ワンday ワンnews

ネタ・ニュース・ネット上の話題についてまとめてます。 Twitterフォローしていただけると嬉しいです!

子育て

【千葉小4虐待死】母親逮捕を女性団体が批判「母親はDV被害者であり、逮捕されるべき容疑者ではない」

SnapCrab_NoName_2019-1-29_19-34-22_No-00



1: 2019/02/26(火) 23:59:22.37 ID:9yJDC6RM9
 千葉県野田市の小学4年栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、ドメスティックバイオレンス(DV)被害者を支援するNPO法人「全国女性シェルターネット」(東京)は今月、DV虐待事案として対応を求める声明を出した。家族を暴力で支配するDVと虐待は一体と捉え、母子をともに守るシステムが必要と訴える。

 同ネットは、暴力を受けた女性を保護する全国67団体で構成。事件は、心愛さんに冷水シャワーをかけるなどしたとして、父親の勇一郎容疑者(41)と母親のなぎさ容疑者(32)が逮捕された。事件前、行政はなぎさ容疑者のDV被害の情報に接していたが踏み込んだ対応をしていなかった。

 声明は、DV加害者は「最も大切にする子どもを痛めつけることで、(母親の)支配と拘束を強める」と指摘。「母親なのだから命に代えても子どもを守るべきだという神話は通用しない」とし、暴力で支配された母親が子を守る難しさを挙げた。

 その上で「(心愛さんの)母親は保護されるべきDV被害者であり、逮捕されるべき容疑者ではない」と結び、DVと虐待に一体的に対応できる支援システムや法の整備を求めた。

 声明に対し、兵庫県宝塚市のNPO法人「女性と子どものエンパワメント関西」の田上時子理事長(68)は「暴力の被害者である母親が共犯と捉えられ、逮捕されたことに驚いている。心身が弱っているであろう母親に、子どもを守れというのは酷だ」と話している。(中川 恵)

2/25(月) 19:10配信 神戸新聞NEXT
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000009-kobenext-soci

続きを読む

【4/27〜5/6】政府、10連休の国民生活への影響抑える方針発表「通販は控えて、労働者には臨時の手当てをだして」

白下地のコピー



1: 2019/02/27(水) 11:53:48.72 ID:hsZqWIhc9
“10連休に備え” 保育・運送など生活影響抑える対応方針

ことし春の皇位継承に伴う10連休に備えて、政府は国民生活に影響が出ないようにするための対応方針を取りまとめ、連休中も休めない保護者のニーズに応えるため、保育施設の一時預かり事業への補助を加算する制度の創設などを盛り込みました。
ことし春の皇位継承に伴い、4月27日から5月6日までが10連休となり、公共機関なども休みとなることに備え、政府は国民生活に影響が出ないようにするための対応方針を取りまとめました。

それによりますと、連休中も休めない保護者のニーズに応えるため、この期間にかぎって、保育施設の一時預かり事業への補助を加算する制度を創設するほか、自治体を通じて保育事業者に対して、受け入れ人数の拡充などを要請するとしています。
また、時給や日給で働く労働者の収入が減ることに備えて、雇用主に対し、有給休暇としたり、臨時の手当を出したりするなど、適切な配慮を呼びかけるとしています。

さらに、人手不足が深刻な運送業では、連休前後で運送依頼が集中しないよう、事前に荷主との間で調整を行うよう周知するほか、
医療や介護サービス、ライフライン、それに一般ごみの収集などの分野でも支障が出ないよう、国民に対する情報の提供を積極的に行うとしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190226/k10011828831000.html

続きを読む

三田佳子の次男 高橋祐也、沖縄の薬物更生施設を出て東京タワマン暮らし - 女性セブン

DmxrkrzUwAIUObK



1: 2019/02/21(木) 07:12:24.84 ID:IT56Oyoj9
 2月18日、三田佳子(77才)の次男・高橋祐也(39才)のツイッターにこんな投稿があった。

《明日女性セブンに、俺が東京でプラプラしてるみたいに書かれるらしいが、ポリープの治療と、離婚の協議で保護観察官に許可を得て東京に来ている》
《実際沖縄の施設もいいが、生活を自分で立て直さないと、養育費も支払って行けない。その件、保護観察所に説明していかなくては》
《明日の女性セブンはどう書くか。またどうせ印象で書くのだろうが。割と私は仕事探して一生懸命やっているよ。》

