ワンdayワンnews

  • ホーム
  • Twitter
  • RSS

パソコン

download-2
1: 2018/02/12(月) 20:48:24.37 ID:YzWWtU9R0 BE:228047943-2BP(1500)
「Excelって何?」松本人志らワイドナショー出演者の無知さにスタジオ騒然

11日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、MCの東野幸治、コメンテーターのダウンタウン・松本人志と元プロ野球選手・長嶋一茂の3人が、
マイクロソフト社の表計算ソフト「Excel」を知らず、スタジオが騒然となった。


番組の最後に、コメンテーターたちが番組内で取り上げたニュースへの感想を述べていた。
政治学者・三浦瑠麗氏は、ミュージシャン・岡崎体育がファンクラブに導入した新システムについて持論を展開。
現在は「価値を提供するっていうのがどんどんタダになっていく時代」であるため、インターネットや携帯電話を
「分からないとかじゃなくて、そっちもいってみようかな」と思えるようになったらいいのではと提言する。

三浦氏によると、自身の祖母が80歳を過ぎてからExcelを使うようになったそうで「意外とそういうこと(使いこなせるようになること)もある」というのだ。

ここで東野が「Excelって聞いて、ほぼほぼ適当にしゃべってましたけど」「(Excelが)何のことか分かんない」と告白。
松本が「俺も」と同意すると、長嶋も「Excelって何ですか?」と不思議そうな表情を浮かべる。


三浦氏が「表計算ソフト」だと教えると、松本は「箱乗りみたいな感じを(想像していた)」といい、長嶋は「ラブホテルじゃねぇの?」などと、
ふたりは全く違うものを想像していたようだ。

予想外の展開に驚く三浦氏に、東野は「瑠麗さんが思ってる以上にタレントって、ものすごいアホなんですよ」と説明。
三浦氏はアホではないと否定し、松本らが「世間を知ってる感じで(話すから)、今まですごく劣等感を持ってて。
だから意外と(そういうことを)知らないんだな」と、驚いた理由を語った。

それに対し東野は「タレントというのは、ほぼほぼ詐欺師ですから」と応じて、スタジオの笑いを誘っていた。


http://news.livedoor.com/article/detail/14290784/

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518436104/

続きを読む

gatag-00012646
1: 犬も歩けば名無しに当たる 2018/02/01(木) 15:05:12.45 ID:CAP_USER
https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1104/258/01_o.jpg
no title

現行バージョンのWindows Defender

 Microsoftは1月30日(現地時間)、Windows標準搭載のセキュリティソフト「Windows Defender」および同社のセキュリティ関連製品に、PCの最適化を強制するような不必要なサードパーティー製フリーソフトを検出・削除する機能を3月1日より実装すると発表した。

 Microsoftは、警告的なメッセージを表示して有料版を買わせようとユーザーを誘導するクリーナーおよび最適化ソフトが増えているとしており、その一部はマルウェアあるいは不要なソフトと判断。ユーザーを不要な購入から守るためにこの措置を執る。

 この機能が実装された後は、ユーザーに対して最適化についての詳細な情報を表示せずに、警告、強制的なメッセージ、追加サービスでの購入などを強いるような振る舞いは禁止される。

2018年2月1日 12:41
PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1104258.html

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1517465112/

続きを読む

1: 犬も歩けば名無しに当たる 2018/01/20(土) 02:56:26.46 ID:CAP_USER
米国の市場調査会社ガートナーが、このほどまとめたパソコン市場レポート(速報値)によると、昨年(2017年)1年間に、世界で出荷されたパソコンの台数は、2億6300万台となり、前年実績から2.8%減少した。

出荷台数の落ち込みが止まらない
 パソコンの世界出荷台数は、2011年まで右肩上がりで伸び続けた。しかし、この年の3億6500万台をピークに減少に転じ、昨年で6年連続の前年割れとなった。

 昨年の出荷台数を、2011年のそれと比較すると、実に約30%減少しているという状況だ。

 こうしたガートナーの統計データをドイツの調査会社スタティスタがインフォグラフィクスで表現しているが、これを見ると興味深い。

 昨年の出荷台数である2億6300万台とは、つまり、2007年の出荷台数と同水準であることを意味する。

 2007年と言えば、米アップルが「iPhone」の初代機を市場投入した年。iPhoneはその後、販売台数を伸ばし、年間(2016年10月~2017年9月)、2億1700万台を販売するまでに成長した。

