ワンdayワンnews

  • ホーム
  • RSS

スポーツ

【サッカーW杯】GL勝ち上がり みんなでコロンビアに感謝するスレ
COL


引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530201527/

1: 2018/06/29(金) 00:58:47.68 ID:CAP_USER9

続きを読む

【朗報】イルベ民、日本代表を応援「アジアの希望」「16強進出祈願」「ファイティング」「ガーンバレ」
JPN

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530171989/

1: 2018/06/28(木) 16:46:29.90 ID:GkrFCDrm0
no title

no title



続きを読む

【悲報】ポーランド戦の会場、現在気温は41度
GettyImages-540695470

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530172134/

1: 2018/06/28(木) 16:48:54.03 ID:C5MP9e+/0
ポーランド戦のスタジアムの気温は41・3度…フジ永島アナが決戦前に生中継でリポート

 フジテレビ・永島優美アナウンサー(26)が28日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)で日本代表対ポーランド戦が行われるヴォルゴグラードアリーナから生中継した。(略)

 そして、「気になる気温なんですが」と温度計を取り出すと、気温41・3度、
湿度25パーセントと表示されていた。この猛暑に「40度超えしてます。暑いです。」と伝えて
いた。
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20180628-OHT1T50133.html

続きを読む

【サッカー】W杯“不評”キャスター佐藤美希の「巻き返し」がスゴい
20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae-21

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530102738/

1: 2018/06/27(水) 21:32:18.02 ID:CAP_USER9
テレビ画面に出るたびにブーイングが殺到していたのが、NHKのW杯キャスターに抜擢されたタレントの佐藤美希。
Jリーグ名誉マネージャーだったことが奏功して連日の試合中継やダイジェストで“顔を売る”チャンスをつかんだものの、あまりのサッカーへの無知ぶりとカミカミのしゃべり、そしてゲストへの稚拙な質問などの連発で「今すぐ辞めさせろ」「見てるだけで苦痛」「熱戦が台無し」など、サッカーファンのストレス要因としてネット上でも叩きまくられてしまった。

 ところが、ここにきて世間の彼女への評価が“てのひら返し”なのだとか。

「先週末あたりから、視聴者の声がガラリと変わりましたね。ネットを開けば批判のデパートという感じだったのが、『今日も可愛い』『美希ちゃんを見ないでは寝られない』など、声援のほうが上回るようになった。まるで、W杯前の強化試合で惨敗を続け批判も高まっていたのに、本番直前から、徐々に評判を上げてきた日本代表と同じなんです」(スポーツ紙芸能担当記者)

https://www.asagei.com/excerpt/107209

続きを読む

【サッカー】<小柳ルミ子>アルゼンチン突破に興奮「今迄こんなに人をチームを応援した事があるだろうか ない!! 始めてだ!」
2017071500006_1

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530091624/

1: 2018/06/27(水) 18:27:04.76 ID:CAP_USER9
芸能界屈指のサッカー通で知られる小柳ルミ子(65)が27日、ブログを更新し、心酔するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(31=バルセロナ)が26日(日本時間27日)のワールドカップ・ロシア大会1次リーグ・ナイジェリア戦の前半14分に利き足ではない右足で今大会初ゴールを決め、苦しみながらも2位での決勝トーナメント進出を果たしたことに「泣きそうです!!」と歓喜した。

 小柳は、世界中からメディアが集まったサンクトペテルブルクのスタジアムに設けられた、プレスセンターと思われる場所からの写真もアップ。「今迄こんなに人をチームを応援した事があるだろうか ない!! 始めてだ!!!!!! スタジアムに入った 凄い!!!!!!!!!!」(原文のまま)と、最高潮に高まった興奮をつづっている。

日刊スポーツ6/27(水) 17:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00251414-nksports-ent

続きを読む

【サッカー】C・ロナウド「ある国で非常に過酷な体験をしたことによってメンタルが鍛えられた」
GettyImages-871952620-800x533

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530037195/

1: 2018/06/27(水) 03:19:55.98 ID:3UiEwCQb0
あっ…(察し)

