ワンday ワンnews

ネタ・ニュース・ネット上の話題についてまとめてます。 Twitterフォローしていただけると嬉しいです!

北海道

【北海道地震】鳩山元首相、道警の "流言飛語" 認定に反論「道警は科学的データも調べないでデマ認定した。道警は命を守ってほしい」

9-1



1: 2019/02/23(土) 05:05:05.86 ID:Nf1hbDYh9
2019年2月22日 23時5分
産経新聞

 21日夜に北海道で発生した最大震度6弱の地震について、鳩山由紀夫元首相の「人災」などとするツイートを道警が「流言飛語」と認定したことを受けて、鳩山元首相は22日夜、「道警は命を守ってほしい」などとする反論をツイートした。

 鳩山元首相はツイッターで、工場などから大気中に排出される二酸化炭素(CO2)の量を減らすため、CO2を地中深くに閉じ込める「CCS」と呼ばれる技術に再度言及。

 「道警は科学的データも調べないで厚真町地震と苫小牧のCCS実験は無関係でデマと認定した。国会論戦で中越地震・中越沖地震はCCSによって引き起こされた可能性があるとされ、長岡のCCSは中止となったのであろう。更に北大の研究者が地震誘発の可能性があると論文を書いている。道警は命を守ってほしい」と反論を展開した。

 この問題をめぐっては、鳩山元首相が21日、CCSの実験施設が北海道にあることから、21日夜の地震は「CCSによる人災と呼ばざるを得ない」とツイート。

 北海道が22日の災害対策関連の会議で示した資料によると、鳩山氏の投稿は、「5、6時間後には本震がきます」といった投稿とともに流言飛語の例として紹介された。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16061950/

続きを読む

【北海道地震】鳩山元首相、北海道警察にデマ認定されてしまう…

9-1



1: 2019/02/22(金) 17:45:12.49 ID:c6mK5QGS9
道警、鳩山元首相の投稿もデマ認定

道警がデマ情報と認定した中には、鳩山由紀夫元首相のツイッターに投稿された内容も含まれていた。

鳩山元首相は21日夜の地震直後、自身のツイッターで「(厚真町は)本来地震にほとんど見舞われなかった地域。苫小牧での炭酸ガスの地中貯留実験による人災と呼ばざるを得ない」と主張。これに対し、インターネット上で「被災者を不安に陥れる。今すぐ削除すべきだ」「震災デマだ」などと批判が殺到した。

毎日新聞2019年2月22日 16時15分(最終更新 2月22日 16時52分)
https://mainichi.jp/articles/20190222/k00/00m/040/151000c
no title


続きを読む

【マ?】鳩山由紀夫元首相「(厚真町の地震は)人工的に引き起こされたのではないか、人災と呼ばざるを得ない」

9-1



1: 2019/02/21(木) 23:25:25.00 ID:f3BR/H509
鳩山由紀夫 @hatoyamayukio

先日昨年の北海道厚真町地震が高圧でCO2を地下に貯蔵するCCSにより
人工的に引き起こされたのではないかと書いた。実際、北大の研究者が
5年前にその可能性があるとする論文を発表していた。日本では地震の
影響を考慮するとCCSは非現実とも述べている。政府は決して認めない
だろうがCCSは再考すべきだ。

先ほど北海道厚真町の地震は苫小牧での炭酸ガスの地中貯留実験CCSによる
ものではないかと書いたばかりの本日、再び厚真町を震源とする震度6の
地震が起きてしまった。被災された方々にお見舞いを申し上げると同時に、
本来地震に殆ど見舞われなかった地域だけに、CCSによる人災と呼ばざるを得ない。
https://twitter.com/hatoyamayukio

関連ソース
http://www.japanccs.com/news/20190220atunyuusaikai/
2019年02月20日
二酸化炭素の圧入を2月19日(火)から再開致しました

続きを読む

【地震】北海道で最大震度6弱 @ニュー速+

032b747959703e0dd57cea30c5630685_t



128: 2019/02/21(木) 21:28:00.24 ID:1Q4C8CiE9
>>1
発生時刻 2019年2月21日 21時22分ごろ
震源地 胆振地方中東部
最大震度 6弱
マグニチュード 5.7
深さ 30km
緯度/経度 北緯42.8度/東経142.0度

255: 2019/02/21(木) 21:30:40.28 ID:1Q4C8CiE9

続きを読む

外国人観光客に広がる「#Japow」英語圏だけでなく全世界の共通語に?