 また、iPhoneを含むスマートフォンの年間販売台数は、15億台に達しており、パソコンのほぼ6倍。「これまでパソコンで行われてきたことは、スマートフォンで代替されるようになっている。パソコン市場の落ち込みの背景に、スマートフォンの普及があることは、間違いない」と、スタティスタは指摘している。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52141

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1516384586/

続きを読む

1: 犬も歩けば名無しに当たる 2018/01/13(土) 16:59:36.79 ID:CAP_USER
値上がりは続くが、容量はケチれない。2018年、メモリ購入の条件 - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1099752.html
https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1099/752/MEMORY-01_o.jpg
no title

PC Watch編集部2018年1月9日 06:00

何と1年前の2倍に値上がり! この局面をどう乗り切る!?
 DOS/V POWER REPORT2018年2月号(12月27日発売)では、「PCパーツ100選+600」と題して、 第8世代CoreプロセッサーとRyzenの登場で盛り上がりを見せるCPU市場を筆頭に、マザーボード、メモリ、ビデオカード、SSD、HDD、PCケース、電源、CPUクーラーなど、主要ジャンルのパーツを紹介しています。124ページ(!)という超特大ボリュームの特集から、ここでは高騰続くメモリにまつわるトピックを抜粋して掲載します。特集の全貌はぜひ本誌を購入してお楽しみください。


トピック1 高騰続くメモリ市場 “買い時”はある?
 メモリ価格の上昇が続いている。上のグラフに見るように、とくに主流のDDR4では顕著。もっとも安かった2016年夏に比べると3倍前後、12月に入ってもさらに上昇している。過去の価格を知ってしまうとどうしても購入を躊躇してしまうが、今購入を避けたところで、この先以前の価格まで下がる保証はない。むしろ、スマートホンでもPCでも大容量の需要が高まる一方で、トップメーカーの生産体制に大きな変化は見られない。さらに上昇を続ける可能性もある。あまり相場のことは考えずに欲しいときに買うのがよいだろう。なんらかのイベントに絡めたセールなど、特価販売は期待できるので、そうしたものもうまく利用したい。

 Ryzen、Ryzen Threadripper、Core Xに続き、Coffee Lake-SがDDR4-2666に対応したことで、メモリの売れ筋はDDR4-2666になった。このためDDR4-2133やDDR4-2400なら少し安い。DDR4-2666に関しては定格でDDR4-2666動作するチップを搭載したネイティブDDR4-2666メモリも増えている。


トピック2 AMD Ryzenで問題となった「シングル/デュアルランク」とは
 Ryzenでは、モジュールの枚数とランク数で正式対応するメモリ速度が異なる。DDR4のデータバス幅は64bitで、この64bitを構成するチップの集まりがランクだ。1ランクがいくつのチップで構成されるかはメモリチップの仕様(バス幅)によって決まり、チップのバス幅が8bit(x8)ならば8枚で1ランクを構成する。バス幅4bit(x4)ならば16枚、バス幅16bit(x16)ならば4枚で1ランクだ。DIMMではx8チップが使われることが多い(片面8枚で1ランク)ものの、チップの数や片面両面だけでは判断できない。最近はランク数を公表しているメーカーもあるので、Ryzenを使うならば必ず確認しておきたい。

トピック3 今時のPCなら容量は16GBが目安
 メモリが不足すると使用感が低下するが、増やせば増やすほどよいというものではない。基本的な用途では8GBあれば問題ないが、ゲームやVRなどでは16GBを推奨する製品も増えており、クリエイティブならば32GBでも多過ぎることはない。とくに明確な目的がないならば、容量あたりの単価が割安なモジュールがお勧めだ。

 今のDDR4なら、8GBか16GBメモリのモジュールが割安なので、8GBモジュールを2枚使った16GBの構成がお勧めということになる。なぜ2枚使うかと言うと、メインストリームのシステムは、デュアルチャンネルアクセス(2組のメモリに同時にアクセスして高速化する技術)に対応しており、2枚1組で使うことで本来の性能が引き出せるためだ。

