ワンdayワンnews

  • ホーム
  • RSS

ドイツ

images7-thumbnail2

【サッカー】「パスタが美味すぎて…」長谷部誠の同僚だった元ガーナ代表MFがフランクフルトを退団した驚きの理由

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1536749932/

1: 2018/09/12(水) 19:58:52.89 ID:CAP_USER9
起用法、移籍金、そしてチーム事情に人間関係…選手が新天地を求める理由は様々だ。しかし、“食”を理由に移籍を決めるのは、かなり珍しいケースと言えるだろう。ある選手の移籍理由が話題を呼んでいる。元ガーナ代表MFのケビン・プリンス・ボアテングだ。

2017年8月から2年間、元日本代表MFの長谷部誠とともにブンデスリーガのフランクフルトに在籍したボアテングは、中心選手としてチームを牽引。昨シーズンには、決勝でバイエルンを撃破してのDFBカップ制覇にも貢献していた。

そんな31歳のベテランは、今夏の移籍市場でセリエAの小クラブ、サッスオーロに移籍した。一体なぜ、ボアテングは安住の地を捨て、4年間プレーしたミラン時代以来となるカルチョの世界に舞い戻ったのか? その驚きの理由を本人が語った。

サッスオーロの地元メディア『Canale Sassuolo』の取材に応じたボアテングが明かした移籍理由は、なんと、「そこにパスタがあるから」
だったのだ。元ガーナ代表は、次のように語っている。

移籍を決めた理由かい? フランクフルトに比べ、サッスオーロにはミラノへ向かえるハイウェイがあるし、そして何よりここにはパスタがあるんだ。美味すぎるパスタがね。最近行ったレストランで食べたのは最高だった。厨房にまで入っていってシェフを抱きしめたほどさ

確かにサッスオーロがあるイタリア北東部のエミリア=ロマーニャ州は、世界でも有数の“美食処”だ。「イタリアチーズの王様」とも呼ばれるパルミジャーノ・レッジャーノやボローニャソーセージ、ロマーニャワイン、そして「タリアテッレ・アル・ラグー」と呼ばれるボロネーゼなど、食の誘惑は多い。

もちろんそれだけが移籍理由ではないだろうが、ボアテングが“食”の誘惑に負けたのも無理はないか(?)。しかしながら本人は、
ここの食い物は美味すぎて普通じゃない。だから太らないように気をつけないと」と続け、グルメとしての顔を覗かせた。

セリエAの第3節が終了した時点で2位と、好調な滑り出しを見せているサッスオーロ。今週末には、クリスチアーノ・ロナウドを擁するユベントスとの大一番を控えているが、そこでボアテングのパスタ・パワーは炸裂するだろうか?

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180912-00047180-sdigestw-socc

続きを読む

【国際】メルケル独首相、難民の本国送還強化を表明
shutterstock_153049277-570x380

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534510507/

1: 2018/08/17(金) 21:55:07.13 ID:CAP_USER9
https://jp.reuters.com/article/germany-merkel-idJPKBN1L20ER

[ドレスデン 16日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は16日、受け入れを拒否した難民を巡る本国送還の迅速化に向け、取り組みを強化すると表明した。首相の難民政策を巡って数百人の極右活動家が首相辞任を求めるデモを行ったことを受けた。

反イスラム運動「ペギーダ(PEGIDA)」がデモ活動を組織。メルケル首相が自身率いるキリスト教民主同盟(CDU)の地方議員と面会するため東部ザクセン州のドレスデンに到着すると、デモ隊は「メルケルはやめろ」などと連呼した。

首相は地元議員との面会後に記者会見で「全ての問題が解決していない状況にあることを明確にしたい。特に本国送還は依然として大きな問題だ」と指摘。「連邦政府は必要書類の獲得支援を中心にさらなる責任を引き受ける」と述べた。

地元当局は難民がパスポートを所持していなかったり、諸外国が難民向けに暫定的な身分証明書類を発行するのに消極的だったりするために、受け入れを拒否した難民の本国送還に支障を生じることがあるとしている。