9a61d0db8eba71ca36f4fbbbbb647d76_t



1: 2019/02/18(月) 10:22:46.98 ID:mlUFCZDY9
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/trend/mainichi-20190217k0000m040017000c.html

北海道内のウインターリゾートを訪れる外国人観光客らの間で、「Japow(ジャパウ)」という言葉が広く使われるようになってきた。Japan(日本)とパウダースノー(粉雪)を合わせた造語。ハッシュタグ(検索の目印)「#Japow」はインターネット上で英語圏だけでなく全世界の共通語になりつつある。

フィンランドからスキーのために10日間の北海道旅行に訪れたキム・ノルガードさん(35)は、「昨年、富良野で初めて滑ってからジャパウのとりこになった」と話す。

スイスやオーストリアでもスキーを楽しむが、道内は雪質、量、スキーができる山の数のいずれも「別格」な上、「スキー後の温泉と北海道のおいしい食べ物は夢のような体験」と笑顔を見せた。

世界的に雪質の評価が高いニセコ。スキー場関係者によると、道外でジャパウの言葉が知られるようになるより早い約8年前から使われ始め、約5年前から多用されるようになった。ニセコの外国人スタッフが発祥との説もある。

占冠村の「星野リゾートトマム」では、スキーヤー以外にも粉雪の魅力を体験してもらうため、ハンドル・ブレーキ付きの雪上カートを2年前に導入した。山頂から4.2キロのコースを下る。同スキー場支配人の鈴木和仁さん(55)は「ゴンドラで山頂付近まで上がって枝についた霧氷を見たり、手の上の雪に息を吹きかけて空中に舞わせ撮影したり、スキーをしなくても楽しむ外国の方が年々増えています」と話した。

続きを読む

【どこかで聞いたような...】アイヌ協会「日本人はアイヌモシリ(北海道)を略奪し、文化や言語、人権、尊厳を奪った」

ainu



1: 2019/02/18(月) 06:51:51.48 ID:EAsO2Fhg9
 「なんとか村長さんのお助けによって御料から食ふたけの土地を拝借できるように願ひます」。1925年、北海道新冠(にいかっぷ)村(現在の新冠町)に住むアイヌ民族50人が当時の村長に宛てた嘆願書だ

▼人々は新冠御料(天皇直轄地)の場長に命じられ、何度も移住を強いられた。未開地で過酷な開墾を繰り返すうちに集落の70戸は5~6戸にまで減った。自分たちが住んでいて追い出された土地を、食べていくため「拝借」したいと懇願している
▼嘆願書は平取(びらとり)アイヌ協会の木村二三夫副会長が「北方領土の日」に反対するシンポジウムで紹介した。強制移住させられたアイヌの中に木村さんの父もいた
▼木村さんは「日本人はアイヌモシリ(北海道)を略奪し、文化や言語、人権、尊厳を奪った。力による同化政策は今も続いている」と指摘する
▼日ロ両政府は北方4島を巡る領土交渉を続けている。「日本固有の領土」と主張する根拠に、千島列島にアイヌ民族が居住していたことも挙げられる。一方でロシアのプーチン大統領は昨年12月、アイヌ民族をロシアの先住民族とする考えを示した
▼「(北方4島の)先住民族が日本人やロシア人ではなくアイヌなのは歴然たる事実だ」と木村さん。国策によって土地を奪われ、民族浄化に等しい差別待遇で極貧に追いやられたアイヌ民族の声が領土交渉に反映される日は来ていない。

