ワンdayワンnews

  • ホーム
  • RSS

動物

ゴキブリ給食混入事件、完食した女子生徒は「同じことがないように次に気をつけてもらえれば」
837283

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531853917/

1: 2018/07/18(水) 03:58:37.53 ID:3SDDyLwta
6月26日、群馬県館林市立第4中学校で起きた“給食ゴキブリ混入事件”。
即刻、全校生徒に伝えられたが……。

校内放送で『異物混入がありました。
給食をバット(容器)に戻してください』と流れました。
最初は何が入っていたのかわかりませんでしたが、
異物の正体がゴキブリだと広まって、女子たちがキャーキャー騒いでいました

そう証言するのは同校2年の男子生徒。
ゴキブリの死骸は、香味漬けの中で見つかり、
発見生徒→担任→校内放送と情報が拡散されていったが、
……全部食べちゃいました
がっかりとうつむきながら話すのは、同校の女子生徒だ。

3年の男子生徒は、
うちのクラスは暴れん坊が多くて、放送や先生の声が聞こえなかったんです。
ほとんどの生徒が食べてしまったんですよ。
ゴキブリのエキスが入った給食を食べちゃった……って、
みんな大騒ぎでした。僕も食べちゃって、気持ち悪いなと思います

と話すが、
現物を見たらキツイと思いますけど、
まあ、ゴキブリはどこにでもいるので、しょうがないのかなって


前出の完食女子生徒も、
同じようなことがないように、次に気をつけてもらえればと思います
と悪夢を振り払おうとする。

完食女子生徒の母親は、
わざとやったわけではないでしょうし、責める気はありません。
こういうことがあれば逆に気をつけてくれると思いますし。
学校からは書面で謝罪をしていただきました

と穏やかに話す。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00012855-jprime-soci

続きを読む

図鑑の毒グモ「間違ってるよ」 函館の秋山良歩得(ラファエル)君(7)が指摘
スクリーンショット 2018-02-20 0.35.05のコピー3

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531816339/

1: 2018/07/17(火) 17:32:19.66 ID:8uyY3WSU0
函館市立昭和小2年の秋山良歩得(ラファエル)君(7)が、危険生物を紹介する児童向け図鑑で、毒グモの挿絵に別の種類のクモを掲載しているのを見つけた。
指摘を受けた出版社は重版時の差し替えを約束。秋山君は「(指摘が)合っていたのが分かって安心した。うれしかった」と笑顔を見せている。

no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00010003-doshin-hok
 秋山君が間違いを見つけたのは、「『もしも?』の図鑑 身近な危険生物対応マニュアル」(実業之日本社)。
3月下旬に読んでいる時、
「通学路に潜む危険生物」として紹介されていたハイイロゴケグモの挿絵が、カバキコマチグモのものだと気付き、母の清美さん(48)に伝えた。
いずれも国内に生息し、毒を持つクモ。

 清美さんは間違いかどうか判断できなかったが、同社にメールで連絡すると、同社から「監修者に確認をしたところ間違いだと判明した」と返信があった。
返信にはおわびとお礼とともに、重版の際に正しい挿絵に改めると書かれていた。

続きを読む

なんJ民「オオスズメバチ最強!ヒグマ最強!シャチ最強!」生き物博士ワイ「何言ってだこいつら」
すずめばち

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531445250/

1: 2018/07/13(金) 10:27:30.11 ID:CA94VAFg0
オオスズメバチ→時速30~40km程度でしか飛行出来ないカス。同じ昆虫である蛾の中には時速120km以上で飛行する種も存在する

ヒグマ→自体重の1/3もないネコ科ハンターの餌に過ぎない。体重530kgのグリズリーがわずか11kgのイタチに殺されたケースも

シャチ→哺乳類としては圧倒的に最速だがカジキ類やマグロ、カツオ、ダツといった外洋性魚類のスピードにはてんで敵わない



これが現実です

続きを読む

【超絶急募】一人暮らしで天井見たら蝉が止まってたんやけど助けてください
free-illustration-insect-collecting-14

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531244556/

1: 2018/07/11(水) 02:42:36.31 ID:uUk4QNOt0
1 箒でバチン!
2 アースジェットfull散布
3泣き寝入り

どれがええんや?

続きを読む

【朗報】ゴキブリのミルク、牛乳の3倍の栄養価を持っていた。1000匹のゴキブリから100g抽出可能
837283

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1529836883/

1: 2018/06/24(日) 19:41:23.59 ID:Ma4k/9/r0
人類を救う「ゴキブリのミルク」…栄養は牛乳の3倍、スーパーフード

 インドにある幹細胞生物学と再生医療の研究所に勤務する研究チームが発見したのだが、普通に考えるとゴキブリは哺乳(ほにゅう)類ではなく昆虫なので、なぜミルクなのか全く理解できない。

 ところがこの研究チームは、豪に生息するゴキブリ「パシフィック・ビートル・コックローチ」で不思議なことを発見した。
このゴキブリは昆虫なのに卵を産まず、子供(幼虫)を生むのだ。メスのおなかの中で液体の栄養を与えられて幼虫に育つわけだが、その栄養こそが「ゴキブリミルク」なのだ。

 母親の胎内の胚(はい)がゴキブリミルクの栄養で成長し、幼虫に育つだけあって、一般的な乳牛のミルクや、最も高カロリーのタンパク質を含むことで知られるバッファロー(水牛)のミルクの3倍ものエネルギーを持っているという。

 このゴキブリミルクについて、研究チームのメンバーのひとりはインドの
日刊英字紙タイムズ・オブ・インディアの取材に「(ゴキブリミルクの)結晶は完全な食物のようなもので、タンパク質、脂肪、糖を含んでいます。タンパク質の配列を調べると、必須アミノ酸の全てを含んでいました」と驚きをもって話した。

 地球上で最も栄養価が高く、高カロリーな物質の1つだというゴキブリミルク。メスの胚から抽出するが、10匹で0.5ミリリットルしか取れず、100グラムを抽出しようとすると1000匹のゴキブリが必要という。

https://www.sankei.com/west/news/180614/wst1806140087-n1.html

続きを読む

このページのトップヘ