ワンdayワンnews

  • ホーム
  • Twitter
  • RSS

趣味

【サッカーW杯】韓国のチャン・ヒョンスがハンドでPK メキシコ先制! 
FIFA

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529768365/

1: 2018/06/24(日) 00:39:25.50 ID:CAP_USER9
ロシアワールドカップ1次リーグF組(23日=日本時間24日、韓国-メキシコ、ロストフナドヌー)黒星スタートの韓国 とドイツに勝利したメキシコが対戦した。

 前半の入りはメキシコペース。ベラ、ロサーノらが敵陣内でチャンスを作る。韓国はなかなか相手陣内まで攻め上がれない。
中盤までメキシコが圧倒的にボールを保持したが決定的なチャンスまでは作れない。
韓国はカウンターでソン・フンミンが決定機まで持っていったが得点とはならなかった。

 メキシコは前半26分、グアルダドが右サイドからクロス。
チャン・ヒョンスがペナルティーエリア内でスライディングでブロックしたがボールが手に当たり、主審はPKを宣告。
PKキッカーのベラは、落ち着いてゴール左に蹴り込み先制した。


http://www.sanspo.com/soccer/news/20180623/wor18062323320049-n1.html

続きを読む

【サッカー】<アルゼンチン代表のホルヘ・サンパオリ監督>自身の責任強調しつつ「メッシにチームが合っていない」
member_23235_1

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529636255/

1: 2018/06/22(金) 11:57:35.27 ID:CAP_USER9
アルゼンチンは21日、ロシア・ワールドカップのグループD第2節でクロアチアに0-3と敗れた。ホルヘ・サンパオリ監督は、「すべての責任は私にある」とコメントしている。『ESPN』が伝えた。

アルゼンチンは初戦でアイスランドと引き分けており、クロアチア戦では勝利が必要だった。しかし、後半にGKウィリー・カバジェロのパスミスから失点すると、焦りから落ち着かない展開に。終盤にはさらに2ゴールを許し、グループ最大のライバルに完敗を喫した。

サンパオリ監督は、責任は全て自分のものだと強調している。

私が唯一決定を下す責任がある。今日の敗戦は、すべて私の責任だ。希望を持って臨んだが、この負けに苦痛を感じている。確かに、試合を読むことができなかった

そして、メンバー選考について「我々に好機をもたらす組み合わせを見つけることができなかった」と言及。ミスを犯したカバジェロを攻められないとし、不発に終わったリオネル・メッシについて以下のように言及した。

メッシは制限されていたと思う。チームが彼に合っていないからだ。それを実現しなければならないし、解決策を見つける必要がある

また、ゲームプランがうまくいかなかったことを認めている。

クロアチアにプレッシャーを与えていくプランだったが、失点後苦しみ、試合を変えることができなかった。チームで起きたことは、すべて決定を下したリーダーにある。私が責任を負う。我々のプランは成功しなかった

この敗戦で、2試合を終えて勝ち点1となったアルゼンチン。この後のアイスランド対ナイジェリアの結果次第では、最終節で勝利しても敗退する可能性もあり、前回大会準優勝チームが絶体絶命の状況に追い込まれている

ゴール6/22(金) 7:18配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000047-goal-socc

写真
no title



続きを読む

【サッカー】ケイスケホンダ「ミスの何が悪いのか。どれだけミスを恐れずプレーできるか。失点につながらなかった、良かった、以上」
GettyImages-863966940-800x533

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529666782/

1: 2018/06/22(金) 20:26:22.84 ID:CAP_USER9
 あくまで軽傷を強調した。前日21日は別メニュー調整だった日本代表MF本田圭佑(パチューカ)だが、22日の練習にはスパイクを履いて参加。練習後、報道陣の取材に「問題ないです。あと2日あるけど、いい準備をしたい」と、24日のW杯グループリーグ第2戦・セネガル戦(エカテリンブルク)を見据えた。

 後半25分から途中出場した19日のコロンビア戦(2-1)で痛め、試合後は足を引きずるような仕草も見せていた。「両方の打撲」と、両太腿を打撲したことを明かしたうえで、「大したことないです」と強調した。