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-875575.html

先住民族アイヌの権利回復を求める団体・個人署名の要請
http://onnagumi.jp/appealFile/2009ainu01.html

◆呼びかけ人◆
金  時鐘 (詩 人)    
佐高  信 (週刊金曜日編集委員)
辛  淑玉 (人材育成コンサルタント) 
田中 優子 (週刊金曜日編集委員)
中山 千夏 (作 家)
朴  慶南 (エッセイスト)
針生 一郎 (丸木美術館館長)
藤崎 良三 (全労協 議長)
丸山未来子 (おんな組事務局)

続きを読む

【札幌】「姿がカメラに写るのは肖像権の侵害」住民反発で防犯カメラ撤去 - 本郷町内会

防犯カメラ



1: 2019/02/14(木) 13:01:44.03 ID:iqX+lrqT9
住民の反発で防犯カメラ撤去 札幌の町内会
2/14(木) 7:02配信

■市の補助事業 事前に同意得ず「プライバシー侵害の恐れ」

札幌市白石区の本郷町内会(約千世帯)は13日、市の補助金を見込んで昨年設置した
防犯カメラ全4台について、撤去することを決めた。
一部住民からプライバシーへの配慮を求められたためで、撤去は市内で初めて。
町内会が事前に撮影範囲について住民の同意を得なかったため、反発が起きた。
市は今後、各町内会向けの手引にある住民合意の具体的な手続きを改善する方針だ。

この事業は市内の実業家による寄付金を使い、2018年度から3年で動画撮影のカメラ計2千台を補助する計画。
1台当たり16万円を上限に購入費や設置費を補助する。1町内会当たり4台までで、市は昨年5月に設置を呼びかけた。
1日現在、本郷町内会を含む28町内会が計72台分を申請している。

本郷町内会は昨年6月、役員と各班長の約30人による代表者会議で設置を決めた。
設置場所は幼稚園や住宅の前など4カ所。画像には道路や一部の集合住宅の出入り口が写るが、
住民には町内会報で設置を知らせただけで、写る可能性がある住民の同意を受けていなかった。

同町内会は13日の臨時役員会で、「姿がカメラに写るのは肖像権の侵害」という住民の声に配慮して
撤去する方針を説明した。元起(もとき)幹夫会長(83)は「防犯のために必要だと考えたが、
肖像権の問題があるならば、カメラを外すしかない」と話している。

2/14(木) 7:02配信 北海道新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00010000-doshin-hok

続きを読む

【北海道】子どもが自分で通報、息子を蹴った42歳母親逮捕… 体に傷やあざ数か所、日常的に虐待か?

899f67ed36eb08728825b73236e230e7_t




1: 2019/02/07(木) 12:25:21.16 ID:2/8oW2aP9
「ゲームやめなかった」息子の腰を蹴る…42歳母親逮捕 日常的に虐待? 体に傷やあざ数か所 札幌市
2019年2月7日11:43

6日夜、札幌市豊平区の住宅で小学生の息子を蹴ったとして42歳の母親が逮捕されました。
警察は日常的に虐待していた可能性もあるとみて調べています。

暴行の現行犯で逮捕されたのは、札幌市豊平区の無職の42歳の女です。
女は6日午後8時ごろ、西岡3条13丁目の自宅で、小学生の息子の腰を右足で蹴りました。

蹴られた長男が自分で「お母さんに殴られた」と警察に通報したということです。

女は「携帯ゲームの時間を決めていたのに、やめなかったのでカッとなって蹴った」と話しています。
父親は出張中で、不在でした。

息子の体には傷やあざが数か所あり、日常的に暴力を受けていたとほのめかしていて、
警察は女から詳しい事情を聴いています。

北海道ニュースUHB
https://uhb.jp/news/7221/

続きを読む

(ヽ´ん`)「北海道で食べたイクラ丼とラーメン見てよ! これだけ贅沢して1200円」

fafe0218881b41d594e88dc67b4664bb_t


引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547691254/

1: 2019/01/17(木) 11:14:14.77 ID:+YQJqA/J0
北海道すすきの 味一番つばさ つばさラーメン1200円 見てよこのラ‥あれ?おまえ‥なんじゃあ?!?!?!?!
これが道民のする事か‥東京生まれ東京育ちの私には刺激が強過ぎる いくら丼と味噌ラーメンの相盛りセット!
とりあえず交互に食べたけどどう食べても美味しい。

