one day one news

ネタ・ニュース・ネット上の話題についてまとめてます。 Twitterフォローしていただけると嬉しいです!

  • ホーム
  • RSS

テクノロジー

【中国】2020年に街灯の代わりとなる「人工月」を打ち上げると発表 明るさは本物の月の「8倍」、直径10-80Kmのエリアを照射

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539836669/

1: 2018/10/18(木) 13:24:29.48 ID:CAP_USER9
no title


・中国に街灯の代わりとなる「人工月」が打ち上げられる予定
・人工月には太陽光を反射させるパネルが取り付けられており、その角度を変化させて照射位置を調整する
・その明るさは本物の月の「8倍」にも及び、直径10-80Kmのエリアを照らすことが可能

中国の歴史的都市「成都市」において、壮大なプランが浮上しています。なんと、宇宙に「巨大な人工月」を打ち上げて、街灯の代わりに街を照らしてもらおうというのです。

打ち上げの予定は2年後の2020年。その輝きは本物の月の「8倍」ほどになるとされており、直径で10-80キロメートルのエリアを明るく照らすことができるとのことです。先週、成都市で行われたイベント “2018 National Mass Innovation and Entrepreneurship” において、中国の宇宙開発企業「中国航天科技集団」がこの計画を発表しています。

打ち上げのテストは数年前から実施されており、2020年の打ち上げに向けての技術的な準備は完了しています。また、中国航天科技集団は中国の宇宙開発を請け負う主要企業ですが、この計画が中国政府の支援を受けているのかについては不明です。

no title


この「人工月」には太陽光を反射させられるパネルが取り付けられており、その角度を変化させることで、照射位置を調整します。

世界を見渡すと、過去にも同じように太陽光を利用した例があります。2013年、「太陽が届かない街」として有名であったノルウェーの谷底の街、リューカンに「3つの鏡」が設置されました。コンピューター制御されたその鏡は、間接的ではありますが、街に待望の「日光」を届けることに成功しています。

また、1990年台にはロシアが人工衛星 “Znamya” を打ち上げ、太陽の光を地球の夜間地域に反射させて、その地点を明るくすることに成功しています。その後もサイズを大きくした “Znamya2.5” が計画されましたが、こちらは打ち上げに失敗。開発者はさらなる挑戦への資金調達ができずに、結局その構想が実現することはありませんでした。

「人工月」の登場によって懸念されるのは「夜行性の動物」への影響ですが、光学の専門家は、この人工月の光は「夕暮れどき」のようなほのかなものであり、動物のルーティーンに影響が出ることは考えにくいと説明しています。

2018/10/18 nazology.
https://nazology.net/archives/22493

続きを読む

gatag-00013528

産総研、イラスト画像をレイヤーに分解する手法を発表。分解したレイヤーをPhotoshopやGIMPなどで編集

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/moeplus/1539321784/

1: 2018/10/12(金) 14:23:04.28 ID:CAP_USER
産業技術総合研究所の研究者らは、イラスト画像を入力に、レイヤーに分解する手法を発表しました。

論文:Decomposing Images into Layers with Advanced Color Blending
https://koyama.xyz/project/color_unblending/

本論文は、ターゲット画像をハードライトや乗算などのカラーブレンドモードとして、半透明レイヤーに分解する手法を提案します。

ユーザは、入力であるターゲット画像のレイヤーの数、各レイヤーのカラー分布、カラーブレンドモードを指定することで、様々な分解を探求することができ、生成したこれらのレイヤーをPhotoshop、GIMP、After Effectsなどにインポートし、ターゲット画像上で編集することを可能にします。これにより、レイヤーベースにエフェクトを容易に適応することができます。

また、上図のような新しいデジタルペインティングのワークフローも提案します。最初に、PaintsChainerなどの線画自動着色サービスを用いて、スケッチからカラー画像を生成し、本提案手法を用いて分解、必要に応じて手動で各レイヤーを個別に編集し、最後に画像を再合成することで出力するといったワークフローです。

no title

ezgif.com-optimize (32)
【GIF:クリックで見れます】

Decomposing Images into Layers with Advanced Color Blending (Pacific Gra... https://youtu.be/zUNyAIj-Mno



https://shiropen.com/seamless/decomposing-images-into-layers-with-advanced-color-blending

続きを読む

【製品】ソニー、一体成型で丈夫な設計のSDメモリーカード

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1538649854/

1: 2018/10/04(木) 19:44:14.88 ID:CAP_USER
no title

ソニーは、物理破損強度を高めたSDカード「SF-G シリーズTOUGH(タフ)仕様」を発表した。記憶容量は32GB(SF-G32T)、64GB(SF-G64T)、128GB(SF-G128T)の3種。UHS-II対応で、転送速度は書き込み299MB/秒、読み込み300MB/秒。発売日は32GBと64GBが10月20日、128GBは11月24日をそれぞれ予定している。価格はオープン。

