ワンdayワンnews

  • ホーム
  • RSS

ペルー

【サッカー】<日本代表の長谷部はペルー系!>ペルーで謎の噂が広がる...
長谷部

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529576314/

1: 2018/06/21(木) 19:18:34.94 ID:CAP_USER9
19日のワールドカップ初戦で、コロンビア代表に歴史的な勝利を収めた日本代表。

コロンビアは前回大会ベスト8で今大会も躍進が期待されており、日本の勝利は世界中で驚きをもって伝えられた。

特に南米での衝撃は大きかったようで、日系人も多いペルーでは日本戦の話題で持ち切りだったのだとか。試合後には「ハセベはペルー系らしいぞ」との珍説もまことしやかに囁かれた。

ただ、単なるネタかと思いきや話は意外な方向に広がっているようだ。『Depor』は「日本代表の主将を務める長谷部誠の母親はペルー人である」と伝えた。

記事では、

・1984年生まれの34歳
・代表チームの主将
・コロンビア代表を悩ませた

として長谷部と同国の英雄パオロ・ゲレーロの類似点を指摘。

さらに長谷部が15歳の時に遠征で初めて首都リマを訪れたこと、元代表DFカルロス・サンブラーノとフランクフルトで同僚だったことなどを紹介し、「母親がペルー人で、父親が日本人である」と報じた。

他にも『ATV』『Libero』など、影響力のあるメディアもこのことを伝えている。

長谷部の母親が実際に何人であるかは個人的なことだが、今までそのような話を聞いたことがない…。確かに濃い目の顔ではあるが一体どこからそんな情報が…。

2018/06/21 10:50
https://qoly.jp/2018/06/21/makoto-hasebe-peru-hys-1

写真
no title

続きを読む

【サッカー】<香川真司は「大空翼の生まれ変わり」>南米メディアW杯特集で登場「日本史上最高の選手」
img_3b83b88b5c025e3cab4ba92798da5aa4175536

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1520509143/

1: 2018/03/08(木) 20:39:03.31 ID:CAP_USER9
ペルーメディアが人気漫画「キャプテン翼」の主人公・大空翼に重ねて紹介

日本人として欧州でも最も成功した選手の一人と言えば、ドルトムントのMF香川真司だろう。ブンデスリーガで二度の優勝経験があり、名門マンチェスター・ユナイテッドでもプレーするなど「シンジ・カガワ」の名前は世界中に広まっている。海外メディアでは、人気サッカー漫画「キャプテン翼」の主人公である大空翼と香川の姿を重ねて特集している。


「シンジ・カガワはオリベル・アトムの生まれ変わり」



 こう伝えたのは、ペルーメディア「Depor.com」だ。今年開催されるロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた企画で、日本の中心として活躍する可能性のある香川を人気漫画の主人公にたとえてスポットライトを当てている。

 人気サッカー漫画の金字塔である「キャプテン翼」は、スペイン語版では「オリベルとベンジ」という名で親しまれ、主人公である大空翼の名前は「オリベル・アトム」だ。記事では日本代表で背番号10を背負っていた香川を、「日本の歴史上最高の選手」と称して紹介している。

 原作では、大空翼はバルセロナでプレーしていることにかけたのか、香川が少年時代にFCみやぎバルセロナに所属していたことなども紹介されている。

「イニエスタへの熱狂と称賛を隠していない」

 さらに香川の技術あふれるプレーについては、キャプテン翼だけでなく、バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタとも比較。「カガワのマジックは、ある選手からのインスピレーションを受けている。この日本人はアンドレス・イニエスタへの熱狂と称賛を隠していない」と、スペインの名MFから影響を受けていると指摘された。

 昨年は一時、日本代表メンバーから落選したことが大きな話題となった香川。現在も足首の負傷で離脱中だが、ピッチでのプレーパフォーマンスの高さと実績は申し分ない。世界から注目を浴びる“小さな魔法使い”は、ロシアのピッチで輝くことができるだろうか。

3/8(木) 19:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180308-00010014-soccermzw-socc

続きを読む

sgi01a201308220300
1: 2018/02/04(日) 18:18:05.37 ID:H8eBUmkA0 BE:683789119-2BP(1500)
「死刑以上の判決を」遺族男性が証言 さいたま地裁