 過去2大会は全7試合に先発していた本田だが、コロンビア戦は自身初のベンチスタート。それでも途中出場から3分後に左CKから決勝ゴールをアシストし、存在感を見せた。データサイト『オプタ』によると、3大会連続のアシストはアジア人初の記録だったが、本田自身は「1本目のシュートをダブったほうが悔しい」と、後半26分のシュートミスを悔やんでいた。

 アシストという結果を残した一方、バックパスが相手に渡り、カウンターのピンチを招くシーンもあった。このプレーについて聞かれると、「ミスの何が悪いのか。失点につながらなかった、良かった、以上ですね」と一蹴した。

どれだけミスを恐れずプレーできるか。そのミスが結果、失点につながったらまずいけど、そこはせめぎ合い」。泰然自若の背番号4からはいつもの“本田節”が炸裂した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-01655416-gekisaka-socc


続きを読む

映画『聲の形』地上波初放送決定!8月25日オンエアー!!
20160910184402

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1529655186/

1: 2018/06/22(金) 17:13:06.22 ID:ZU81Sdmv0
映画「聲の形」の地上波初放送が決定しました! この機会に是非ご覧ください。
8/25(土) NHK Eテレにて 午後9:00より放送予定

http://koenokatachi-movie.com/
no title


https://twitter.com/koenokatachi_M/status/1010055707654172672

続きを読む

【将棋】藤井聡太七段、最年少タイトル挑戦にあと2つ!深浦康市九段に勝利/王座戦トーナメント
slide_522746_7376802_free

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529672668/

1: 2018/06/22(金) 22:04:28.76 ID:CAP_USER9
将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(15)が6月22日、第66期王座戦挑戦者決定トーナメントの準々決勝で、深浦康市九段(46)に勝利し、最年少でのタイトル挑戦にあと2つと迫った。

 後手番の対局となった藤井七段は、拮抗した中盤から終盤に差し掛かったところで一気にリード。公式戦初対決では敗れていたトップ棋士の1人、深浦九段にリベンジを果たし、高校に進学した今年度も負け知らずの8戦8勝とした。これで藤井七段は同トーナメントの準決勝に進出し、久保利明王将と斎藤慎太郎七段の勝者と戦うことが決まった。決勝では別ブロックを勝ち上がっている渡辺明棋王と永瀬拓矢七段の勝者とぶつかる。

 深浦九段との公式戦初対決の際は、終盤の逆転負けからあまりの悔しさに感想戦でもなかなか言葉が出ず、その様子がファンの間でも話題になった。

 王座のタイトルは昨年、初めてタイトルを獲得した中村太地王座が保持している。最年少タイトル挑戦(17歳10カ月)、タイトル獲得(棋聖戦 18歳6カ月)は、いずれも屋敷伸之九段が記録を保持しているが、藤井七段が挑戦や獲得した場合は、大幅な記録更新となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00010018-abema-soci

続きを読む

【サッカー】「C・ロナウドに自宅へ招かれても断れ!」元同僚エブラが周囲に忠告しつづけるその理由がおもしろい
GettyImages-871952620-800x533

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529660798/

1: 2018/06/22(金) 18:46:38.45 ID:CAP_USER9
「彼はマシンなんだ」(エブラ)

数々の栄光を手に入れることができたのは、自分を厳しく律してきたからだ。バロンドールを5回受賞したクリスチアーノ・ロナウドが、徹底的に肉体を自己管理しているのはよく知られている。

 その凄さが分かるエピソードを披露したのが、マンチェスター・ユナイテッドでC・ロナウドと一緒にプレーした元フランス代表のパトリス・エブラだ。

 英紙『Daily Mail』によると、エブラは『ITV』のポッドキャストで、「クリスチアーノにランチを食べようと自宅に誘われたら、断ることを勧める」と、冗談めかして昔の思い出を明かした。
 
 ある日のこと、エブラはC・ロナウドからランチに招かれた。だが、練習後で疲れていたにもかかわらず、テーブルに置かれたのはサラダと薄味の鶏のむね肉のみ。飲み物もジュースはなく、水だけだったという。