 その真相は、いかに──。

《有り体に言えば。最低のバカ息子、高橋祐也です。これから、私はどこに向かって生きていくのか。大事な人をどう見抜いて温め合うのか》

 ポエムのようなこの文章は、祐也のブログのプロフィール欄に綴られたもの。昨年9月に覚せい剤取締法違反で4度目の逮捕となった祐也は、懲役2年6か月・保護観察付き執行猶予5年の判決を受けた。翌月には仮釈放され、沖縄県内の覚せい剤依存の更生施設に入所した。

 しかし、自分の行いへの反省の様子はなく、1月14日のツイッターには《コレが例の地下室の写真であるわらわら》と綴り、過去に「覚せい剤パーティー」を行っていた実家の豪邸の地下室と思われる写真を投稿している。

 2月上旬、祐也は沖縄の更生施設ではなく、東京のタワーマンションのペントハウスにいた。

「1月半ば、“東京で仕事がある”と言って更生施設を出てきたそうです。沖縄から父親に電話して“羽田空港まで迎えに来て!”と言い、父親は仕事を中断して迎えに行ったと聞きました。

 戻ってきた祐也は三田さんの住むタワーマンションで暮らしています。本人は帰京の理由を“離婚の話し合いのため”と言っていますが、それなら離婚協議に集中して早く沖縄に戻るべきなのに、友人と食事に行ったり、バーに飲みに行ったりして、そこでもトラブルを起こしているようです。“施設を脱走したんじゃないか”と言う人までいますよ。本当に治療する気があるのかな…心配です」(祐也の知人)

>>2に続きます

2/20(水) 16:00配信 NEWS ポストセブン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190220-00000022-pseven-ent

2: 2019/02/21(木) 07:12:43.62 ID:IT56Oyoj9
>>1の続き


 祐也は仮釈放中の10月下旬にも事件を起こしていた。

「沖縄県内にある、海が一望できるリゾートホテルに1泊した祐也は、宿泊代も飲食代も支払わずに出て行ってしまいました。しかも、使っていた部屋は物が散乱してぐちゃぐちゃ。ホテル側は沖縄県警に被害届を提出したそうです」(芸能関係者)

 反省の色が見えない祐也の奔放な行動に、家族は振り回されているようだ。

「三田さんの夫は“三田佳子の名前にこれ以上傷がつかないように”と、祐也が騒動を起こす前に丸く収めることしか考えていないのでは。だから今回も彼の言うことを聞き、迎えに行ったんでしょう。三田さんは仕事が多忙な中、祐也の帰宅でてんやわんやだったようですが…。

 三田さんの説得があったからかどうか、祐也は2月下旬に、沖縄に戻ったという話もあります。ただ、執行猶予中の身でありながら、頻繁に更生施設を出るのはいかがなものか。沖縄はリゾート気分といわれても仕方ないでしょう。4度も逮捕された彼が、そう簡単に覚せい剤依存の治療をやめていいはずがない。あまりにも更生しようという意思を感じないので、周囲も呆れています」(前出・知人)

 三田の所属事務所に聞いたが、「息子さんについては家族にお任せしていますので、関知しておりません」と答えるのみだった。

※女性セブン2019年3月7日号

続きを読む

【埼玉】0歳児に浮き輪つけ湯船に1時間半放置、死亡させた両親送検「ダイエットさせ、ゲームする時間を作りたかった」

803
参考画像出展:Designed by Bearfotos


1: 2019/02/15(金) 16:29:06.13 ID:YUFgm/S69
 埼玉県戸田市で一昨年、生後11カ月の娘を自宅の浴槽に放置して死なせたとして、埼玉県警は15日、父親(33)と母親(36)を重過失致死容疑で書類送検した。捜査関係者への取材でわかった。父親は「ダイエットさせようと思い湯船に浮かべていた。ゲームなどをする時間を作りたかった」などと供述しているという。

 捜査関係者によると、両親は2017年1月、戸田市の自宅マンションの浴室で、首に巻くタイプの浮輪をつけて娘を湯船に浮かばせたまま、約1時間半放置し、脱水症状などにさせて死亡させた疑いがある。2人とも容疑を認めているという。

2019年2月15日13時46分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM2H43SBM2HUTNB00N.html

関連スレ
【埼玉】浮き輪つけた乳児、浴槽に放置され死亡 重過失致死容疑で両親書類送検
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550204508/

続きを読む

【北海道】子どもが自分で通報、息子を蹴った42歳母親逮捕… 体に傷やあざ数か所、日常的に虐待か?