続きを読む

【サッカー】<レバンドフスキが“反骨の決意”>日本戦は「降伏できない」「失うものは何もない」
33242_ext_04_0

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530089410/

1: 2018/06/27(水) 17:50:10.46 ID:CAP_USER9
サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は26日に第3戦でポーランドと激突する。引き分け以上で突破が決まる一戦に立ちはだかるのは、すでに連敗で敗退が決まっているポーランド。

過去に2度、連敗で敗退確定後の第3戦で勝利しており、油断はならない。エースFWロベルト・レバンドフスキは「降伏はできない。失うものは何もない」と“反骨の決意”を燃やしている。ポーランドメディアが伝えている。

 ポーランドが誇るストライカーは本領を発揮し、ロシアを去る。ポーランドのスポーツ紙「PRZEGLAD SPORTOWY」によると、23日の会見に出席したレバンドフスキは日本戦に向け、闘志を燃やしたという。

我々は精神的に難しい状況を承知しているが、それでも我々は勝ち点と名誉のため世界大会をポジティブな手法で戦う

 こう語ったという背番号9。今大会は初戦のセネガルに1-2でまさかの敗戦。第2戦のコロンビア戦も敗れて連敗を喫し、前評判に反する形でH組脱落1号となってしまった。

 それでも、ブンデスリーガ得点王は「降伏はできない。出場して戦わなければならない。失うものは何もない」と語ったといい、ファイティングポーズを取っている。

 敗退が決まっていても、闘志を燃やしているストライカーを日本のディフェンス陣は止められるのか。決勝トーナメントに進むためには乗り越えなければならない壁だ。

Theanswer 6/27(水) 13:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180627-00027757-theanswer-socc


続きを読む

【ゴルフ】片山晋呉の問題点は「同伴アマがパッティング中に了解なくパッティング練習をしたこと」
20180606-00000566-san-000-view

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530090263/

1: 2018/06/27(水) 18:04:23.17 ID:CAP_USER9
国内男子ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)は27日、都内で定例理事会を開き、プロアマ大会で不適切な行動をとった国内男子ゴルフツアー通算31勝の永久シード保持者・片山晋呉(45)=イーグルポイントGC=にすでに課している30万円の制裁金に加え、厳重注意の処分を下した。

片山は理事会終了後、青木功会長(75)、石川遼副会長兼ジャパンゴルフツアー選手会長(26)らとともに騒動後初めて公の場で会見。黒のスーツにネクタイで厳しい表情を浮かべた。

当日の片山の言動について、同席したJGTO理事の野村修也・中大法科大学院教授は「同伴アマチュアの方がまだパッティングをしている最中に、片山プロが了解を取らずにパッティング練習に終始したことが問題だった」と説明した。

また、同教授は「アマチュアの方はこれまでのプロアマ戦で同伴したプロとあまりに違う片山プロの態度にかなりの憤慨をしておられた。しかし、片山プロは侮辱的な発言や暴言、行為などは一切取っておらず、むしろ、すみませんという対応をしていた」と続けた。

片山は5月30日に行われた日本ツアー選手権森ビル杯のプロアマで同組の招待客に不愉快な思いをさせ、プレーを断念させた。15日に文書で「当面の間、(ツアー)出場を自粛させていただく」と表明していた。

ソース/スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/golf/20180627-OHT1T50139.html

続きを読む

【サッカー】ドイツ1次リーグ敗退!韓国に敗れる
644c5d05-3465-5187-612f-4092b3b9e31f

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530115273/

1: 2018/06/28(木) 01:01:13.00 ID:CAP_USER9
6/28(木) 0:59配信
ドイツ、韓国に敗れる!史上初のGL敗退!!“呪い”前回王者は3大会連続GL敗退

[6.27 ロシアW杯F組第3節 韓国2-0ドイツ カザン]

 大惨劇だ。FIFAランキング1位、前回大会王者のドイツ代表が韓国代表と0-2で敗れ、グループリーグでの敗退が決まった。

 ドイツは今大会の初戦でメキシコに0-1で敗戦。第2戦のスウェーデン戦は後半アディショナルタイムの劇的弾で辛くも勝利していたが、スウェーデンと同勝ち点の3位で最終節を迎えていた。