続きを読む

【サッカー】<マテウス>「俺は日本を恨んでいるんだ!」「はっきり言って、日本なんて1試合も勝てないんじゃないかと思っていた」
800-1503845380

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532071193/

1: 2018/07/20(金) 16:19:53.94 ID:CAP_USER9
ドイツ代表として、1982年スペインW杯から1998年フランスW杯まで、実に5回のW杯に出場。1990年イタリアW杯では優勝を果たしているローター・マテウス。まさにレジェンド中のレジェンドと言っていいだろう。

 だが一方では、歴代のドイツ代表のなかでも、かなり奔放なイメージを持たれている人物でもある。現役引退後は世界各地で監督をしているが、たった数カ月で性格の不一致により(?)、ブラジルのチームを投げ出したこともある。プライベートでも結婚5回と、かなり破天荒だ。

 今回のロシアW杯では、カタールに本拠地を置くスポーツチャンネルbeINの解説者として多くの試合を観戦していた。そんなマテウスを直撃した。

 マテウスは開口一番、こう叫んだ。

俺は日本を恨んでいるんだ!

 どういうことだろう。

俺は日本の試合を3試合、解説した。大会前は、はっきり言って、日本なんて1試合も勝てないんじゃないかと思っていた。ところが初戦のコロンビア戦を見て、俺の考えはコロっと変わってしまった。あの試合の日本は落ち着いていて、相手が誰であろうと何の心配もしていない感じで、ただ自分たちのサッカーをすることに集中していた。プレーのシステムも気に入った。だから俺は試合後にテレビで、日本は大会最大のダークホースになるぞと宣言したんだ

 セネガルとも互角に戦う日本を見て、マテウスはその確信を深めたという。

だからベルギー戦では、俺自身もドキドキしながら試合を見ていた。ここで日本が勝ったら、俺は預言者となれるかもしれない。読みの深い名解説者として、大人気になれるかも、とね

 だが、日本は2-0とリードしていながら負けてしまった。

本当にがっかりだったよ。あの数分間の子供みたいなプレーがなかったら、日本はもっと先まで行けたかもしれない。でも、良くも悪くも日本のサッカーは子供のサッカーみたいに純粋だった

 日本以外のチームについてもマテウスは話してくれた。まずは祖国ドイツをバッサリ。

あんなプレーを見せるくらいなら、ドイツはドイツから出るべきではなかったね。ただ世界に恥をさらしただけだった。やる気も見られなかった。最悪だ

 また、何かと取りざたされるネイマールについてもひと言。

つづく

7/20(金) 15:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180720-00010005-sportiva-socc

続きを読む

ドイツさん、とんでもないソーセージを発売してしまう
wc2018-germany-fan-20180623

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1529963568/

1: 2018/06/26(火) 06:52:48.36 ID:hXarBgw70
no title
【参考画像】引用元:https://www.google.co.jp/ミネイロンの惨劇
no title

2014 ブラジルワールドカップ
準決勝 ブラジル 対 ドイツ 試合結果

続きを読む

【サッカー】ドイツ1次リーグ敗退!韓国に敗れる
644c5d05-3465-5187-612f-4092b3b9e31f

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530115273/

1: 2018/06/28(木) 01:01:13.00 ID:CAP_USER9
6/28(木) 0:59配信
ドイツ、韓国に敗れる!史上初のGL敗退!!“呪い”前回王者は3大会連続GL敗退

[6.27 ロシアW杯F組第3節 韓国2-0ドイツ カザン]

 大惨劇だ。FIFAランキング1位、前回大会王者のドイツ代表が韓国代表と0-2で敗れ、グループリーグでの敗退が決まった。

 ドイツは今大会の初戦でメキシコに0-1で敗戦。第2戦のスウェーデン戦は後半アディショナルタイムの劇的弾で辛くも勝利していたが、スウェーデンと同勝ち点の3位で最終節を迎えていた。

