ワンdayワンnews

  • ホーム
  • RSS

スポーツ

【悲報】元プロ野球選手「夏の酷暑に甲子園で戦ってきたから成長できた!甲子園じゃないと意味ない!」
20170922-OHT1I50112-T

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1533172376/

1: 2018/08/02(木) 10:12:56.44 ID:2eT9QWbXM
元プロ野球選手の多くは「甲子園でやらないと意味がない」と口を揃える。
また、酷暑の夏に甲子園で戦ってきたから成長できた、とも補足する。
言うまでもなく、元プロ野球選手の大半は甲子園の経験者か、それを真剣に目指していた者だ。
その過酷さを乗り越え、のちにプロ野球という夢を掴んだ希少な成功者だ。

先日もフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」の中で、
かつて報徳学園のエースとして夏の甲子園を制した野球評論家の金村義明氏が
「甲子園でやらなきゃ意味がないんです」と主張した。


同氏は「どんなつらいことでも甲子園に出るために我慢できた」などの体験も披露し、経験者ならではの持論で理解を求めた。

もちろん、これはもっともな話であり、そういう一部の“成功者”は甲子園にこだわるに決まっている。
しかし、本来こういう問題は希少価値の高い成功者が語るものではなく、その成功者の背後に大勢いるはずの敗者や、
その周辺で客観的に取材・研究してきた外部の有識者によって検討されるべきだ。

成功者はそれで成功したのだから保守的になって当然。
極端に言うと、この問題を考察する識者として、もっともふさわしくないのがプロ野球OBだろう。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/234411/2

続きを読む

【サッカー】<宇佐美貴史>W杯での本田圭佑の意外な姿を暴露!「ケイスケ君、もうこんな感じでした」
GettyImages-863966940-800x533

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532866018/

1: 2018/07/29(日) 21:06:58.06 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表MF宇佐美貴史(26)=デュッセルドルフ=が29日放送のフジ「ジャンクSPORTS」に出演。日本代表がベスト16入りしたロシアW杯において、MF本田圭佑(32)の意外な姿を暴露した。

 孤高なイメージを誇る本田が一変したのは1次リーグ最終戦・ポーランド戦後のこと。この試合、日本は0-1でリードされていたが、決勝トーナメント進出の条件を考えて同点を狙わず、そのまま試合を終わらせることを選択。終盤、攻撃をせずに自陣でパス回しに終始し、他会場の結果頼みで16強進出を決めた。

 賛否を巻き起こした戦略での決勝トーナメント進出に試合後、ベースキャンプへ戻る航空機の中では「暗い雰囲気だった」と宇佐美は語る。その空気を察知したのが、本田とDF槙野(浦和)であり、機内でカラオケをいきなり始めたという。「槙野、カラオケやるから音楽かけろって言って。最初ゆずから始まり、RIP SLYMEの時はケイスケ君、もうこんな感じでした」とノリノリのヒップホッパーのジェスチャーを見せた。

 宇佐美は、その本田について「思考がすごい」と感心する。自身はアンチたちにいろいろと言われることが気になり、ある時「アンチについてどう思っているんですか」と尋ねたという。すると本田は「愛情しかない」と即答。「彼らが成長して人の悪口など言わなくなることを切に願っている」と続けたという。本心かどうかは別として、その思考には驚いた様子だった。

7/29(日) 20:27配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000129-dal-socc

続きを読む

女プロゲーマー「私たちはボクシングと将棋を同時にやってるようなもの」 →世界チャンプ井上イラつく

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1532870709/

1: 2018/07/29(日) 22:25:09.32 ID:zj+f5GgdaNIKU
no title




no title

no title

続きを読む

【柔道】内柴正人が柔道界復帰 キルギスタンの代表総監督に就任
medium

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532823030/

1: 2018/07/29(日) 09:10:30.99 ID:CAP_USER9
内柴氏、キルギスタン代表総監督で柔道界復帰!総合格闘技参戦の可能性も

 アテネ、北京両五輪の柔道金メダリスト内柴正人氏(40)がキルギスタン柔道連盟総監督に就任したことが28日、分かった。内柴氏は14年に準強姦(ごうかん)罪で懲役5年の実刑判決を受けて服役。全日本柔道連盟からは永久追放処分を受けている。

 内柴氏の所属するALAVANCA柔術アカデミーの山田重孝代表が同国柔道関係者に内柴氏を紹介。そこから同連盟は内柴氏を総監督に招へいすることを希望し、2月から交渉を始めて今月に契約を結んだ。内柴氏は29日に同国へ出発する。

