」「知りもしない事を偉そうに書くな」「Zの前はどうした?ニワカめが!!フェイクニュースだ」「もう初代ガンダムのブームを知らない世代が毎日新聞の記事を書く様になったんだ」「初代が序章…あんな濃い内容なのに序章…? たぶん書いた人は初代見たこと無いんじゃないですかね」「ファーストがあってZ、ZZ が出てきた訳で、フェイクと言うより【無知の極み】的な記事」「ガンプラブームは『機動戦士Z(ゼータ)ガンダム』が始まる5年前の1980年から起きており、当時のガンプラブームは毎日新聞でも報道している筈ですが?」「毎日新聞は正気か!?初代はアニメ映画史で初の三部作を公開しその際オリジナルのアニソンを作ったりとブームを牽引。またガンプラは既に初代の頃に超絶ブームだったぞ!

2018年3月2日 14時18分
BIGLOBEニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14376567/

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1519985665/

続きを読む

1: 2018/02/22(木) 19:57:17.96 ID:BGZmnZJl0 BE:784885787-PLT(15000)
no title

平昌(ピョンチャン)冬季五輪の日本選手の獲得メダル数は21日のスピードスケート女子団体追い抜きの金メダルで、自国開催だった1998年長野五輪を抜き、冬季五輪で史上最多の11個(金3、銀5、銅3)となった。報奨金がメダルの色によって選手にそれぞれ贈られ、関係者はうれしい悲鳴を上げている。

日本オリンピック委員会(JOC)は金メダル500万円▽銀メダル200万円▽銅メダル100万円を贈っている。
五輪のメダル報奨金は92年アルベールビル大会から導入され、金メダルは当初、300万円だったが、16年リオデジャネイロ大会から500万円に増やされた。銀と銅は据え置かれたままだ。

メダル報奨金は競技団体などから、もらえることがある。今大会、7個のメダルを獲得した日本スケート連盟はJOCと同じで、金500万円▽銀200万円▽銅100万円。金、銀、銅と三つのメダルをそろえた高木美帆(日体大助手)はJOCと連盟の報奨金を合わせると、1600万円の計算になる。金メダルの女子団体追い抜きは、4人で合計4千万円の報奨金。

4個獲得している全日本スキー連盟は予算の関係などから、現時点で公表していない。
悲願のメダル獲得をめざし、女子(LS北見)が23日の準決勝に進んだカーリングは、報奨金がない。
日本カーリング協会の柳等強化委員長は「お金がないので、ない袖は振れない」と話す。


 海外チームも報奨金があり、「チームUSA」の米国は金3万7500ドル(約403万円)
▽銀2万2500ドル(約242万円)▽銅1万5千ドル(約161万円)と、日本に比べ、銀、銅に手厚い。

 21日終了時で、全体トップの33個のメダルを獲得しているノルウェーは報奨金がないが、翌年、自らの運動能力を高めるための資金1万2千ユーロ(約159万円)を得る資格が与えられる。
(渡辺芳枝、笠井正基)

2018年2月22日09時34分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL2Q0Q6FL2PUTQP08Q.html?iref=comtop_8_05

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1519297037/

続きを読む

1: 2018/02/15(木) 11:18:58.59 ID:3KAzEbzm0● BE:565421181-PLT(13000)
(社説)高校指導要領 木に竹を接ぐおかしさ


 「多面的・多角的な考察」が全体の基調なのに、こと愛国心や領土問題となると政府の立場を強く押し出す――。


2022年度から実施される高校の学習指導要領の改訂案は、木に竹を接いだような内容だ。

 領土問題に関する書きぶりを見ても、たとえば「尖閣諸島は我が国の固有の領土であり、領土問題は存在しないことも扱うこと」などとなっている。
 

 政府見解を知識として生徒に伝えることは大切だ。だが「これを正解として教え込め」という趣旨なら賛成できない。
相手の主張やその根拠を知らなければ、対話も論争も成り立たない。
他者と対話・協働して課題を解決する。それが新指導要領の理念ではなかったか。


 いま、政権批判や在日外国人の存在そのものを「反日」と決めつける風潮がはびこる。
それだけに、日本の立場をひたすら強調する方向での記述の変更には、危うさを覚える。

もっと教師を信じ、その自主性に任せていいはずだ。

https://www.asahi.com/articles/DA3S13359788.html

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518661138/

続きを読む

14
1: 2018/02/15(木) 14:57:45.45 ID:3KAzEbzm0● BE:565421181-PLT(13000)
県警に確認せず「取材が不十分」 産経が記事削除し謝罪


 産経新聞社は8日、沖縄県内で起きた交通事故で、米兵が「日本人を救出した」と報じた昨年12月の記事を削除し、これに関連して沖縄の地元2紙を批判した表現に行き過ぎがあったことを謝罪した。


今回に限らない構造的な問題を指摘する声も上がる。
「(事故を捜査した)沖縄県警には取材しなかった」という。

 また朝日新聞の取材に、産経新聞社広報部は「日本人として恥だ」といった表現について
「(米兵による日本人救出が)事実であっても許容されるものとは考えておりません」と答えた。


津田正太郎・法政大教授(マスコミュニケーション論)は「ネット上の主張にはまっていたため、取材が甘くなり、慎重さも損なわれたのではないか」として「一記者の倫理問題でなく、社全体の姿勢が招いた問題だ」とみる。

 山田健太・専修大教授(言論法)は「産経は新聞社として真実を追求しようとの姿勢が足りない」としつつ、政治家や有名人が放言や暴言を繰り返していることも問題の背景にあると指摘。