これから大きい肉でも出てくるのだろう」と考えていたエブラだが、食事はそれで終了。しかも、食べ終わったC・ロナウドは、立ち上がってサッカーボールで練習を始め、一緒にトレーニングしようとエブラに言ってきたのだ。

 結局、プールで泳ぐトレーニングにも付き合わされたというエブラ。その徹底ぶりに感嘆するとともに、「だから、彼に自宅へ招かれたら、断ることを勧めるよ。とにかくノーと言い続けるんだ」と、周囲の仲間に対して忠告するようになったという。

彼はマシンなんだ。トレーニングを止めることを望まないんだよ

 なおエブラは、C・ロナウドのエピソードをもうひとつ披露している。やはりユナイテッドに所属していた頃、リオ・ファーディナンドに卓球で負け、周囲からはやし立てられた時のことだ。

「すごく怒っていた」というC・ロナウドは、親戚に卓球台を買ってきてもらうと、2週間にわたって自宅でみっちり練習を重ねたという。そして見事、全員の前でファーディナンドにリベンジを果たしたそうだ。

 エブラは言う。「それがクリスチアーノ・ロナウドだ。だから、彼がいまもバロンドールの獲得にこだわり、ワールドカップの優勝を目指しても、僕は驚かない。彼は怒れる男だからね(笑)

 向上のための努力を怠らず、激しい闘争心を持った負けず嫌い――そうしていまのクリスチアーノ・ロナウドがいるのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180622-00042722-sdigestw-socc

続きを読む

【サッカー】<小柳ルミ子>メッシ不発…アルゼンチン敗退危機に涙!「ワールドカップは今日で終わった」
2017071500006_1

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529643136/

1: 2018/06/22(金) 13:52:16.20 ID:CAP_USER9
歌手で女優の小柳ルミ子(65)が22日、自身のブログを更新。W杯ロシア大会で、大ファンを公言するFWリオネル・メッシ(30=バルセロナ)を擁するアルゼンチンが1次リーグ敗退危機に陥ったことを嘆いた。

 第1戦でアイスランドと引き分けて迎えた現地時間21日のクロアチア戦でアルゼンチンは0―3と完敗。2戦を終えて1敗1分けと1次リーグ敗退の危機に陥った。

 ルミ子は先制点を許したGKカバジェロのキックミスに「信じられない。信じられる訳ないよ。あんな不用意なミス」「目を疑う様なミス。悪夢だよ。あんなミスは」と率直な心境を吐露。不発に終わったメッシについては「メッシに迄ボールが渡せないんじゃ、流石のメッシでも仕事出来ない」と嘆いた。

 「クロアチアの護りが良かったとは言え挽回出来ないのが、今のアルゼンチンの弱さと現実を受け入れるしかない」とし、「今大会のアルゼンチンは終わった。4年待ちに待って終わりがこれでは泣くしかない」「今大会のワールドカップは今日で終わった」と涙とともに絶望感をつづった。

スポニチ 6/22(金) 7:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000066-spnannex-ent


続きを読む

長友「セネガルが一番強い」香川「本当の敵はセネガル」
6

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1529545864/

1: 2018/06/21(木) 10:51:04.13 ID:C5YYRD33M
香川「本当の敵はセネガル」長友「セネガルが一番強い」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00244918-nksports-socc

続きを読む

【サッカー日本代表】 岡田武史元監督 「日本は8強以上可能」 「大迫ならセネガル穴つける」 
okada

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529555757/

1: 2018/06/21(木) 13:35:57.37 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00244985-nksports-socc

2度のワールドカップ(W杯)指揮を誇る元日本代表監督、
岡田武史氏(61=FC今治オーナー)がコロンビア戦の勝利を称賛した。

14年ブラジル大会に続き「日刊スポーツW杯特別評論家」に就任。
日本トップの経験に基づいて「岡田武史論」を展開する。
初戦は10年南アフリカ大会との比較、勝負のあや、両監督の采配から日本サッカーの成長、第2戦セネガル戦の展望を大いに語った。【取材・構成=木下淳】  