 山田氏によると、内柴氏は「一度追放になった人間が柔道界に復帰するということで、厳しい意見も多数あるかと思いますが、大切な仲間や人間を守るため、今後の柔道における可能性にかけ、重い決断をいたしました」などと話しているという。

 また、山田氏は総合格闘技大会「REAL」の代表でもあり、内柴氏が出場する準備があることを明かした。他団体に出場する可能性も十分にあるという。

http://news.livedoor.com/article/detail/15080707/
no title

キルギスタンで同国柔道関係者と写真に納まる内柴正人氏(前列中央)

続きを読む

【サッカー】<イニエスタの一時帰国>ファンからは失望と心配の声!「チケット買ったのに辛い…」「日本は暑すぎた?」

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532818772/

1: 2018/07/29(日) 07:59:32.31 ID:CAP_USER9
イニエスタの体調を案じる声も。
no title


7月28日、ヴィッセル神戸は、アンドレス・イニエスタが、スペインへ一時帰国すると発表した。

 同日に行なわれたJ1第18節の柏レイソル戦(1-0)で移籍後初先発を飾ったイニエスタは82分までプレーし、チームの勝利に大きく貢献した。しかし試合後、神戸は公式サイトで「家族と再来日するために、スペインに帰国する」と発表。再来日は「8月頭の予定」と明かした。


 これにより、8月1日に行なわれる19節・セレッソ大阪戦(金鳥スタ)、5日の20節・FC東京戦(味スタ)への出場は微妙となった。

 イニエスタの出場が見込まれていたこれら2戦は、いずれもチケットが完売。とりわけ、関東初上陸となるFC東京戦は大きな注目を集めていた。それだけに、楽しみにしていたサッカーファンの失望は大きい。

 SNSでは「え、どーして!」「味スタの試合のチケット買ったのに辛い……」「イニエスタ目当てでチケット買った人かわいそう」といったコメントが相次いで見られた。

 また、先のロシア・ワールドカップから間もないうちに来日し、ほぼ休みを取らずに試合に臨んだということもあってか、「代表戦の後から多忙だったからね」「日本の夏は暑すぎたのかな?」「何も焦ることはないよ。W杯組はみんなバカンスしてるんだから当然!」と、イニエスタの体調を心配するコメントも散見した。

 突然の帰国となったスペインの至宝。再びピッチ上で極上のプレーを披露してくれる時を、ファンの誰もが待ち望んでいる。

7/29(日) 5:47サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180729-00044752-sdigestw-socc


続きを読む

【サッカー】サッカー協会・田嶋会長が代表引退を表明の選手“復帰”に言及、長谷部・高徳・ケイスケホンダらを説得予定
post_23144_1

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532677893/

1: 2018/07/27(金) 16:51:33.01 ID:CAP_USER9
7/27(金) 16:32配信
サッカー協会・田嶋会長が代表引退を表明の選手“復帰”に言及

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)が、日本代表からの引退を表明した選手の“復帰”に言及した。ロシアW杯後、主将のMF長谷部誠(34=Eフランクフルト)とDF酒井高徳(27=ハンブルガーSV)が代表から引退することを表明。MF本田圭佑(32)も時期こそ明確にしていないが、次回W杯には出場しないことを明言した。だがいずれもまだ活躍が見込めるだけに、森保新監督が戦力として希望した場合、田嶋会長が選手の代表復帰を説得するという。同会長は「まずは森保が(選手と)話さなきゃいけない」とし、指揮官も交えて選手たちと話し合う機会を設ける考えだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000044-tospoweb-socc

続きを読む

【悲報】東京五輪、学徒動員が決定!!国から通達!!!!!!!
6aad4a546f5772aee1f331024cc869fb

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1532654190/

1: 2018/07/27(金) 10:16:30.58 ID:oqGZ4HtE0
https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20180727/k00/00m/050/180000c

スポーツ庁と文部科学省は26日、
2020年東京五輪・パラリンピックの期間中にボランティアに参加しやすいように
全国の大学と高等専門学校に授業や試験期間を繰り上げるなど柔軟な対応を求める通知を出した。

続きを読む

【週刊文春】日大・田中理事長が報復人事を発令
tanaka-rijicho1

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532502262/

1: 2018/07/25(水) 16:04:22.79 ID:CAP_USER9
◆日大・田中理事長が報復人事を発令

5月に発覚した日本大学アメフト部の悪質タックル問題について、7月末に第三者委員会の調査報告書が公表される予定だ。
だが現在、田中英寿理事長によって報復人事が進められていることが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