899f67ed36eb08728825b73236e230e7_t




1: 2019/02/07(木) 12:25:21.16 ID:2/8oW2aP9
「ゲームやめなかった」息子の腰を蹴る…42歳母親逮捕 日常的に虐待? 体に傷やあざ数か所 札幌市
2019年2月7日11:43

6日夜、札幌市豊平区の住宅で小学生の息子を蹴ったとして42歳の母親が逮捕されました。
警察は日常的に虐待していた可能性もあるとみて調べています。

暴行の現行犯で逮捕されたのは、札幌市豊平区の無職の42歳の女です。
女は6日午後8時ごろ、西岡3条13丁目の自宅で、小学生の息子の腰を右足で蹴りました。

蹴られた長男が自分で「お母さんに殴られた」と警察に通報したということです。

女は「携帯ゲームの時間を決めていたのに、やめなかったのでカッとなって蹴った」と話しています。
父親は出張中で、不在でした。

息子の体には傷やあざが数か所あり、日常的に暴力を受けていたとほのめかしていて、
警察は女から詳しい事情を聴いています。

北海道ニュースUHB
https://uhb.jp/news/7221/

続きを読む

"男児の母" であるフェミニスト女性の苦悩、なんJ民が真面目に議論

20dd0142d3df7e9e63512dadbc30f8a9_t




1: 2019/02/06(水) 10:20:30.22 ID:m+Rz/L9V0
猫海賊Aska @1moresmartwoman

フェミニストと「男児の母」の両立がすごい難しいという事に最近気づいて珍しく(?)メンタルやられてる。
男児は間引くべき、までは行かなくても物心ついているかどうか区別なく、幼児まで犯罪者予備軍として
扱われているの本当に辛い。他の男子育てているフェミニストママさん達どうしているんだろう…
https://twitter.com/1moresmartwoman/status/1092098082085326848
フェミニズム(英: feminism)とは、女性に対する性差別(女性差別)の撤廃を目指す思想や運動である。直訳すると「女性主義」であるが、リベラル・フェミニズムやラディカル・フェミニズムなど、フェミニズムの思想は多様であり、一本の思想と考えることはできない。対置概念はマスキュリズム。

フェミニズムの推進者や同調者を「フェミニスト」と呼ぶ。

起源
近代に入ると、1792年にイギリスでメアリ・ウルストンクラフトが、フェミニズム運動の先駆ともいえる『女性の権利の擁護』を執筆した。

19世紀になると、女性の権利を求める運動が組織化された。多くの場合は、これ以降の動きを指してフェミニズムと呼ぶ。

フェミニズムは19世紀の運動や文化に大きく影響を与えた。19世紀後半から20世紀、特に第一次世界大戦の間に、多くの国で女性の参政権が認められた。ニュージーランドでは、婦人参政権論者ケイト・シェパードの助けによって、1893年に最も早く女性参政権が認められている(なお、アメリカで認められたのは1920年、また日本では1945年である)。

この時期のフェミニストとしてはヴァージニア・ウルフや、ジークムント・フロイトが取り上げた患者「アンナ・O」こと、ドイツ系ユダヤ人女性ベルタ・パッペンハイムなどが知られる。


続きを読む

【動物】ネズミの超音波での会話をスロー再生で解読、夫婦喧嘩が子育てに与える影響も判明か

ネズミ

【動物】超音波でしゃべるネズミの会話、スロー再生で解読

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1544505442/

1: 2018/12/11(火) 14:17:22.19 ID:CAP_USER
■ケンカする夫婦は子育ても失敗しやすい、ネズミで解明
※リンク先に音声動画あり

あなたがそのネズミに出会っても、鳴き声を聞くことはできない。カリフォルニアシロアシマウス(Peromyscus californicus)は、超音波で会話しているからだ。

