ワンdayワンnews

  • ホーム
  • Twitter
  • RSS

動物

生まれたばかりのヤモリの赤ちゃんがめっちゃ可愛いwwwwww
illustrain08_reptiles07

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526717841/

1: 2018/05/19(土) 17:17:21.99 ID:lw6UIMid0
田嶋 ??ゆか @tajimap
見てぇぇぇぇぇ
今日生まれた子。゚(゚´ω`゚)゚。
あーーーーー??????

https://twitter.com/tajimap/status/997061467219230722

動画
https://video.twimg.com/ext_tw_video/997061290748084224/pu/vid/720x720/LiILj1rv7wP-4d-A.mp4

続きを読む

ワイ「夕方になると家の近くでよくコウモリ飛んでたなぁ」敵「どんな田舎だよww」
gatag-00010212

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1522427250/

1: 2018/03/31(土) 01:27:30.35 ID:lgDSx53ka
は?
コウモリなんてどこにでもおるやろ

続きを読む

アルマジロの巣穴から金塊
789426のコピー

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1521673726/

1: 2018/03/22(木) 08:08:46.41 ID:uGPujE4u0 BE:754019341-PLT(12345)
アルマジロの巣穴から金塊=「ゴールドラッシュ」に沸く-ブラジル
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032100495&g=int

ブラジル北東部バイア州でこのほど、狩りをしていた住民がアルマジロの巣穴から金塊を見つけ、一帯が「ゴールドラッシュ」に沸いている。

 金は804グラムで、11万2000レアル(約360万円)相当。2週間前、州北東部にある人口3万8000人のサンタルス郊外で住民が狩りの最中に穴から掘り起こした。
このニュースが広まるやいなや、各地から「ガリンペイロ」と呼ばれる砂金掘りが集結。瞬く間に500人ものテント村ができあがったという。

 ただ、政府の許可がない採掘や売買は違法で、ガリンペイロは無法者の代名詞。
降って湧いた騒動に住民は困惑しているようで、地元紙は「よそ者が入ってきて問題を起こすのではないか」(スーパーの女性店員)、
「金は人の欲望を刺激し、一獲千金を狙うやからを引きつける」(衣料店の男性店員)といった不安の声を伝えている。

続きを読む

【女優】川口春奈「チーターに襲われそうになった」 衝撃写真にファンは...「危なすぎ」「顔がガチ」

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521196606/

1: 2018/03/16(金) 19:36:46.50 ID:CAP_USER9



女優の川口春奈さん(23)が2018年3月16日、テレビ番組のロケで訪れたアフリカで、「チーターに襲われそうに」なるハプニングがあったとインスタグラムで明かした。

川口さんはこの投稿に、地面に座り込んだチーターから逃げようとする自身の姿を捉えた写真を掲載。コメント欄には、必死な表情を浮かべた川口さんに対して、「本気で逃げてる」「躍動感がハンパない」といった声が出ている。

「顔がガチで笑いました」

川口さんは、3月18日放送予定のドキュメンタリー番組「川口春奈 アフリカ動物大紀行」(BS TBS)に出演。サバンナなどを訪れたロケの感想について、

“「たくさん動物に会えた。かわいい子供たちにも会えた。自然の厳しさを知った。自分なんてちっぽけだなと思う旅でした!」

と振り返りつつ、「(番組を)見ておくれー」と告知した。

こうした投稿の末尾で川口さんは、「チーターに襲われそうになった写真載せとくね」と投稿。地面に座り込んだチーターが急に頭を上げたためか、思わず後ろに飛び退く川口さんを激写した一枚をアップしている。本人のインスタを見る限りでは、大きなけがを負ったわけではないようだ。

ただ、チーターの挙動に驚いたためか、川口さんの顔は固く強張っており、体勢も「へっぴり腰」のように見える。そのため投稿のコメント欄には、「危なすぎる~」「これは怖い」「ご無事で何より」と驚きや心配の声が出る一方で、