 勝ち点6で首位のメキシコと同3で2位のスウェーデンが激突。最下位の韓国との対戦を残した同3で3位のドイツを有利とする下馬評は高かったが、韓国もわずかに決勝トーナメント進出の可能性を残していることから油断できない試合になっていた。

 予想通り、ドイツにとっては難しい試合になった。前半19分には韓国にゴール前でFKを与えると、MFチョン・ウヨンにブレ球のFKを許す。GKマヌエル・ノイアーはキャッチに行くがこれをミス。ただ詰めたFWソン・フンミンよりわずかに先にこぼれ球に触って、事なきを得る。

 ドイツのチャンスは前半39分、右CKの流れからファーサイドで折り返すと、混戦でDFマッツ・フンメルスが決定機を迎えるが、GKチョ・ヒョンウにキャッチされ、先制点にはならなかった。

 スコアレスで折り返した後半もなかなかスコアは動かない。時間が経過するにつれて焦るドイツ。前がかりとなったところでボールを奪われ、韓国にカウンターを許す場面も徐々に表れるが、何とかDF陣が踏ん張って、失点だけは防ぐ。しかし焦れば焦るほど、ボールは繋がらない。

 逆に後半アディショナルタイム3分、韓国のDFキム・ヨングォンにゴールを決められてしまう。最初はオフサイドと判定されたが、VARによってゴールが認められた。さらに同アディショナルタイム6分には、GKノイアーも上がっていた無人のゴールにソン・フンミンに流し込まれてしまった。

 負の連鎖。前回大会優勝国として臨んだチームはこれでイタリア、スペインに続き3大会連続でグループリーグで姿を消すことになった。過去優勝4度、準優勝4度を誇るドイツだったが、“呪い”は断ち切れず。初のグループリーグ敗退という結果で大会を去ることになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-01655639-gekisaka-socc


続きを読む

【朗報】ポーランド国民の93%が日本には勝てないと回答
GettyImages-540695470

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530009972/

1: 2018/06/26(火) 19:46:12.15 ID:rvEKfMyu0
2戦負けなしで運命の最終戦に臨む日本。対するポーランドファンは早くも戦意喪失気味だ。
ポーランド紙「fakt」は「ポーランドは日本に勝てる?」という読者投票を実施。日本時間26日午後4時現在、800票以上が投じられているが「YES」は7%、「NO」は93%と圧倒的な“ポーランドは日本に勝てない”という結果となっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180626-00027718-theanswer-socc

続きを読む

【サッカー】キンコン西野亮廣が持論「W杯の試合を応援するんだったらJリーグの試合も応援しなきゃいけないという謎ルールに痺れる!」
nishino

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530019188/

1: 2018/06/26(火) 22:19:48.51 ID:CAP_USER9
「にわかファン叩き」がコミュニティ潰す キンコン西野の持論に共感の声
6/26(火) 19:57配信 J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2018/06/26332311.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00000012-jct-ent

西野亮廣さん(2016年撮影)
no title


お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんが、サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)の盛り上がりを機に、「にわかファン叩き」の風潮に釘を刺した。

ビジネス本を出版するなど幅広く活躍する西野さん。「にわか」を否定することによる社会的な悪影響を指摘し、共感を集めている。

■「謎ルールに痺れる!」

西野さんは2018年6月26日に更新したブログで、「『にわかファン』を否定する人間のバカさ」について論じた。きっかけはロシアW杯だ。
ワールドカップが盛り上がっております。日本代表も善戦を続けていて、おかげで日本が活気づいているので嬉しいかぎりです」とまずは語る。

14日に開幕したW杯で、日本はコロンビアに勝利、セネガルには引き分けと、格上相手に無敗の快進撃。2大会ぶりの決勝トーナメント進出に向けてサポーターの期待も高まり、SNSなどインターネット上の各所ではサッカーの議論が展開されている。

その中で、西野さんは気になったことをこうつづる。

 「Twitterのタイムライン上に目につくのは、『ワールドカップの時だけ盛り上がる"にわかファン"がムカつく!』『普段、Jリーグの試合を観ていないクセに!』といった 『にわかファン』を否定するコメント

