ワンdayワンnews

  • ホーム
  • Twitter
  • RSS

学生

【アメフト 動画あり】 パス投げ終えたQBに悪質タックル! 全治3週間の下半身しびれ! 日大選手に出場禁止処分!
gatag-00005761

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526124500/

1: 2018/05/12(土) 20:28:20.98 ID:CAP_USER9
動画 
amehuto

https://www.youtube.com/watch?v=dknEe3i13HI

14秒頃


https://www.youtube.com/watch?v=1j7PKW-PWEM

4:00~
QBがパス投げたあとにタックル(右端)
5:48~
QBがボール渡したあとにタックル
7:30~
尻もちついたあと、関学の選手のほうに走って小突いてる(真ん中ちょい右)

アメリカンフットボールの関東学生連盟は10日、
日大―関学大の定期戦(6日、東京・アミノバイタルフィールド)で3度の反則行為をし、退場処分を受けた日大守備選手に対して、対外試合出場を禁止する処分などを発表した。
連盟による選手への処分は極めて異例。


期間は今月中にも設置される規律委員会の調査終了後の追加処分が決まるまで。
日大の内田正人監督に対しても指導者責任があるとして厳重注意した。
また、関学大は日大に対し、反則行為の経緯説明と謝罪を求める文書を送ることを検討している。

6日の試合で日大の守備選手は、相手クオータバック(QB)がパスを投げ終えた数秒後に背後からタックル
QBはそのプレーで負傷退場した。日大の守備選手はその後のプレーでも不必要な乱暴行為を続け退場処分となった。


学連は9日の理事会で、反則行為のあったプレーを映像で検証。
その結果、背後からのタックルが「不必要な乱暴行為を超えるプレー」と判断した。
日大の守備選手は6月の大学世界選手権(中国)の日本代表メンバーだったが、すでに辞退している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000069-asahi-spo
反則を受けたQBは全治3週間と診断を受け、足に痺れが出ているため、改めて精密検査を受ける予定
http://www.sanspo.com/sports/news/20180512/spo18051211020003-n1.html


続きを読む

監督「頭にボール当たったら死ぬぞ」 野球少年「学校行きたくない(´;ω;`)」 監督謹慎処分へ
download-1

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526018710/

1: 2018/05/11(金) 15:05:10.75 ID:VAyFdFf4M
全文はソース元で
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180511-OYT1T50052.html
金沢龍谷高校(金沢市上安原町)の野球部で4月、1年生の男子部員に対し、男性監督(40)による不適切な言動の指導があり、同校が男性監督を謹慎処分としていたことが10日、わかった。

 石川県高野連を通じて事態を把握した日本学生野球協会は11日、審査室会議を開いて同校への正式な処分を決める。

 同校によると、4月1日午後、ノックの練習中に、男子部員の集中力が欠けていると感じた男性監督が「ボールが頭に当たったら死ぬぞ」などと発言した。
言動にショックを受けた男子部員は翌2日から練習を休み、母親が同校に経緯を説明した。男子部員は現在も不登校の状態が続いている。

続きを読む

【ミスターコン】「日本一のイケメン大学生」桜美林大学・水澤崚さんが栄冠「将来は役者として活躍したい」

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1522407128/

1: 2018/03/30(金) 19:52:08.51 ID:CAP_USER9
https://mdpr.jp/interview/detail/1756610

全国のミスターキャンパスの頂点を決める日本最大級のミスターコンテスト「Mr. of Mr. CAMPUS CONTEST 2018」の表彰式が30日、東京・赤坂BLITZで開催され、グランプリに桜美林大学の水澤崚(みずさわ・りょう)さんが輝いた。

20名のファイナリストから選ばれた水澤さん。受賞の瞬間は驚きを隠せない表情で、「とっても嬉しいです。近くで支えてくれた家族や、つらときも連絡を撮ってささえあったミスターの友人に伝えたい」と喜びのコメント。「将来は役者として活躍したい」と力強く語った。

・グランプリ 桜美林大学・水澤崚さん
no title

no title

no title

https://cdn.mdpr.jp/photo/images/dc/381/w700c-ez_d96552f9366b12f2ff0b88921ace05b5511730ec28a6ed3e.jpg
no title