最初に反論記事を掲載した琉球新報は、「ないことを『ない』と証明するのは非常に難しかった。
曹長やそのご家族の不名誉にならないような配慮も必要で、大変な時間と労力がかかった」と話した。

https://www.asahi.com/articles/ASL284DJTL28UTIL01B.html

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518674265/

続きを読む

20170330p-2
1: 2018/02/13(火) 11:50:05.85 ID:chd0/pE80 BE:882533725-PLT(14141)
DAPPI? @take_off_dress

安倍総理「かつて朝日は私がNHKに圧力をかけたと捏造報道をしたのに訂正もせず謝らない。
珊瑚礁の捏造などそういうのが連続してる。吉田証言は日本の誇りを傷つけた。安倍晋三小学校も訂正報道なし。
最低限果たすべき裏付けもしてないことに言及してない朝日に私は呆れた」


総理が朝日に苦言
#kokkai
http://2ch.net

ソースは2以降に

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518490205/

【関連記事】

【悲報】朝日新聞さん、安倍首相に名指しで煽られるwwwwwwwwww


【アホの朝日新聞】 「やっぱり森友に安倍が関与してた!証拠はこれだ!」 の内容が酷すぎてワロタw


朝日新聞記者「『フテンマ』と『フクシマ』は似ている」 足立康史「ほとんど病気」


【モリカケ予算委員会】安倍首相「妻は電話していない」籠池氏巡る「動かぬ証拠」の音声データ全否定へ


今、新聞販売店の店主が次々と自殺しているらしい

続きを読む

1: 2018/02/10(土) 23:32:53.06 ID:Z5GcokGV0 BE:135853815-PLT(12000)
安倍首相、朝日の『森友』釈明に批判書き込み「哀れですね。惨めな言い訳」

 安倍晋三首相の「朝日新聞批判」が止まらない。
学校法人「森友学園」が「安倍晋三記念小学校」の設置趣意書を国に提出した、という間違った報道の経緯を振り返った同紙の検証記事について、フェイスブックで《朝日らしい惨めな言い訳》と投稿したのだ。


 朝日新聞は6日の朝刊で、学園の小学校設置趣意書をめぐり、前理事長の籠池泰典被告への取材に基づき、「安倍晋三記念小学校」と報じたと釈明したが、事実と異なっていたことに謝罪はしなかった。

 自民党の和田政宗参院議員は同日、自身のフェイスブックで《謝れない朝日新聞。(中略)籠池氏の証言のみに頼って記事にし、結局誤報となったわけだが、全く謝罪なし》と批判した。

 これを受け、安倍首相は次のようなコメントを書き込んだ。

 《哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳。予想通りでした》


 怒りを通り越して、あきれているようだった。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180210/soc1802100006-n1.html

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518273173/

続きを読む

1: 2018/02/10(土) 23:36:05.42 ID:092w63zK0 BE:123322212-PLT(13121)
日経、読売、朝日、毎日……。新聞販売店主が次々と自殺していた!

 昨年末、東京中心部のオフィス街・大手町のビルで火事が発生した。火元は日経新聞社東京本社ビルのトイレ。この火事で男性が1人亡くなった。
1週間後、警視庁は男性の身元を発表。亡くなる1カ月ほど前まで東京都練馬区で日経新聞の販売所長をしていた水野辰亮さん(56)だった。

水野さんは、焼身自殺をした可能性が高いという。新聞販売店関係者はこう推し測る。

今、新聞販売店は本当に苦しい状況に追い込まれている。水野さんは本社に対して『抗議の自殺』を遂げたのだ

 新聞の読者離れが言われ始めてもう20年近く経つが、特に直近10年は業界全体の凋落が激しく、販売店への重圧は増すばかり。
実は近年、表面化はしていないものの、新聞販売店主の自殺は多発している。前出の水野さんだけに限った話ではないのだ。

『小説 新聞社販売局』で、新聞業界の闇を描いた元全国紙社会部記者の作家・幸田泉氏が、多発する自殺の実態に迫った。

 2014年7月に山形県内で自殺した読売新聞の販売店主を知る別の販売店主は、「経営難で従業員に給料を払えなくなっている
と聞いていたが、まさか自殺してしまうとは……。同じ苦労をしている仲間として、彼がそこまで困っているのに気付いてあげられなくて
申し訳ない」と悔やむ。

 取材を進めていくと、朝日新聞や毎日新聞でも販売店主が自殺した事例があった。彼らが死を選んだ背景には何があったのか。
幸田氏の詳細なルポの全文は、2月10日発売の『文藝春秋』3月号に掲載されている。
http://bunshun.jp/articles/-/6168

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518273365/

続きを読む

1: 2018/02/10(土) 19:26:38.78 ID:mzYh/lwa0 BE:155869954-2BP(1501)
一連の報道でショックを受けられたのは秋篠宮さまだろう。
これまで皇族の嫁ぎ先は当人のみならず、親族、遠戚まで徹底した“身体検査”が行われるのが慣例だったが、秋篠宮さまは「2人が結婚したいのならば、それでいい」と小室さんを信用されていたからだ。 

婚約を前に、宮内庁筋が小室さんに「これからのことで気掛かりな点はありますか?」と聞いた時、母親の借金問題の話は出なかったという。
それだけにスキャンダルが出た際、秋篠宮殿下も顔が曇られたといいます(同) 
さらに、週刊女性の記事が出て間もないころ、小室さんが秋篠宮さまに「私もこのことは初めて知りました。事情を説明させてください」と申し出て、一部報道ではこれに秋篠宮さまが「結構です」と語られたとされる。

男性からの資金援助は、小室さんの大学の学費だったことに加え、男性が小室さんの母親に返済を求めた場面に小室さんが同席し「贈与だと認識しています」と意思表明していた“当事者”だったことも不信感を招いたといわれる。

結婚延期の余波はまだ続きそうだ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/911773/

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518258398/

続きを読む

このページのトップヘ