小さな字で「ワールドカップの試合を応援するんだったらJリーグの試合も応援しなきゃいけないという謎ルールに痺れる!」と皮肉も放った。

確かにツイッターを見ると「W杯で東京がワイワイやってるけどその多くはサッカー知らない流れに乗ってるだけのにわかとかいるんだろうな」
「にわかスポーツファンが一番嫌い」といった、「W杯の時だけサッカーに関心を示すにわかファン」に嫌悪感を示す声が少なくない。


■「新しく生まれるファンができなくなる」
西野さんはブログで、冷静にそうした「にわかファン叩き」を「論破」しにかかった。それもW杯やサッカーに限らず、あらゆる業界に当てはまる一般論で、

 「すべてのファンの入り口は『にわかファン』であるので(もちろん批判してる本人も元は『にわかファン』であった)、ここを否定してしまうと、新しく生まれるファンができなくなるので、当然、業界は先細ります

と主張。その上で、

 「つまり、『にわかファン』を否定することは、自分が応援している人(モノ)を間接的に潰すことになるわけですね

と忠告するように指摘している。

また、「こんなことは今に始まったことではなくて、ほとんどのコミュニティは風紀委員として過剰にドヤる古参が潰すことは歴史が証明している」と引き合いに出した。

そのため、自身のオンラインサロンでは、「『にわか』を否定する行為を徹底して認めません(場合によっては退会していただきます)」とルールを設けていることも明かした。
実際に会員数が増加しているとして、「大切なのは『にわかを否定しない』ということだと思います。結果で証明します」とつづった。

こうした考え方に対して、ツイッター上では「ホントそれ!」「これはほんとにそう思う」「にわかファン、ミーハーファンがいるから、成り立つんだよね」といった共感が集まっている。

続きを読む

【サッカー】メッシが待望の初ゴール、ロホが決勝弾! アルゼンチンが劇的勝利で決勝T進出!
20180623-OHT1I50006-T

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530042845/

1: 2018/06/27(水) 04:54:05.91 ID:CAP_USER9
6/27(水) 4:53配信
メッシが待望の初ゴール、ロホが決勝弾! アルゼンチンが劇的勝利で決勝T進出!

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が26日に行われ、ナイジェリア代表とアルゼンチン代表が対戦した。


 勝ち点3で2位につけるナイジェリアは勝てばグループステージ突破が決定。引き分けの場合は、同時刻開催のアイスランド代表対クロアチア代表戦の結果次第となる。一方、2戦未勝利で勝ち点1のアルゼンチンは勝利が絶対条件。そのうえでアイスランドが勝ち点を落とす、もしくは勝ち点で並んだ上で得失点差で上回ることができれば、決勝トーナメント進出となる。

 先制したのはアルゼンチン。14分、ロングボールでディフェンスラインの裏に抜け出したリオネル・メッシが絶妙なトラップでペナルティエリア内右に持ち込み、右足のシュートをゴール左に蹴り込んだ。ここまで苦しんできたエースの今大会初ゴールでアルゼンチンが早い時間にリードを得る。

 1点ビハインドのナイジェリアは後半立ち上がりに大きなチャンスを迎える。49分、CKの競り合いの中でレオン・バログンがハビエル・マスチェラーノに倒されると、主審はPKの判定。51分、このPKをヴィクター・モーゼスが冷静にゴール右に流し込み、1-1の同点に追いついた。

 再び1点が必要になったアルゼンチンはなかなか得点を奪うことができずに終盤を迎えたが、87分に猛攻が実る。右サイドから鋭いクロスが上がると、エリア内に走り込んだマルコス・ロホがダイレクトで合わせる。このシュートがゴール右に決まり、アルゼンチンが勝ち越しに成功した。

 試合はこのままタイムアップを迎え、アルゼンチンが2-1で勝利。同時刻の試合でアイスランドがクロアチアに敗れたため、アルゼンチンが2位に浮上し、逆転で決勝トーナメント進出を決めた。

 アルゼンチンは決勝トーナメント1回戦でC組1位のフランス代表と対戦する。

【スコア】
ナイジェリア代表 1-2 アルゼンチン代表

【得点者】
0-1 14分 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
1-1 51分 ヴィクター・モーゼス(PK)(ナイジェリア)
1-2 87分 マルコス・ロホ(アルゼンチン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00784805-soccerk-socc

続きを読む

このページのトップヘ