日大の34ある体育会の運動部の中で、最近になって2人の部長がクビになりました。
田中理事長の辞任を求める日大教職員組合の要望書に賛同し、署名したことが原因だと見られています
」(日大関係者)

7月上旬、日大本部直属の保健体育審議会の事務局から2人に対し、部長職を解任する旨の通告があったという。
日大教職員組合は、悪質タックル問題の病巣は学校法人のトップである田中理事長の独裁態勢にあると問題視し、いち早く批判の声を上げていた。

5月31日には大学側に上層部の“解体的出直し”を求める要望書を突き付け、6月11日には賛同する教員ら752人分の署名を提出しています。
その際、報復人事の恐れがあるため大学側に提出する名簿に氏名を公開していいか、個別に確認していたことが話題になりました。
その後はネットなどを利用して大学内外から約7000名の署名を集めました


今回の人事について、日大側に取材を申し込んだが、「個別の案件についてはお答えを差し控えます」と回答を避けた。
7月26日(木)発売の「週刊文春」では、部長を解任された2人の肉声に加え、田中理事長側近の背任疑惑について詳報している。

週刊文春 2018年8月2日号
http://bunshun.jp/articles/-/8269

続きを読む

【悲報】バルセロナFCさん、違法ギリギリの方法でマルコムを強奪してしまう
マウコム

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1532474552/

1: 2018/07/25(水) 08:22:32.46 ID:61O0EiKs0
23日、ローマとボルドーはマウコムの移籍でクラブ間合意に達したと発表し、選手とクラブ間の契約及びメディカルチェックを残すのみと考えられていた。しかし24日、急遽バルセロナが同選手の獲得に乗り出し、瞬く間に契約をまとめてしまった。

先日の報道では、ローマは3800万ユーロ(50億円)を提示してボルドーと合意に達していたが、バルセロナはセリエAのクラブよりも300万ユーロ(約3億円)ほど高額のオファーを提示して、土壇場になってマウコムの獲得に至ったようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000032-goal-socc


続きを読む

【野球】3.5キロ走らされた女子マネージャーの死を「美談仕立て」 朝日新聞の高校野球記事に批判殺到
DSCF9033_TP_V

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532429472/

1: 2018/07/24(火) 19:51:12.86 ID:CAP_USER9
昨夏、野球部の女子マネージャーが練習直後に倒れ亡くなった新潟県の加茂暁星高校が県大会の準々決勝で敗退した。このことについて、朝日新聞は亡くなった原因などには触れず、敗れた部員たちの女子マネージャーへの思いを中心に報道。記事には疑問や批判の声が多数寄せられ、炎上状態となっている。

朝日新聞は22日に「練習直後に倒れ…亡き女子マネジャーへ、捧げる2本塁打」との記事を掲載。「加茂暁星の今夏にかける思いは強かった」から始まる記事には、「ベンチには、昨夏、練習直後に倒れ、その後亡くなったマネジャーの女子生徒(当時2年)の写真が飾ってあった」「試合後、主将の佐藤由宜(3年)が、写真の中で笑う女子生徒を見て言った」など、女子マネージャーを引き立たせる表現が随所にみられる。また、主将の「甲子園に連れて行くという夢をかなえられなかったのが悲しい」との言葉や、女子マネージャーに「私のことをお母さんだと思えばいいじゃん」と言われた4番の思い出なども紹介。記事は、本塁打を打った4番の「ホームランボールと一緒に女子生徒に報告に行くつもりだ」との言葉で締められている。

当時2年生だった野球部の女子マネージャーは昨年7月21日、練習直後に倒れその後に低酸素脳症で亡くなった。この日は、移動に使っていたマイクロバスに怪我をした部員を乗せるため、監督は走って帰るよう指示。女子マネージャーは、男子部員たちと3.5キロ走って学校に戻った直後に倒れた。駆けつけた監督は、呼吸があると判断しAEDを使わなかったという。

記事ではこうした事故の経緯に触れず、部員たちの女子マネージャーへの思いのみを紹介しているため、ネットでは「美談にすべきではない」といった批判の声が殺到。また、朝日新聞が高校野球の主催者であることからも疑問の声が上がっている。

「学校に殺されたのに話を美化すんじゃない」

「いい話でもなんでもない」

「どうして美談になる?1年くらい喪に服して野球やらないってまらまだしも」

「亡くなった状況も問題なのに、それを美談記事に仕立て上げる感覚が分からない」

「再発防止や部員らの心のケアをどうしているのかも含めて記事にするべきで、こんなお涙頂戴の話の垂れ流しだけはやめてほしい」

「野球部が原因で死んだというのに大会出場を許した上美談にしちゃったよこの主催者」

「何が起こっても高校野球を続けたい意思を強く感じる」

「もうスタンドで熱中症で何人死のうが中止にならない気がする」

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0724/blnews_180724_8117254364.html