 勝ち点6で首位のメキシコと同3で2位のスウェーデンが激突。最下位の韓国との対戦を残した同3で3位のドイツを有利とする下馬評は高かったが、韓国もわずかに決勝トーナメント進出の可能性を残していることから油断できない試合になっていた。

 予想通り、ドイツにとっては難しい試合になった。前半19分には韓国にゴール前でFKを与えると、MFチョン・ウヨンにブレ球のFKを許す。GKマヌエル・ノイアーはキャッチに行くがこれをミス。ただ詰めたFWソン・フンミンよりわずかに先にこぼれ球に触って、事なきを得る。

 ドイツのチャンスは前半39分、右CKの流れからファーサイドで折り返すと、混戦でDFマッツ・フンメルスが決定機を迎えるが、GKチョ・ヒョンウにキャッチされ、先制点にはならなかった。

 スコアレスで折り返した後半もなかなかスコアは動かない。時間が経過するにつれて焦るドイツ。前がかりとなったところでボールを奪われ、韓国にカウンターを許す場面も徐々に表れるが、何とかDF陣が踏ん張って、失点だけは防ぐ。しかし焦れば焦るほど、ボールは繋がらない。

 逆に後半アディショナルタイム3分、韓国のDFキム・ヨングォンにゴールを決められてしまう。最初はオフサイドと判定されたが、VARによってゴールが認められた。さらに同アディショナルタイム6分には、GKノイアーも上がっていた無人のゴールにソン・フンミンに流し込まれてしまった。

 負の連鎖。前回大会優勝国として臨んだチームはこれでイタリア、スペインに続き3大会連続でグループリーグで姿を消すことになった。過去優勝4度、準優勝4度を誇るドイツだったが、“呪い”は断ち切れず。初のグループリーグ敗退という結果で大会を去ることになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-01655639-gekisaka-socc


続きを読む

【サッカー】メキシコがドイツ破る大波乱…ドイツの初戦黒星は82年以来
MEX

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529254287/

1: 2018/06/18(月) 01:51:27.22 ID:CAP_USER9
6/18(月) 1:50配信
スポーツ報知
メキシコがドイツ破る大波乱…ドイツの初戦黒星は82年以来

  グループF注目のカードで波乱が起きた。メキシコがFIFAランク1位で連覇を目指すドイツを1―0で下し、下克上に成功した。

 前半35分。自陣でボールを奪ったメキシコが、カウンターへ。FWエルナンデスがFWベラとの素早いパス交換で前を向いた。ドリブルで持ち運ぶと、左サイドを駆け上がってきたFWロサーノへ。22歳の有望株はエリア左で鋭く切り返し、DFを置き去りに。すぐさま右足を振り抜き、ゴール左スミへと突き刺して先制した。

 ドイツは序盤からボールを支配して主導権を握ったが、メキシコの高速カウンターでピンチを招くシーンが目立った。後半15分にMFケディラを替えてFWロイスを投入すると、同34分にDFプラッテンハルトをFWゴメスに変更。攻撃の枚数を増やして攻勢を強めたが、前回大会でブレイクしたメキシコGKオチョアの壁を破れなかった。

 7大会連続1次リーグ突破を目指すメキシコは、後半28分にスペイン・バルセロナなどで活躍した39歳のベテランDFマルケスを投入。これで5大会連続出場を果たしたレジェンドを中心に守り切った。メキシコの過去最高は70、86年大会のベスト8。前回はオランダに敗れてベスト16止まりだったが、優勝候補から勝ち点3を奪う最高の滑り出しとなった。

 ドイツは、W杯では06年母国開催の準決勝(対イタリア)以来、2大会8試合ぶりの黒星。初戦黒星は82年スペイン大会以来の屈辱となった。1934、38年のイタリア、58、62年のブラジルに続き史上3チーム目となる大会2連覇へ、好スタートを切れなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010000-spht-socc

続きを読む

【サッカー】どうしたW杯王者ドイツ…5戦未勝利、さらにオーストリアに32年ぶりの敗戦
32654026_167420063955455_3849899003554562048_n