 埼玉県熊谷市で平成27年9月に小学生2人を含む6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判第3回公判が30日、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)で開かれた。
妻と娘2人を殺された男性(45)が証人尋問で「死刑以上の判決を望む」と厳罰を求めた。

 証人尋問によると、男性の長女の美咲さん=当時(10)=は31日に13歳の誕生日を迎えるはずだった。「生きていれば家族4人でお祝いしてあげられた」と語り、ナカダ被告について「死刑以上の判決があるならそれを望む」と涙まじりに語った。

 事件で亡くなった白石和代さん=当時(84)=の義理の娘も出廷。独居の和代さん宅を週に1度は訪問していたが、事件当日も訪ね、血の塊に気づいて110番通報した。
女性は涙で声を詰まらせながら和代さんとの思い出を語り、多趣味だった和代さんが「私は百歳まで長生きして、もっともっと楽しみたい」と夢見ていた様子を話した。
http://www.sankei.com/affairs/news/180131/afr1801310008-n1.html

熊谷6人連続殺人事件(くまがや ろくにんれんぞくさつじんじけん)とは、2015年(平成27年)914日、916日に埼玉県熊谷市で子供を含む男女6名がペルー人の男に殺害された連続殺人事件。


2015913日午後1時半頃、意味不明なことを言っている男がいるとの通報を受けた熊谷警察署の捜査員が、住所不詳無職(犯行数日前までは、派遣による食品工場での仕事に従事)のペルー人の男を同署に任意同行した。男は事情聴取中に喫煙休憩を求めると許可を受けて外に出てそのまま戻らなかった。『夕刊フジ』によると、1人の署員が男をたばこを吸うために玄関先に連れて行ったところ、男はそのまま署外へ出て警察署前の赤信号を無視して逃走したという。なお、逃走後の同日、同市内で住居侵入の通報が熊谷署に2件あり、侵入したと思われる人物が侵入先の住宅付近の路上で会社員男性に対し「カネ、カネ」と金銭を要求していたこともわかっている。この件に関しては早々と警察署から逃走し、後に殺人事件を起こすことになる男が犯人であると署は把握しており、身柄の確保に努めていた。しかし、16日に男が自殺を図るまで身柄を確保できなかった。


14日夕刻、熊谷市内の住宅で男により男女2名(夫婦)が殺害される。16日、男により、同市内の自宅にいた独身女性1名、別の住宅にいた女性1名とその娘である小学生女児2名を含む4名が殺害され、犯人は親子を殺害した家の2階から自殺を図った。翌17日未明、埼玉県警に身柄を確保されたが意識不明である。しばらく意識不明が続いていたが924日に意識を回復した。埼玉県警は914日と916日の事件を同一犯による連続殺人事件と断定して捜査を行っている。


犠牲者は刃物により殺害されており、犠牲者のうち大人4人は複数の切り傷を負っているが、小学生の姉妹はともに一突で失血死していることが判明している。埼玉県警熊谷署捜査本部は、小学生姉妹が一突きで殺害されていることから、男には強い殺意があったとして捜査を行っている。


犯人は以前にペルーでの兄による17人殺人事件を目撃して精神的ショックを受けたことがあった。また、来日後の2006年には前述の件が職場に発覚したことにより離職したことがあったと姉に話していたことがあり、その姉はマスコミの取材に対し「弟は日本に行って精神的に病んでしまった。『誰かに追いかけられている、自分は殺される』と言っていた」と語っている。


なお、任意同行ではあったが逃走を許したこと、住居侵入のみの時点で身柄が確保できなかったこと、更に14日の殺人事件が起きたとき、関係性は不明ながらも当然ながら13日に逃走した男との関係が強く疑われ、住民への周知や検問等対策されるべきだったが、それらを行わなかったことにより、警察のミスが事態を深刻化させた可能性があると指摘されている。同月には埼玉県警の現職警察官が不倫のあげくに強盗殺人を犯して逮捕される不祥事が起きたばかりであった。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/熊谷連続殺人事件

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1517735885/

続きを読む

このページのトップヘ