第2戦はセネガルとの勝者対決になった。
日本戦の後、すぐ分析し
アフリカ独特の身体能力を生かした攻守にプラスして、チームのための犠牲精神を持っているように感じた。スーパースターは前線のマネぐらいだが、全員がハードワークする」と評価。 
 
攻撃面は「カウンター攻撃は圧巻である。日本はディフェンスラインの裏にスペースを与えたくない。シュートはうまくない。決定機をつくられても粘り強く対応して欲しい」と指摘。 
 
またディフェンスは、アフリカ勢の中では組織されている方だが、バイタル(MFとDFの間の危険なエリア)に大きなスペースを空けたり穴はある。今の大迫ならタメをつくれて厚みのある攻撃ができそうだ」と十分に戦える可能性を感じた。

日本の編成については
選手は自信を持って挑めるはず。うまく回っているから先発は変えない方がいいと思うけど、西野さんは研究好きなので、相手のスピードに対応する選手を使ってくるかもしれない」。

その上で眼鏡の奥の目を鋭く光らせる。
次は11人が相手だ。簡単にはいかない。より現実的に戦う必要があるし、
できればクオリファイ(予選通過)しておきたい。尻に火がつく。自分の時は第2戦でオランダに負け、最後のデンマーク戦に負ければ敗退、と逆に追い込まれた。次戦で勝って決められるようであれば、上も狙えてくるんじゃないか
」。

自身を超える過去最高の8強へ、2戦目の必勝も西野ジャパンに期待した。


続きを読む

彡(^)(^)「NHKのW杯のテーマ曲のセンスはええな!今年はなんやろ!楽しみンゴね…」
DIU_T3FUEAAnmcn

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1529545067/

1: 2018/06/21(木) 10:37:47.88 ID:qL2FtdRIH
2002 ポルノグラフィティ mugen
無限の可能性を秘めて日本代表への応援歌




2006 ORANGE RANGE チャンピオーネ
チャンピオンになって欲しいという願いから
ちなみにバンド全員サッカー好き

【音源が見つからなかったので太鼓の達人の動画になります】



2010 Superfly タマシイレボリューション
Superflyが日本代表へのエールとして1年掛けて制作した
2010年W杯、選手の皆さんを後押し出来るような力強い楽曲を提供したいとの想いから




2014 椎名林檎 NIPPON
作詞作曲、椎名林檎。歌詞がそのまま日本、日本代表への応援歌としている。
「混じり気のない我らの炎、何よりもただ青く燃え盛るのさ」




2018 サチモス VOLT-AGE
「心つなぐのはそのハートwwwwビートwwwwユーーーアwwwwサイドwwwww」



ちなみにVOLT-AGEの歌詞内にある日本語は
・聞こえるだろう
・星の数のように
・心つなぐのは
・置き去りにする
・答え出すのは
・弾む星の音
のみである

続きを読む

【サッカー】<古市憲寿氏>西野監督絶賛世論にあ然!「こんなにも手のひらを返すものなのか」 

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529590847/

1: 2018/06/21(木) 23:20:47.56 ID:CAP_USER9
社会学者の古市憲寿氏が21日、フジテレビ系「とくダネ!」で、サッカー日本代表の西野朗監督を絶賛している世論に対し「こんなに手のひら返すものなんですね」と驚きの声を上げた。

 番組ではサッカーワールドカップを特集。元日本代表の武田修宏を解説に迎え、コロンビア戦の振り返りとともに、次戦の対戦相手であるセネガルの分析なども行った。

 武田はセネガル戦はコロンビア戦とは「全く違う」と断言し「西野監督、分析して、もしかしたら4バックから5バックにするかもしれないですし、相手に来させていくかもしれない。西野監督は戦術家で、分析担当も2人増やしている」と解説した。

 このコメントに小倉智昭は「古市君は4バックとか5バックとか分かります?Tバックと変わらないような…」と、以前からサッカーに興味がないことを公言し、ワールドカップも見ないとしていた古市氏をからかった。