no title

no title

no title

続きを読む

【何度目?】新日鉄住金 室蘭製鉄所で死亡事故

1d6a604ce4042f49448f485eca4cb7f0_t

【定期】新日鉄住金室蘭製鉄所で死亡事故

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1546570325/

1: 2019/01/04(金) 11:52:05.72 ID:CAP_USER9
工場でクレーン作業中に死亡事故

http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/20190104/7000006803.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

3日午後、室蘭市内の工場で41歳の社員の男性が大型クレーンが持ち上げた
鉄くず入りの容器と地面に置かれていた容器の間に挟まれて死亡しました。

3日午後4時すぎ、室蘭市仲町の「新日鉄住金室蘭製鉄所」で社員の大野琢郎さんが
(41歳)大型クレーンが持ち上げた重さおよそ5トンの鉄くず入りの容器と
地面に置かれていた容器の間に挟まれました。
大野さんは胸などを強く圧迫され、搬送先の病院でその後、死亡が確認されました。

現場では当時、クレーンのメンテナンス作業が行われていて、警察によりますと
別の作業員がクレーンを操作し容器を持ち上げたところ、何らかの理由で容器が左右に揺れて
そばにいた大野さんが挟まれたということです。

警察は事故の経緯とともに現場の安全管理に問題がなかったか詳しく調べています。

01/04 06:22

続きを読む

セブンイレブンさん、めちゃくちゃ美味そうな焼きそばを発売してしまう

sebun

セブンイレブンさん、めちゃくちゃ美味そうな焼きそばを発売してしまう

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1546451218/

1: 2019/01/03(木) 02:46:58.08 ID:IWrlG8yo0
no title

続きを読む

【北海道】釧路空港でバス爆発、エンジン部分が爆発した可能性 怪我人はなし

バス

【北海道】釧路空港でバス爆発

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1546393851/

1: 2019/01/02(水) 10:50:51.10 ID:CAP_USER9
2日午前、釧路空港で「停車していたバスが爆発し煙が出ている」という通報がありました。
けが人はなく、警察はバスのエンジン部分が爆発した可能性があるとみて調べています。

2日午前9時すぎ、「釧路空港に停車していたバスが爆発し、白い煙が出ている」とバス会社の関係者から消防に通報がありました。
その後、バスから火が出たため、駆けつけた消防が消火活動を行いました。

警察によりますと、バスは釧路市内と釧路空港を結ぶ路線バスとみられ、当時バスに乗客はいませんでした。
警察によりますと、運転手は避難していてけがはなく、空港の利用者などにもけが人はいないということです。

また、空港の施設への被害もなく、通常通り運航しているということです。
警察はバスのエンジン部分で爆発が起きた可能性があるとみて詳しく調べています。

01月02日 10時26分
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20190102/0006785.html
 
  
 
_MTXObr0 
続きを読む

【札幌爆発】「何がいつ補償されるのか」不明確なアパマン側の説明に被害者から不満の声

BBR3Bcz

【北海道】札幌爆発 「何がいつ補償されるのか」 不明確なアパマン側説明

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1546036617/

1: 2018/12/29(土) 07:36:57.54 ID:CAP_USER9
12/29(土) 6:02配信
北海道新聞

「どこかではしごを外されるのでは」

 札幌市豊平区平岸の建物で16日夜に起きた爆発と火災で、被害を受けた住宅の住人や店舗の経営者らが、補償の先行きが見通せない状況に不安を募らせている。爆発元とみられる不動産仲介業「アパマンショップ平岸駅前店」の運営会社は「法的範囲内で全額を補償する」との姿勢だが、対象や時期は不明確なまま。周辺の被害は広範囲に及び、専門家は「補償の手続きは長期化する可能性がある。運営会社は早期に行程を示すべきだ」と指摘する。