続きを読む

【話題】浜田雅功にサッカーファン怒った 「野球と比べて...」にカチン
20180404_asajo_hamada-2

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532338274/

1: 2018/07/23(月) 18:31:14.11 ID:CAP_USER9
 野球と比べて「サッカーにはわびさびが無い」――。お笑いコンビ「ダウンタウン」の浜田雅功さん(55)が、ロシアW杯でも活躍した日本代表MFの乾貴士選手(30)へ告げたこんな一言が、サッカーファンの憤激を買っている。

 問題視されているのは、2018年7月20日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)での一幕だ。番組にゲスト出演した乾選手に対し、浜田さんはサッカーよりも野球の方が魅力的だと冒頭のように力説したのだ。

■W杯は「1ミリも見てへんわ」

 乾選手は番組の人気企画「本音でハシゴ酒」に登場。その中で、ダウンタウンの2人に向かって「なんでサッカーに興味持ってくれないんですか?」と直球の質問をぶつける場面があった。

 「本当(サッカーに)興味ないですよね。僕、本当に思うんすよ」。
笑いながらこう切り出した乾選手は、

  「ダウンタウンさんのこと本当に好きで、色んな番組も見てるんですけど、サッカー全然(やらない)じゃないですか

と指摘。これを松本人志さん(54)は「いやいやいや、そんなこと無いですけど」とすぐさま否定し、

  「浜田さんが(編注・スポーツバラエティー番組の)『ジャンクSPORTS』をやってるから。僕があんまり前に出てもなってところがあって、割と抑え目にしてる

と冗談めかして釈明。そして「問題は浜田さんですよ。僕、今回のワールドカップ結構見ましたからね」と続けると、進行役の坂上忍さん(51)は、

  「きょうカメラが回る前に、浜田さんボソッと言ってましたよ。『(W杯)1ミリも見てへんわ』って

と暴露。これには乾選手も「何で、何でなんすか!? 」と驚いた様子でツッコミを入れていた。

乾「マジじゃいけないんですか!

 こうした流れの中で、浜田さんはまず「小学校2年間くらい、俺サッカーやってたんですけど」と明かした上で、乾選手の方をジッと見ながら、

  「すいませんけど、野球とサッカーを比べると、サッカーに『わびさび』無いでしょ

と言い放ったのだ。

 続けて浜田さんは、「もう(相手選手が)引退だから、最後はもうストレートでみたいのがあるんですよ、野球って」。そして、乾選手を指さしながら「マジやもん」「(わびさびが)無いんですよ、サッカーには」とも訴えていた。

 これに乾選手は「マジじゃいけないんですか!」と反論。浜田さんの言う「わびさび」についても、J1・サガン鳥栖へ移籍したフェルナンド・トーレス選手について、スペイン・リーグでの最終戦が「うちのチームとの試合だった」として、

  「その試合で、トーレスはスタメンで2点取ってました。もう、チームメイトが点を取らすように取らすようにしてましたから

と訴えたのだ。このエピソードを聞いた浜田さんは、「マジで?」と驚きを露わにしていた。

 こうした浜田さんの一連の発言が、ネット上のサッカーファンの間で物議を醸している。特に、野球と比較する形でサッカーを語ったことに反感を抱いたユーザーが多かったようで、ツイッターやネット掲示板には、

  「まずスポーツにわびさびとか言い出すのが意味わからない」
  「わびさびというか単純にサッカー知らないだけだろ」
  「逆に言えば野球はマジじゃない部分があると」
  「驚いたよ 曲がりなりにもスポーツ番組の司会やってる人間がサッカー嫌いを公言した」

  といった批判が相次ぐことに。なかには、相方の松本さんのツイッターに直接リプライ(返信)する形で、サッカーの魅力を力説するユーザーまで現れていた。

 一方、野球ファンとみられるユーザーからは、「サッカーにわびさびは確かに無いわ」「浜田の『サッカーはマジやもん』ってのは分かる。ファンの雰囲気が」といった共感の声も出ていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000008-jct-ent


続きを読む

【サッカー】<神戸がバルサ化>育成スペシャリストら裏方3人加入!イニエスタを育てた超大物を獲得したと発表
GettyImages-946302886-800x533