 彼らの会話は、もとの5%のスピードでスロー再生してはじめて人間に聞こえる音程になる。そうすることで私たちは初めて、このネズミが表現力豊かな声をもっていたことを知るのだ。

「ネズミは哺乳類のなかでも特に多様性に富むグループです。鳴き声は、ネズミの生理のなかでもあまり注目されてこなかった部分です」と、10年ほど前にカリフォルニアシロアシマウスの鳴き声に気づいた米ノースカロライナ大学グリーンズボロ校の生物学教授マティーナ・カルコウニス=ルペル氏は語る。

 スロー再生したカリフォルニアシロアシマウスの鳴き声は、クークーという優しい声からぎょっとするような吠え声まで幅広い。

 米ウィスコンシン大学マディソン校の研究者ジョシュ・パルトラック氏らの研究チームは、その会話を読み解くことで、このネズミの社会生活や繁殖について考察、学術誌『Frontiers in Ecology and Evolution(生態学と進化のフロンティア)』誌に発表した。一夫一婦制で暮らすこのネズミのつがいはいったん引き離されると、ケンカしたり、溝を埋められない場合があるという。

■いちゃいちゃしたり、怒ったり

 パルトラック氏が今回の研究で記録したネズミの鳴き声をいくつか紹介しよう。最初に3回聞こえる鳥のさえずりのような鳴き声は、親しみを示す最も一般的な鳴き声だ。次に2回聞こえる少し長い鳴き声は、パルトラック氏によれば、ネズミが「いちゃいちゃ」しているときの鳴き声、最後に1回聞こえるクジラの歌のような長い鳴き声も親しみを表すもので、関係の強まりを示している。

 怒りの声は、ネズミのつがいを引き離して別のネズミと一緒にし、その後で元の相手と再会させた場合に聞かれた。約半数のネズミがこのような反応を示した。

「夫婦ゲンカ」をしたネズミたちも、最終的には元のさやに収まった。しかし、より早い時期に親しみを込めた鳴き方に戻ったカップルや、全然ケンカにならなかったカップルの方が、健康な子どもを産み育てることが多かった。

 つまり、これらのネズミが「夫婦の危機をやりすごすことには繁殖上の利益があるのです」とパルトラック氏は言う。

 米ニューヨーク州、ユーティカ・カレッジの生物学者サラ・ケーソム氏は今回の研究には関与していないが、「社会的なコミュニケーションの質が繁殖の成功を左右することが確認されたのは非常に面白いと思います」と評価する 。

続きはソースで

no title


ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/121000540/

続きを読む

【議論】熊田曜子、3人育児で児童館の「大人1人に子ども2人まで」ルールで断られる

ey-catch-epic171015atari-02-Akai-1078x516

【芸能】熊田曜子 3人育児で児童館断られ「まさか」 代案も拒否され…

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541364479/

1: 2018/11/05(月) 05:47:59.78 ID:CAP_USER9
3児のママであるタレント・熊田曜子(36)が4日、ブログを更新。5歳、3歳、4カ月の女の子3人がいるが、
この日、墨田区の児童館に連れていったところ、厳格なルールで断られ、中に入れず、ショックを受けたことを明かした。

雨が降っていたため、子供3人と墨田区の東向島児童館分館へ行った熊田。
この児童館は時間制で、事前チケットを取るシステムで、順番がきて中に入ろうとしたところ、
入り口にいるスタッフから「お子さんは3人ですか?大人1名につき、子供2名までなのでは入れません」と断られたという。

熊田は「予想外の出来事に私はキョトン」と驚き、「まさかと思い『5歳、3歳、4ヶ月の子供がいて、
今日は私1人なのですが・・・』と伝えると『大人1人につき子供2人なので、申し訳ありません』と入室許可が出ませんでした」とやりとりを詳細に明かした。

遊ぶ気マンマンだった子供たちも訳が分からない様子で、3歳の次女は「遊びたいー」と怒り初めてしまったという。

熊田は「私が4ヶ月の赤ちゃんをずっと抱っこ紐で抱っこをしていているので、抱っこしながら上の子達をみるのはどうですか?
」などと粘って交渉してみたが、別の係員がやってきて「ダメです」と断られたという。