 「何がいつごろ補償されるか分からず、心が晴れない」。現場から約40メートルの飲食店を経営する後藤留美子さん(46)は肩を落とす。

 店は正面の大型窓ガラスが割れ、食器や外壁も壊れた。実費でガラスの取り換えや清掃をし、25日に営業を再開したが、客足は遠のいたままだ。平岸駅前店を運営する「アパマンショップリーシング北海道」(札幌)の担当者から休業による損失も補償するとの説明を受けたが「具体性がなく、心配だ」と漏らす。

 現場近くのマンションに住む60代男性は、割れた窓ガラスをプラスチック板でふさいだままの状態で年末を迎える。同社が22日に開いた説明会に出席したが、「どこかではしごを外されるのでは」と感じ、修繕に踏み切れない。

早くても数か月先か

 札幌市消防局によると、28日までに現場から半径約250メートルのマンションや店舗など39棟と、車両25台で被害が判明。爆風や飛散したがれきで窓ガラスが割れた被害が多く、外壁の照明など設備の破損もあった。市消防局は引き続き被害を調査中で、今後さらに増える可能性もあるという。

 同社は被害の大きいマンション2棟の住人を対象に説明会を開いたほか、戸別訪問などで補償する方針を示しているが、時期などの説明はない。北海道新聞の28日の取材にも「事情が一人一人異なり、個別に交渉を進める」と答えるにとどめた。

 損害賠償を巡る問題に詳しい高森健弁護士(札幌)は建物や設備の修理費、自宅に住めない期間の宿泊費など「爆発と火災が原因と認められる財産上の損害や出費は補償の対象」と説明。一方で「慰謝料などを含め、補償額は当事者間の交渉か裁判で決まる。実際に受けられるのは早くても数カ月先だろう」と話す。

 日本損害保険協会北海道支部は「アパマンショップ側の対応を待てず自ら住宅の修繕などをする場合、後日請求できるよう契約書や記録を残してほしい」。高森弁護士は「最低限の金額の仮払いや、早期に賠償の時期を示すなど、アパマン側には被害者の不安に応える対応が必要だ」と話す。(樋口雄大、佐藤圭史、角田悠馬)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00010000-doshin-hok

続きを読む

【朗報】アパマンが神対応「今回の被害は全額負担検討します」

a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_t

【朗報】アパマン「今回の被害は全額負担検討します!」と神対応

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1545616201/

1: 2018/12/24(月) 10:50:01.36 ID:gER4YGemMEVE
アパマン「原状回復費は全額負担を検討」 札幌の爆発 布田一樹、遠藤美波 2018年12月24日03時35分


 札幌市豊平区の爆発事故で、出火元とみられる不動産仲介店の運営会社「アパマンショップリーシング北海道」
(同市)は22日夜、初めての住民説明会を同区で開いた。

 終了後、佐藤大生社長らが報道陣の取材に応じ、被害補償について原状回復に必要な費用の
全額を同社が負担する方向で検討していることを明らかにした。

 説明会は現場のすぐそばにある15階建てマンション「ファミール平岸」の住民が対象で約80人が参加。
 報道陣には非公開だった。

 佐藤社長や同社代理人の中村隆弁護士の説明では、全42世帯のほぼ全てで
窓ガラスの破損やサッシのゆがみなど、何らかの被害が生じている。

 説明会では、佐藤社長が謝罪し、補償の手続きや補修工事のスケジュールを説明。
 同社は復旧費用を全額負担する方向で検討し、休業補償など法的に認められる補償範囲は全てカバーする考えだ。

 しかし、具体的な補償金額やその回答期限を住民に示すことができず、質疑は約2時間に及んだ。

 「窓に板をはっても部屋が寒い」、「小さな子どもがいる家庭では、ガラスの破片が飛散しいると危なくて住めない」
といった声が上がった。事故原因や経緯の説明もしていないという。