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1528007915/

1: 2018/06/03(日) 15:38:35.12 ID:CAP_USER9
2014年ブラジルW杯優勝国のドイツ代表がここ最近勝てていない。やはり、『コンフェデレーションズ杯の優勝国は、翌年のW杯で優勝できない』というジンクスを打ち破るのは難しいのだろうか。

 2日、ドイツは国際親善試合でオーストリア代表と対戦。守護神マヌエル・ノイアーが復帰を果たし、前半11分にはMFメスト・エジルが先制点を奪って、そのままドイツが勝利するかと思われた。しかし、後半8分にセットプレーから同点に追いつかれると、24分にも追加点を許し、1-2でまさかの逆転負けを喫した。

 ドイツはこれで昨年11月10日の国際親善試合イングランド戦から5試合白星なし(3分2敗)。さらにデータサイト『オプタ』によると、ドイツがオーストリアに敗れたのは、1986年10月以来、約32年ぶりのことだという。

 W杯連覇を狙うドイツは今後、8日にサウジアラビアとの国際親善試合を控えているが、勝って本大会に臨むことができだろうか。なお、ドイツは本大会グループリーグで17日にメキシコ、23日にスウェーデン、27日に韓国と戦う。

10月8日:○5-1アゼルバイジャン(W杯予選)
11月10日:△0-0イングランド(親善試合)
11月14日:△2-2フランス(親善試合)
3月23日:△1-1スペイン(親善試合)
3月27日:●0-1ブラジル(親善試合)
6月2日:●1-2オーストリア(親善試合)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-01654586-gekisaka-socc

続きを読む

【サッカー】ポドルスキが語る日本サッカー「環境が整っているわりには国民からあまり興味を持たれていない」

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1522359130/

1: 2018/03/30(金) 06:32:10.48 ID:CAP_USER9
昨年7月の来日から約半年が経ったいま、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは新たな挑戦の場として選んだ“ニッポン”での「冒険」で、何を感じ取っているのか。世界的な名声を得たストライカーが、その旅路で抱いた想いを語ってくれた。 

――1月17日の初練習は、阪神淡路大震災における犠牲者への「黙祷」から始まりました。どんなことを感じましたか?

「この街にとって、特別な日だという認識はもちろんありました。阪神淡路大震災が起きた当時の映像から多くを学びましたし、(初練習)当日は東遊園地で行なわれた追悼の集いも目にしましたよ。また、神戸の街に建てられている追悼モニュメントなどを通して、あの日、神戸市をはじめとする周辺地域が僕の想像を超えて大変な状況に陥っていたと悟りました。その1月17日を今回初めて日本で過ごしましたが、僕にとっても多くを学ぶ、特別な1日になりました。
同時にこの日を通じて、改めて神戸市民の強さも実感できました。というのも、僕がいま目にしている神戸の街はとても美しい街だからです。これは神戸市民の皆さんが、再び自分たちの街を取り戻そうと立ち上がり、力を尽くしてきた証でしょう」

――このオフには母国でもチャリティマッチなどの慈善活動に精力的に参加されていました。そこに込められた想いを聞かせてください。


「チャリティマッチは5年ほど前から続けていて、集まった資金は財団を通してドイツや出身地であるポーランドの子どもたちに届けています。僕が参加する慈善活動はすべて助け合いの精神に基づくもので、特に子どもたちを援助したいという思いは常に僕の心にあります。
というのも僕自身もケルンのアカデミー時代は、憧れの選手にサインや写真撮影をお願いし、温かく接してもらえたことがとても嬉しかったからです。その時に感じた思いを、今度は僕が行動することで子どもたちや僕を応援してくれる人たちに感じてもらえれば嬉しいし、少しでも子どもたちの心に何かを残したいと思っています」

――かつてはサッカー少年だったご自身も今や世界的な名プレーヤーになりました。そのキャリアは子どもの頃から夢見ていたものでしたか?