2017年4月に発売された、高速なデータ転送が特徴の同社製SDカード「SF-G」シリーズに強靭性、防水性、防塵性を加味したタフネス仕様。物理的な形状は従来のSDカードと同様で互換性を保つが、成型構造の見直しが図られている。

従来のSDカードでは、メモリーを2枚のポリカーボネート外装で挟みこむ方法で成型されていたが、本カードではメモリーと外装を一体成型することで物理的な衝撃耐性を高めている。また素材も見直すことで、従来のSDカード比で約18倍の曲げ強度を実現。約18kgの加重と約5mの落下衝撃に耐えるとしている。防水・防塵性能もIP68相当の耐性を実現。テスト結果では水深5mに72時間沈めても問題なかったという。

この他、一般的なSDカードで設けられている端子部のリブ(段差)を無しにすることで、抜き差しの繰り返しなどによる破損を抑制。ライトプロテクトスイッチも廃止した。

物理的な強度を向上させるとともに、ソフトウェア面からもデータの保護性能を高めた。従来どおり、同社製メモリーカードに付属するファイル復旧ソフトウェア「ファイルレスキュー」の他に、SD診断ソフト「SD Scan Utility」が利用できる。

SD Scan Utilityは、メモリーカードの状態を診断するソフトウェア。タスクバーに常駐し、カード挿入時に書き込みエリアの消耗具合を判断。グラフィカルに状態を伝えるという。撮影前にカードの状態をチェックすることで実撮影時でのトラブル防止に役立つとしている。今回の製品には、上記診断用のコントローラが入っているという。

型番および容量、店頭予想価格(税別)
SF-G128T(128GB):4万円前後
SF-G64T(64GB):2万円前後
SF-G32T(32GB):1万4,000円前後
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1145656.html

続きを読む

【宇宙】はやぶさ2の探査ロボ・ミネルバ、リュウグウ着陸に成功 世界初(画像あり)

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537619779/

1: 2018/09/22(土) 21:36:19.50 ID:CAP_USER9
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、探査機「はやぶさ2」から分離した小型探査ロボット2台が、小惑星「リュウグウ」に着陸したと発表した。小惑星の上を移動できる探査機が着陸に成功したのは、世界で初めて。

 JAXAによると、2台の探査ロボ「ミネルバ2―1」は21日午後、リュウグウの高度55メートルで分離。重力が極めて小さいため、着地した勢いで再び飛び去らないよう、秒速数センチでゆっくりと接近した。着陸時は、地表でバウンドを繰り返したとみられる。

 着陸の成否を判断するためロボが撮影した画像データは、はやぶさ2に送られてから地球に転送されたため、確認できたのは実際の着陸から30時間以上後だった。

 2台のロボは今後、内蔵モーターを回転させた反動を使い、リュウグウの地表を跳ねて移動しながら、温度を測ったり、画像を撮影したりして、10月に予定されているはやぶさ2本体の着陸に備える。

 2005年に小惑星「イトカワ」に到着した初代のはやぶさも、同様の探査ロボを積んでいたが、正常に分離できず着陸は失敗しており、今回が再挑戦だった。

 吉川真・ミッションマネジャーは「13年前のはやぶさの時に達成できなかった小惑星表面での移動探査が成功して感無量。表面の至近距離から撮影された画像には感動した」としている。(小宮山亮磨)
     ◇

 <リュウグウ> 地球と火星の軌道付近を回る直径約900メートルの小惑星。コマのような形で、表面に複雑な凹凸や最大直径約200メートルのクレーターがある。太陽系が誕生した46億年前ごろにできたと考えられ、内部には当時の状態を保った砂や有機物が含まれている可能性がある。


9/22(土) 20:47配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00000058-asahi-soci
ミネルバが小惑星リュウグウの表面(左)から飛び上がった瞬間に撮影した画像(JAXA提供)
no title

続きを読む

教授「100年後のAIにも出来ない仕事は何ですか」←答えられなくて積んだンゴ!!!
illustrain02-machine17

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526406394/

1: 2018/05/16(水) 02:46:34.04 ID:jf023k5gd
何が正解やったんや

続きを読む

ワイ(1997年)「FF7スゲェ!こんなんほぼ実写やん!」
FF7

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1521893958/

1: 2018/03/24(土) 21:19:18.19 ID:G8QyWkACa
ワイ(2001年)「FF10スゲェ!こんなんほぼ実写やん!」




ワイ(2017年)「ニーアオートマタスゲェ!こんなんほぼ実写やん!!!」

続きを読む

このページのトップヘ