続きはうぇbで
https://www.asahi.com/articles/ASLDR01M6LDQIIPE01P.html

続きを読む

【((´д`)) ブルブル…】北海道、年末28日〜29日頃に過去最大級”寒波”の恐れ

白下地のコピー

【((´д`)) ブルブル…】北海道 年末に過去最大級の寒波到来か

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1545600746/

1: 2018/12/24(月) 06:32:26.81 ID:CAP_USER9
2018年12月23日19:52
北海道付近は明日(24日)にかけて次第に冬型の気圧配置が強まるため、日本海側で荒れた天気となる所があり、注意が必要です。
しかし、それ以上に気にしておいた方が良いのは年末寒波。年末28日から29日頃には12月としては過去最大級の寒波が流れ込み、雪や風もかなり強まる恐れがあります。
帰省の足に影響が出る可能性も高く、早めの備えや対策、対応が必要です。

今夜は北海道付近を気圧の谷が通過し、一時的に雪の降り方が強まる地域が多くなりそうです。
明日は冬型の気圧配置に変わり、上空にも強い寒気が入ります。沿岸を中心に風が強まり、ふぶいて見通しが悪くなることもあるため、車での移動などには十分な注意が必要です。
風が強いと吹きだまりが発生する恐れもあり、局地的には積雪が増えていることが考えられます。道路の状況などもしっかりと確認しながらの移動を心がけてください。
また、寒気の影響で日中以降の気温が低く経過するため、凍結路面によるスリップ事故にも十分注意してください。

28日から29日頃には札幌上空約5300メートル付近に、約-45度という非常に強い寒気が流れ込む見通しとなっています。
札幌の観測で上空約5300メートル付近の気温が、12月に-45度を下回った年は1957年の統計開始から6年しかありません。
午後9時の観測では、統計史上1位の記録が1984年12月24日に記録した-45.8度となっており、今回流れ込む寒気は過去最大級のものと言えます。

上空の寒気が強いと、背の高い雪雲が発達しやすく、大雪をもたらすケースが多くなります。
12月としては最も強い寒気が入った1984年の12月24日には、後志地方の共和で34センチ、翌25日も大雪が続いて38センチの降雪となり、2日間で72センチの雪となりました。
今回の寒波も同じように大雪をもたらす恐れがあるため、交通機関への影響も含めて十分な注意が必要です。年末年始に向けた買い出しなども早めに済ませた方が良いかもしれません。

また、28日から29日頃には北海道の西で低気圧が発達するため、冬型の気圧配置が強まります。各地で風もかなり強まる恐れがあり、明日よりもふぶきの規模が大きくなることも十分に考えられます。
大雪によるものだけではなく、沿岸を中心に猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害も発生する恐れがあるため、より影響が大きくなりそうです。

全文
https://tenki.jp/amp/forecaster/okamoto/2018/12/23/3077.html
no title

no title

続きを読む

【北海道】誤射被害で職員死亡、森林管理局の悲痛コメントが反響「仲間を奪われた痛恨の叫びがきこえるような文章」

publicdomainq-0014326tdmmfx

【ネット】誤射被害で職員死亡、森林管理局の悲痛コメントが反響呼ぶ 「彼は38歳とまだ若く、奥さんと3人の小さな子供がいて」

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1545346556/

1: 2018/12/21(金) 07:55:56.13 ID:CAP_USER9
 北海道の国有林でハンターの誤射により森林管理局の男性職員(38)が死亡する痛ましい事故が起きた。当局が、亡くなった職員を悼みつつ狩猟ルールの徹底を訴える文書を公式サイトで公表したところ、ツイッター上では「行政らしくないほど、仲間を奪われた痛恨の叫びがきこえるような文章」と、ハンターではないとみられる人達も巻き込んで、悲しみが広がっている。

 J-CASTニュースが、文書を局長名で公表した林野庁の北海道森林管理局に話を聞いた。

■局長名で「狩猟者の皆様へ」

 事故は2018年11月20日、北海道恵庭市の国有林で起きた。亡くなった、同局恵庭森林事務所の男性職員は、同僚と2人で台風による倒木処理などにあたっていた。ところが、ハンターの自営業男性(49)が(各メディア報道によると)「シカと間違えて」撃ち、男性職員を死亡させた。翌21日、道警は誤射したハンターを業務上過失致死の疑いで逮捕した。同局などによると、男性職員は、赤色のジャンパーとオレンジ色のヘルメットという目立つ格好をしていた。