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532214648/

1: 2018/07/22(日) 08:10:48.82 ID:CAP_USER9
ヴィッセル神戸が推定年俸32億5000万円で獲得したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)は今日22日のホーム湘南ベルマーレ戦でベンチスタートながらJデビューを飾る。吉田監督が21日の練習後「スタメンは難しい」としながら「どこかのタイミングで使う。彼の力が必要。ただ、お祭りで使うつもりはない。やはり超一流のすごい選手」と起用を明言した。

 その神戸はこの日、イニエスタを育てた超大物を獲得したと発表した。新スタッフとしてメディカルのエミリオ・リカル(57)、下部組織のアルベルト・ベナイジェス(63)マルコス・ビベス(43)の3氏の加入が決定。いずれも元バルセロナ所属で、イニエスタを介した入団となった。

 イニエスタ加入を機に神戸の「バルサ化」が着々と進む。3氏のうち、特に下部組織のベナイジェス氏は、バルセロナでイニエスタ、メッシ、ピケらを育て、クラブの黄金期の礎を築いた育成のスペシャリスト。神戸の三木谷会長は、イニエスタの人脈を通じて、育成エリアでの人材獲得を明言していたが、早くもその第1弾を現実にした。「チーム・イニエスタ」を組んでの神戸の変革。日本サッカー界への革命の革命もスタートする。【実藤健一】

7/22(日) 7:58配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00275867-nksports-socc

続きを読む

【サッカー】「分かる? マジで痛いんだって!」ネイマールがついに“過剰演技”への批判に弁明&反論!
news_247871_1

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532212924/

1: 2018/07/22(日) 07:42:04.54 ID:CAP_USER9
2018年7月22日 7時12分
「分かる? マジで痛いんだって!」ネイマールがついに“過剰演技”への批判に弁明&反論!

 ブラジルの至宝ネイマールが、ついにみずからの言葉で“風潮”に反論した。

 ロシア・ワールドカップの準々決勝ベルギー戦でブラジルは1-2の惜敗を喫し、ネイマールにとって2度目の檜舞台は幕を閉じた。悲嘆に暮れたスーパースターは試合後のミックスゾーンをスルーし、その後はブラジルでテレビのインタビュー取材には応じたものの、公の場にはいっさい姿を見せていない。

 そんななか、現地7月19日にサンパウロで開催されたイベントに登場。自身が代表を務める財団のチャリティーイベントで、思いの丈を語ったのである。

 沈黙を守っている間、巷ではSNSを中心に“ネイマールチャレンジ”が大流行。「ネイマール!」と言われたら倒れ込んで痛がる素振りを見せるリアクションで、世界中に拡散している。実はネイマ―ルはイベント前日に自身のインスタグラムで、子どもたちと“ネイマールチャレンジ”で楽しむ様子を投稿した。まさに自虐ネタだったが、こう考えていたようだ。

「ずっとそうやって茶化されているのは見ていたし、あれ自体はひとつのユーモアだと捉えている。昨日も子どもたちとふざけ合っているところを投稿したくらいだしね。まあそれはそれとして、僕のスタイルっていうのは、あくまでドリブルで仕掛けるところにある。対峙する相手にどんどん勝負を挑むんだ。これは昔から変わらないし、いっさいの妥協がない。彼らの前に立って、『おっとごめんよ、ゴールを決めたいからそこを通してくれないかい?』とお願いして通してくれる? そんなわけはないよね。みんな必死で止めにくるよ。反則してでも止めにくる。たいていの場合、僕は彼らより速いし軽やかだからね。で、レフェリーはなにをしてくれるのか。彼らはジャッジするためにいるんじゃないのかい?」


 では、痛がりすぎだ、オーバージェスチャーだと揶揄されていることについては?

「あのね、分かる? だれが好き好んでタックルに顔を歪めてばかりいる? マジで痛いし、実際に怪我を負わされるんだよ! だいたいゲームのあと、アイシングをして4、5時間はじっとしているくらいさ。まあいろいろと複雑な想いはあるけど、こればかりは経験しないと分かってもらえないのかもしれないな」

 常にブラジル代表のエースとして特大の重圧を受けている点については、「そこはさすがにもう慣れたよ。負けたらすべての責任は僕にある、そんな自覚を持って取り組んできたからね。かなり精神的に鍛えられたかもしれない」とクールに答えた。

 今夏のレアル・マドリー行きが盛んに噂されてきたが、そのイベントでもパリ・サンジェルマン残留を明言。ワールドカップから続いていたネガティブな空気を一掃しようと、努めて明るく振る舞っていた印象だ。

 新シーズンではさらにバージョンアップしたネイマールが見られるか。注目されるところだ。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15046752/

続きを読む

このページのトップヘ