・準グランプリ 桜美林大学・塙旺雅さん
no title

・準グランプリ 東京工業大学・吉家怜央さん
no title

ファイナリスト
https://cdn.mdpr.jp/photo/images/65/c45/w700c-ez_48c2dc95d55e97f3b8b685bb586b96fb16f5f751f8588fff.jpg

関連スレ
【ミスコン】「日本一美しい女子大生」が決定!駒澤大学の黒口那津さんがグランプリ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1522386210/

続きを読む

サークル飲みワイ「はい!一人3000円ね!」  ガイジ男「いやいやw 普通女性は少なめにするよねw」
gahag-001663

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1521892911/

1: 2018/03/24(土) 21:01:51.28 ID:9oG6TSbj0
黙っとけ糞ボケ

続きを読む

【校則】“ブラック校則” 今も中学校に存在 「眉毛を剃っていけない」「整髪料を使ってはいけない」「下着の色が決められている」
download

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520511626/

1: 2018/03/08(木) 21:20:26.68 ID:CAP_USER9
生徒の下着の色を制限したり、整髪料の使用を禁止したりする、いわゆる“ブラック校則”が今も中学校に存在する可能性をアンケート調査を行った民間団体が指摘しました。

“ブラック校則”の問題に取り組む民間団体は10代の男女およそ150人にアンケート調査を行い、その結果を公表しました。

このなかで、中学時代の校則について聞いたところ、「眉毛を剃っていけない」が44%、「整髪料を使ってはいけない」が38%でした。

また「下着の色が決められている」が15%、「体育や部活時に水を飲んではいけない」が3%でした。

さらに、毛髪指導として「黒く染めるよう要求された」という人が全体の2%ほどいました。

調査した民間団体「ブラック校則をなくそう!プロジェクト」は、「明らかに不合理な校則があり問題だ。子どもの人権を侵害するものは見直すべきだ」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180308/k10011356381000.html?utm_int=news_contents_news-main_007

続きを読む

download
1: 2018/02/14(水) 20:40:04.02 ID:s3mp2LYe0 BE:299336179-PLT(12500)
■奨学金破産

 手元にはA4封筒の束がある。中には奨学金の貸与が決まったことを告げる、日本学生支援機構からの通知。埼玉県立蕨(わらび)高校の仲野研(けん)教諭(59)は高3の生徒たちに配り、呼びかけた。

 「開ける前に、自分が月々、いくら借りることになるのか封筒の端に書いてごらん」

 正しく書ける生徒は約100人のうち7割ほど。「じゃあ、大学を卒業したら、どれぐらいの金額になる?」「毎月、いくらずつ返す?」。ペンをもつ生徒たちの手が止まった。

 仲野教諭らが担う「奨学金」事務は、申請書類を集めて機構に送るなど、手続きを支えるのが役割だ。作業は単純だが、数百万円単位のお金に関わるだけに責任は大きい。

 「私が借りた40年前と違い、いまは利子がつく場合もあるし、回収は厳しい。借りるデメリットも知らせないと、子どもたちを窮地に追いやりかねない」。
生徒や保護者には、「奨学金といってもローンです」と伝えている。

     ◇

 0・37%――。

 機構が2016年度、回収が難しいと見込んだ奨学金約1690億円のうち、実際に債権回収をあきらめた割合だ。同じように税金をもとに事業を運営する機関では、教育ローンなどを貸す日本政策金融公庫(国民生活事業)12・3%、個人向けに融資する商工組合中央金庫6・4%。比べると、桁違いに低い。

 機構は、債権放棄の基準をこう定めている。

 〈返還未済額が1万円未満でかつ2年以上無応答〉

 つまり、1万円でも残額があり、2年前まで連絡がついていれば請求を続ける。
 12年秋、北海道の港町に暮らす夫婦のもとに、265万円の一括返還を求める督促状が届いた。
39歳の息子を膵臓(すいぞう)がんで亡くし、8年がたっていた。「なんで、いまごろ」。
連帯保証人である夫宛ての書類を見ると、息子は借りた185万円のうち80万円ほど返していた。残金と利息の合計123万円に加えて、延滞金が142万円。延滞金は死後の分も含まれていた。


 妻(77)が機構に電話をすると、担当者は言った。「払えなければ裁判になります」。脅されているようだ、と感じた。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000058-asahi-soci

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518608404/

続きを読む

このページのトップヘ