 北海道森林管理局は事故を受けて12月11日、道内すべての国有林への一般狩猟者の立ち入りを19年1月15日から(狩猟期間が終わる3月末まで)禁止すると発表した(ただし、銃器を用いた有害鳥獣などの許可捕獲は従来通り続ける)。発表前日の10日からは、事故現場を含む石狩森林管理署の管内国有林への入林を禁じていた。

 同管理局の公式サイトでは、11日の入山禁止発表と同時に、「狩猟者の皆様へのお願い」と題し、約1600字に及ぶ、新島俊哉局長名の文書も公表。事故は警察により捜査中だ、とことわったうえで、亡くなった職員が、先に触れたように目立つ格好をし、さらに「木々は落葉しており、見通しのよい状態」で、「開けた林道上を狩猟者に向かって歩いていたのに誤射されたのです」と指摘。こうした点から、「狩猟の基本ルールである矢先の確認、獲物の確認」や法令が守られていなかったとして、

  「大切な職員を失った私としては、常日頃からこのようなことが行われていたのではないか、さらには、本当にすべての狩猟者一人一人にまで、狩猟関係法令と狩猟ルールが徹底されているのだろうか、と疑念を抱かずにはいられませんでした」

と吐露。そして、

  「亡くなった職員は平成14(編注:2002)年に北海道森林管理局に採用され、これまで16年間、現場の最前線である森林事務所や森林管理局・署内において幅広い業務を経験し、将来、必ずやリーダー的な役割を担うであろうことが期待された優秀な人材でした」
  「彼は38歳とまだ若く、奥さんと3人の小さな子供がいて、子供達もお父さんと遊ぶのが大好きでした」

と、その仕事ぶりやプライベートにも触れ、人柄を偲んだ。

 さらに、

  「一家の大黒柱を失った奥さんや子供達をはじめご両親の大きな悲しみは、並大抵のものではないことは誰でも理解できると思います。一方の加害者においても、この罪を一生背負って生きていかなければなりません」
  「猟銃による事故は、このように被害者と加害者の双方に対して、家族を巻き込んだ大きな不幸を突然もたらすことになり、二度と今回のような事故を起こしてはならないのです」

と訴え、続けて、関係法令やルール徹底の重要性を訴え、狩猟者との協力のうえでエゾシカ被害対策などに取り組む考えも示している。

 この文章はツイッター上で徐々に注目を集め、12月20日までに、

  「行政文書という以上に仲間の職員を銃によって奪われた痛恨の叫びがきこえるような文章」
  「(行政らしくない)強い悲しみ怒りを含んだ文章だから伝わってくる」
  「その事務的タイトルからは予想できないくらい感情がストレートに表現されている」

などと、「行政らしくない」ほど悲痛な思いや再発防止に向けた強い意志が表現されていると、好意的に受け止める人が相次いでいた。明示はされていないが、ハンターではない人からの反応も含まれているようだ。

 林野庁によると、国有林での誤射死亡事件は、1998年に起きた鹿児島・屋久島の件以来。

 J-CASTニュース編集部は12月20日、北海道森林管理局の保全課に今回の局長名文書について話を聞いた。「行政文書らしくない」ほど強い感情が出ているとの指摘がある点について担当職員は、

※続きはソースでご覧ください。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000006-jct-soci
北海道森林管理局「狩猟者の皆様へのお願い」全文はこちら↓(※PDF)
http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/press/kanri/attach/pdf/181211-3.pdf



続きを読む

(;`・ω・)「スプレー缶に穴あけるよ!」

へやしゅ

(;´・ω・`)「もうちょっとでスプレー缶に穴をあける作業が終わるよっ!」

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1545185494/

1: 2018/12/19(水) 11:11:34.64 ID:+IYQat1fa
no title

続きを読む

【札幌爆発】アパマン店舗の社長が会見「料金を受け取り消臭スプレーを使用しないことがあった」(動画あり)