「サッカーをしている多くの子どもたちと同じように、当時の僕もプロサッカー選手になりたい、トップリーグでプレーしたい、代表選手になってワールドカップを戦いたいという夢を描いていました。
ただ、その夢の実現のために何か特別なルートを歩んできたわけではありません。トレーニングでハードワークすることだけを心がけ、脇目もふらずにそれを毎週、毎月、毎年と積み重ねてきたことが今のキャリアに繋がったし、その戦いは今も続いています」(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください。

ソース/サッカーダイジェスト
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=37934
no title

ルーカス・ポドルスキ(独: Lukas Podolski, 本名 : ルーカス・ヨーゼフ・ポドルスキ, 独: Lukas Josef Podolski, 1985年6月4日 - )は、ドイツのサッカー選手。ポーランド・グリヴィツェ出身のポーランド系ドイツ人。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。元ドイツ代表。ポジションは主にフォワードを務めるが、サイドハーフやトップ下としてもプレーする。愛称はポルディ。

プレースタイル
左足から放たれる強力なシュートが持ち味であり、スピードを生かした縦への突破からゴール前の味方選手に対してライナー性の高速クロスを供給するなどチャンスメイク能力も高い。ポジションはセンターフォワード、トップ下、左右のサイドハーフを務めることが可能で、サイドで起用された際には「囮のフォワード」としての役割を担うが、本人は中央でのプレーが最適と考えている。


続きを読む

download-2
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2017/12/22(金) 18:26:13.56 ID:dZp8P+bQ0 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
日本における死刑執行について
2017年12月19日

日本において再び死刑が執行されたことを受け、
ドイツ連邦政府の人権政策・人道支援担当委員を務めるベアベル・コフラー ドイツ連邦議会議員は本日(12月19日)、次の談話を発表しました。

「日本において死刑が執行されたと聞き、衝撃を受けている。
本日(19日)、2人の死刑が執行された。そのうち1人は、犯行当時日本法では未成年であった。
2012年12月以降の死刑執行は計21人となった。

死刑は非人道的かつ残酷な刑罰である。
ドイツ政府は、いかなる状況下であっても死刑制度に反対する立場であり、
今後もEU各国とともに世界における死刑制度廃止に向け積極的に取組んでいく。
犯行時に未成年だった元少年に対する死刑執行は、国際的な人権基準とは相容れない。

ドイツと日本は緊密なパートナーであり、多くの課題について信頼に満ちた協力を行っている。
日本国政府に対しては、従来の制度運用を見直し、死刑執行を停止するよう呼びかけたい。
日本においては、死刑制度廃止について市民社会による開かれた議論が行われている。
こうした議論は、対話の重要な契機となるものであり、これを歓迎する」

日本における死刑執行について(ドイツ外務省プレスリリース)
http://www.japan.diplo.de/Vertretung/japan/ja/03-Themen/032-Politik/Menschenrechtspolitik/05-Bundesbeauftragter/20171219-PM-todesstrafe.html

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1513934773/

続きを読む

images-2
1: 風吹けば名無し 2017/12/21(木) 08:56:26.94 ID:QR3uo0zA0
、日本人「確かに不思議だ」 日独の価値観は真逆?

SNS上で先日、ドイツ人と日本人の「食の嗜好」に関する会話が話題となりました。 

投稿によると、ドイツ人が投げかけた疑問「なぜ日本人は肉、魚、野菜、果物、菓子などあらゆる食べ物で『柔らかい=おいしい』なの?」に対し、
日本人の投稿者は「言われてみれば確かに不思議だ」「ドイツだと、じゃがいもなら身がしっかり詰まったメークイン系がよいとされ、柔らかくて崩れやすい男爵系は安物と勘違いされる」「歯ごたえのある黒パンが基本」と分析しています。

これを受けて「固いものは味がしみてないからじゃない?」「米が主食だから?」「日本には乾物もあるのにね」など、さまざまな声が上がっていますが、専門家の見方はどのようなものでしょうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171221-00010000-otonans-soci

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1513814186/

続きを読む

このページのトップヘ