「まさか、そんな決まりがあったなんて」「まさか児童館に入れなくなるとは思ってもみませんでした」とつづり、
「これからは初めての児童館に行く時も事前に大人1人で子供3人連れでもOKかどうか確認するべきですね」と自分に言い聞かせるように記していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000142-dal-spo
11/4(日) 23:19配信

続きを読む

【Twitter】電車内で泣いた赤ちゃんに男性が暴言を吐いたと物議、ひろゆき氏「同乗が嫌ならおっさんがタクシー乗るべき」

gahag-0004078502-1

【Twitter】電車内で赤ちゃんが泣き、暴言を吐く男性に物議…ひろゆき「嫌ならおっさんがタクシーに乗るべき」

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540263886/

1: 2018/10/23(火) 12:04:46.55 ID:CAP_USER9
電車内で赤ちゃんが泣いて暴言を吐く男性に批判 ひろゆき「同乗が嫌ならおっさんがタクシーに乗るべき」
2018.10.22
https://news.careerconnection.jp/?p=61104

電車内で赤ちゃんが泣き、それに苛立った男性が母親に暴言を吐いた、という話がツイッター上で物議を醸した。これについて、元「2ちゃんねる」管理人のひろゆきさんが10月21日にツイッターで言及した。

「録画してyoutubeに上げると、特定して制裁する人が現れて、アホなことする人が減るのと、広告収入にもなっておいしいです。社会にためにもなるし、お小遣いも増えるので、動画撮って広める習慣が広まったほうがいいんでないかと」

■「日本は、母親が子育てをしながら働くのが多数派」
no title

画像はツイッターをキャプチャ

ひろゆきさんのこの投稿に対し、「電車に赤ちゃんを乗せるのもいかがなものか」という旨のリプライが寄せられた。
ひろゆきさんは「20代の平均年収は296万円。月給24万円ぐらいです。専業主婦は14%程度です。日本は、母親が子育てをしながら働くのが多数派」とした上で、
「なので、0歳児を背負って働く母親が電車に乗るのは当然。同乗するのが嫌ならおっさんがタクシーなり乗るべきだと思います。ここら辺も少子化の原因だと思いますけどね」
と投稿している。

国税庁の2017年分民間給与実態統計調査によると、女性の平均給与額は20代前半で243万円、後半で318万円となっている。もちろん、世帯年収はまた違ったものになってくるが、移動のたびに毎回タクシーに乗ることはできず、電車に乗るしかない、というのが現実だろう。

■「もし執拗に怒鳴る奴が本当に居るんなら無視するか離れた方がいい」

リプライ欄では、日本の育児環境について「子供連れて電車乗ったり、めちゃくちゃ気を使うし、ちょっとした事ですぐに注意してくるし。この国では子供連れは犯罪者のような扱い」と嘆く人もいた。

一方、「できれば乗りたくない電車で毎日通勤してて赤ん坊が泣いてたらそりゃ中には言う人もいるだろうし泣き声で怒られる方もイラつく方もお互いさま」とした上で、「もし執拗に怒鳴る奴が本当に居るんなら無視するか離れた方がいい。その手の人に親切心求めるのは無理がある」とコメントしている人もいた。


※ 全文は記事でご覧下さい。

続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
タグ絞り込み検索
プロフィール
ご覧いただきありがとうございます。
わんでい管理人と申します。

2ch・5chのまとめをしています。
ニュース・ネタ記事・動物に関するスレで、気になったスレをまとめる事が多いです。

1日1記事は動物関連スレをまとめています。


Twitterフォロー宜しくお願いします。




お問い合わせ・ご要望はこちらから

めーるふぉーむ



URLhttp://oneday-onenews.com/

RSShttp://oneday-onenews.com/index.rdf

※RSSリンクはこちら↓
相互RSS&相互リンク募集中!


コメント欄は、禁止事項に該当しない限り、ご自由にお使いください。

禁止事項の判断基準として、当サイトプライバシーポリシーをご覧いただければ幸いです。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
関連コンテンツ
逆アクセスランキング

special thanks
このサイトの画像にはとても可愛いイラストを沢山掲載されているイラストレーター麦さんの画像を使用させて頂いております。
心よりお礼申し上げます。
麦さんの紹介ページを見る
スポンサードリンク