 これには古市氏も苦笑しきりだが「西野監督、今でこそ賞賛されてますけど、監督交代があった頃、本当に大丈夫かと批判もあったじゃないですか。こんなにも手のひら返すものなんですね」と驚きの表情。

 これに武田は「プロは結果が全てですから」と言い切り「まずは予選突破が前回大会からクリアしないといけない(課題)。いかにグループリーグを突破するかというのが大きな目標。これからです」と話していた。

ディリースポーツ 6/21(木) 10:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000037-dal-ent

写真
no title



続きを読む

【サッカー】オシム元日本代表監督 スイス戦で「一番疑問に感じたのはゴールキーパー」川島に言及
osim

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529550570/

1: 2018/06/21(木) 12:09:30.85 ID:CAP_USER9
20日放送、毎日放送「戦え!スポーツ内閣」、サッカー元日本代表監督のイビチャ・オシム氏(77)がVTR出演。
ワールドカップ(W杯)開幕前に、川島永嗣への不安を口にしていた。


大会前の8日に行われたスイスとの強化試合を見たというオシム氏は、
確かに良い試みもあるにはあったが、リーダー的な存在がいればいいのにと感じた」とコメント。

とても効率が悪いサッカー」だったとし、「相手にとって危険で、ゴールを挙げることのできる選手がいれば、きっとリーダーになれるチームはその人間の後をついていくはずだ」と述べた。

さらに、スイス戦で「一番疑問に感じたのはゴールキーパー」と、川島に言及。
私に言わせると、自信を持った存在ではなかった。集中力を欠いたりする場面があったからだ」と指摘した。

http://news.livedoor.com/article/detail/14896536/

続きを読む

【サッカー】<あれはサッカーじゃない!>スペイン代表DF、イランの超守備的戦術を非難 
o0570035512307010671

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529590922/

1: 2018/06/21(木) 23:22:02.46 ID:CAP_USER9
【イラン 0-1 スペイン ロシアワールドカップ・グループリーグB組第2節】

 スペイン代表は現地時間20日、ロシアワールドカップのグループリーグ第2節でイラン代表に1-0の勝利を収めた。試合後の談話をスペイン紙『アス』などが伝えている。

 すでに初戦でモロッコを下して勝ち点3を得ていたイランは、序盤から超守備的戦術でスペインに対抗した。54分に先制されるまでの大半の時間、守備時は「6バック」とも言える“ドン引き”でゴール前を固めたのである。

 当然、この戦いに疑問を投げかける選手もいる。スペイン代表の右サイドバックとして先発出場したDFダニ・カルバハルは「あのような試合になることはわかっていたし、イランには明確なプランがあった」と述べた上で、カルロス・ケイロス監督が採用した守備的なアプローチに批判的な見方を示した。

あのようなやり方で戦い、攻撃を寸断することはサッカーの一部ではある。だが、すべての時間を無駄にし、怪我で痛んでいるふりをするような試合だよ。僕はこれをサッカーだとは思わない。これはこのスポーツのスピリットとは違う

 ゴール前にフィールドプレーヤー全員が固まってスペインの攻撃を跳ね返し続け、時には痛んでピッチに倒れる選手もいた。カルバハルはこの姿勢が気に食わなかったようで「あいつらは理由もないのに繰り返し倒れた。痛くもないのに。ファウルを受けてもいないのに」と、度重なる“時間稼ぎ”を非難している。

 それでも「大事なのは試合に勝ったことで、グループのトップにいる必要があるのは確かだ」と勝利そのものの成果はあった。グループBはポルトガルとスペインが勝ち点4、イランが勝ち点3と、最終戦を残して混戦模様になっている。

 現地時間25日に行われるグループリーグ最終戦でポルトガルと対戦するイランは、確実に決勝トーナメント進出を決めるために勝利したいところ。スペイン戦ほどの守備的な戦いはもう見られないだろうが、今回はある意味でワールドカップを象徴する1試合が生まれたと言えそうだ。

6/21(木) 13:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180621-00276504-footballc-socc


続きを読む

このページのトップヘ