 メモリの多くはこうした仕様を考慮して、2枚組で販売されている。ウルトラハイエンドは4組のメモリにアクセスすることでさらに高速化するクアッドチャンネルに対応するため、4枚組もある。メモリは枚数が多くなるほどメーカーや種類、ロットなどが異なることによる相性問題が起きやすくなるので、2枚や4枚などのセットで買ったほうがよい。

容量ごとの相場(ノーブランドメモリの場合)
価格の目安
4GB×2 10,000 円
8GB×2 20,000 円
16GB×2 38,000 円

(全文はソース)

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1515830376/

続きを読む

1: 犬も歩けば名無しに当たる 2018/01/12(金) 17:09:40.60 ID:CAP_USER
米Microsoftは11日(現地時間)、「Windows 10 Fall Creators Update(バージョン 1709)」が全世界、すべての互換デバイスで利用可能になったことを発表した。

 「Fall Creators Update」は互換性の確認が取れたデバイスから段階的に配信を拡大してきたが、今後は「Anniversary Update」(バージョン 1607)および「Creators Update」(バージョン 1703)をインストールしている環境であれば、“Windows Update”経由で配信を受けられるようになる。インストールの準備ができるとアップデートの通知が行われる仕組みで、その際、すぐにOSを再起動してアップデート適用するか、あとでリマインドするか、再起動を行う日時を指定することが可能。年2回の機能アップデートの適用には、毎月配信される品質アップデートよりも長い時間がかかるので、都合のいいタイミングを選択したい。

 なお、「Windows 10」の古いバージョンを利用している場合は、ダウンロードサイトから更新アシスタントツールやメディア作成ツールを入手して、手動でアップデートを行う必要がある。
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1100759.html

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1515744580/

続きを読む

icon_050610_256
1: 犬も歩けば名無しに当たる 2018/01/03(水) 18:54:44.26 ID:V5EGnFaX0 BE:609257736-2BP(5000)
Intelのプロセッサチップに根本的な設計上の欠陥が発覚、各OSにアップデートの必要性

ここ10年間に製造されたIntelのプロセッサに、設計上の欠陥が見つかりました。最悪の場合、パスワードやログインキー、キャッシュファイルなどが格納されたカーネルメモリーの内容を読み取られる恐れがあるとのことなのですが、
Intel x86ハードウェアに存在する欠陥のため、マイクロコードアップデートでは対応不可能で、各OSがソフトウェアレベルで修正をかけるか、バグのない新たなプロセッサを導入する必要があるとのこと。

対策の1つとして、カーネル・ページ・テーブル・アイソレーションを利用して、カーネルメモリーをユーザープロセスから完全に分離する方法が挙げられていますが、この方法だとIntelのプロセッサを搭載したPCの動作速度は落ちることになります。

https://gigazine.net/news/20180103-intel-processor-design-flaw/

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1514973284/

続きを読む

download-9
1: 冷やし飴 ★ 2017/12/24(日) 09:10:32.53 ID:CAP_USER9
ネットユーザーのうち、46%がスマートフォンのみで利用していることがLINEの調査で分かりました。

スマホとPCを併用している層は39%、PCのみの利用者は7%

職場や学校での利用を含む、週に1回以上インターネットを利用している15~59歳の男女を対象に、10月に行われた調査。
サンプル数は763で、人口構成比に沿って抽出されています。

調査結果によると、スマホでの利用者は全体の85%に対し、PCでの利用者は46%。
スマホとPCを併用している人は39%で、PCのみの利用者はわずか7%となっています。
図には含まれていませんが、タブレットのみは0.7%、フィーチャーフォン(ガラケー)のみとの回答も2%ありました。

利用しているスマホの種類は、全体ではiPhone(iPod touch含む)が58%、Androidが44%。
30代以上のデータを見ると両者は拮抗していますが、若年層ほどiPhoneを選ぶ傾向があり、20代以下では70%以上が利用しています。

複数回答のため、両機種を持つ人も若干いるようです
続きを読む

このページのトップヘ