BBR3Bcz

【札幌爆発】アパマン店舗の社長「料金を受け取っておきながら消臭スプレーを使用しないことがあった」

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1545140525/

1: 2018/12/18(火) 22:42:05.77 ID:CAP_USER9
札幌 爆発起きた店舗の運営会社社長が謝罪
2018年12月18日 20時32分

爆発が起きた札幌市の店舗を運営する「アパマンショップリーシング北海道」は18日夜、札幌市内で会見し、謝罪しました。

この中で佐藤大生社長は「たくさんの方に大変な思いをさせて申し訳なく思っています。けがをさせてしまった人、被害を受けてしまった人、大変申し訳ありませんでした」と述べて深々と頭を下げました。

そのうえで、従業員2人から聞き取った内容として、店舗を2日後に新装する予定で、消臭スプレー缶の在庫を整理するためにガス抜きをした際、給湯器のスイッチを押して爆発が起きたと説明しました。

大量のスプレー缶のガス抜きを行っていたことについて、「スプレーはまだ使用期限が来ておらず、通常ありうる業務ではないと思う」と述べました。

スプレー缶は仲介する物件の室内を除菌・消臭するために使うことになっていますが、佐藤社長は「爆発があった店舗では除菌や消臭の料金を客から受け取っておきながら、スプレーを使った消臭の作業を行っていない物件があると聞いている。どのくらいの数になるか調査している」と述べました。

佐藤社長は「お客様に失礼だし、あってはならないことだと思う。正直なところ契約が多くて回りきれていなかったと聞いている。反省し、精査したうえで、対応していきたい」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181218/k10011751621000.html




続きを読む

【札幌爆発】スプレー缶爆発ニキって首になるんかな?

BBR3Bcz

スプレー缶爆発ニキって首なんかな

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1545083731/

1: 2018/12/18(火) 06:55:31.02 ID:AMDlFq4k0
かわいそう

続きを読む

【札幌爆発】アパマンが入るテナント、過去12回も消防局からの指導されていた・・・

no title

【札幌爆発】札幌のアパマンショップ、過去12回も消防局から指導されていたことが判明

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1545055031/

1: 2018/12/17(月) 22:57:11.83 ID:CAP_USER9
札幌市消防局は17日、不動産仲介会社や飲食店が入る建物に防火管理者が選任されていなかったり、消防計画が作成されていなかったりなどの多くの不備があったことを明らかにした。

消防局によると、爆発・倒壊した木造モルタル2階建ての建物の所有者と三つのテナントにはそれぞれ、防火管理者を置く義務があったが、いずれも選任されておらず、消防計画も作成されていなかった。
漏電火災報知機や避難器具も設置されていなかった。

これらは消防法などで建物所有者やテナントに義務づけられているもので、消防局は2016年6月から今年10月まで、立ち入り検査や文書で計12回にわたり指導をしてきた。
指導の都度、4者とも改善の意向を文書などで示したものの、結局実行されないまま、爆発炎上となってしまったという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000074-asahi-soci

続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
タグ絞り込み検索
プロフィール
ご覧いただきありがとうございます。
わんでい管理人と申します。

2ch・5chのまとめをしています。
ニュース・ネタ記事・動物に関するスレで、気になったスレをまとめる事が多いです。

1日1記事は動物関連スレをまとめています。


Twitterフォロー宜しくお願いします。




お問い合わせ・ご要望はこちらから

めーるふぉーむ



URLhttp://oneday-onenews.com/

RSShttp://oneday-onenews.com/index.rdf

※RSSリンクはこちら↓
相互RSS&相互リンク募集中!


コメント欄は、禁止事項に該当しない限り、ご自由にお使いください。

禁止事項の判断基準として、当サイトプライバシーポリシーをご覧いただければ幸いです。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
関連コンテンツ
逆アクセスランキング

special thanks
このサイトの画像にはとても可愛いイラストを沢山掲載されているイラストレーター麦さんの画像を使用させて頂いております。
心よりお礼申し上げます。
麦さんの紹介ページを見る
スポンサードリンク