“「顔がガチで笑いました」
「顔!顔!!笑えないシーンだけど笑ってしまった」
「腰の引け方半端ない笑」
「引きつった顔すら、美人!!」

などと川口さんの意外な姿を面白がるユーザーも相次いでいる。

そのほか、チーターと檻や柵が無い状態で触れ合う体を張ったロケの内容について、「これ、出川(哲郎)さんとか、狩野英孝がやるやつだよ(笑)」とのツッコミを入れるユーザーもいた。

2018/3/16 18:45
J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2018/03/16323902.html?cx_recsWidget=pcTop&cx_recsOrder=2#cxrecs_s

続きを読む

【芸能】モト冬樹、スズメ飼育で都から違法通知届く 弱ったヒナを保護も「諦めるしかないのかな…」
93b905a9fedbb69dabd451cfcfa9857c_400x400

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1520926622/

1: 2018/03/13(火) 16:37:02.23 ID:CAP_USER9
モト冬樹、スズメ飼育で都から違法通知届く 弱ったヒナを保護も「諦めるしか…」

タレントのモト冬樹が13日、テレビ朝日系「グッド!モーニング」で、スズメの「ちゅんちゃん」を保護し、育てていることが違法であると一部週刊誌に報じられたことを受け、先週、東京都から違法を知らせる書面が届いたことを明かし、「諦めるしかないのかな」と悲しげな表情を浮かべた。冬樹はブログでも、ちゅんちゃんの回復ぶりなどを何度もつづっていた。

ちゅんちゃんとの出会いは昨年6月。冬樹の妻が「まだ飛べないスズメ、親にエサをもらっているスズメが巣から落ちたかなんかで、カラスに食べられそうになっていた」ところを助けたのが出会い。「基本的に俺も妻も鳥は嫌いなのね。
でも生かさなきゃいけないじゃない。死にそうだったから」と、見て見ぬふりは出来なかったと当時を振り返った。

冬樹によると、保護して2日目に都の環境局に相談したところ、元の場所に戻すように指導されたというが「向こう(環境局)の気持ちも分かるよ?規則だから。でも、気持ちとしてそれは出来ないでしょう。自分でエサを取ることもできない」とコメント。
その後、動物園などに自然に戻す方法などを相談しているうちに8カ月が経過してしまったという。

そしてついに「東京都がうちに『違法ですよ』という書面を送って下さったのが先週」と、都から通知が届いたことを明かし、これで明確に違法だと認識したという。

「死にそうだったスズメをなんとか生き返らせて、色んな方に相談して今まで…。そのまま元に戻せって無理でしょう、気持ちとして」と、弱っていたちゅんちゃんをそのまま戻すことは出来なかったと当時の心境をもう一度吐露すると「でも法律は守らなきゃいけないですから…。今、妻と悩んでいる最中です。どうしようか。どうにかしなかいけないのはもちろんわかってる」ともコメント。
最後に「簡単に言うと諦めるしかないのかな…」と悲しげな表情を浮かべた。

番組では、スズメなどの野鳥は生態系維持のため飼育はおろか、保護することも鳥獣保護管理法で禁止されていると説明。
もしも弱った野鳥などを見つけた場合は、東京都では環境局に連絡をすると、
場合によっては動物病院などを紹介してくれることもあり、費用も都が負担すると説明している。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000039-dal-ent


続きを読む

alina-zagitova-80852691
1: 2018/03/04(日) 13:36:54.28 ID:CAP_USER9
平昌(ピョンチャン)オリンピック、フィギュアスケート女子金メダリストのザギトワ選手が、念願の秋田犬を受け取ることが決まったと明らかにした。

ザギトワ選手は3日、モスクワで、銀メダリストのメドベージェワ選手など、オリンピックの出場選手たちとアイスショーに出演し、3回転ジャンプなどを披露して、観客を魅了した。

その後、記者団の取材に応じ、金メダルのご褒美として希望していた秋田犬が、日本から贈られることが決まったと明かした。

ザギトワ選手は「『マサル』という名前にします。女の子です。日本語で、勝利という意味ですよね」と話した。

秋田犬は、日本の団体が贈呈を申し入れていたもので、現在、ロシアに持ち込むための手続きが進められている。

03/04 06:35
FNN
https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00386289.html

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1520138214/

続きを読む

このページのトップヘ