one day one news

ネタ・ニュース・ネット上の話題についてまとめてます。 Twitterフォローしていただけると嬉しいです!

  • ホーム
  • RSS

趣味

麻雀

麻雀漫画の名言で打線組んだ

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539988361/

1: 2018/10/20(土) 07:32:41.61 ID:sE0j8YLa0
1中 あンた背中が煤けてるぜ
2二 王牌に殺されるほど俺の運薄かぁねえぜ
3遊 14分の3が引けないくらいなら俺も本当に引退だな
4左 リードは守るもんじゃなく広げるものだ
5一 俺の暗刻はそこにある
6右 そこに北はあるんだよ
7三 ケチな点棒拾う気なし
8捕 流れはお前にスーチーピンを掴ませる
9投 御無礼

続きを読む

desuno-to-hyousi01

デスノート「平凡な学生がデスノートを入手し無双」 ハリー「母親の愛の力で無双w」←なろうじゃん

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539988820/

1: 2018/10/20(土) 07:40:20.35 ID:f8Pr4cYp0
ギアス「平凡な学生がギアスの力を手に入れ無双」←なろうじゃん

半沢直樹「銀行員が上司バッタバッタ薙ぎ倒す」←なろうじゃん

ハリポタ「落ちこぼれ少年が実は凄い魔法使いで魔法学園に入学して仲間と共に悪を倒す」←なろうじゃん

もうなろうだけ叩くのやめよう・・・な?

続きを読む

201512010003-spnavi_2015120100013_view

【サッカー】ルミ子 日本勝利もウルグアイに不満「本気じゃないんだもの」

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539930256/

1: 2018/10/19(金) 15:24:16.48 ID:CAP_USER9
10/18(木) 15:33配信
ルミ子 日本勝利もウルグアイに不満「本気じゃないんだもの」

 大のサッカーファンで知られる歌手の小柳ルミ子が18日、ブログを更新し、16日に行われたサッカー日本代表対ウルグアイ戦について「私はいまいち盛り上がらなかった」とコメント。その理由について「ウルグアイが本気じゃないんだもの」と不満を募らせた。

 ルミ子は仕事終了後に会場にかけつけ、生観戦。試合は日本が4-3で勝利し、会場はもちろん、翌日の報道なども盛り上がりを見せた。

 だがルミ子は「日本代表の勝利、良かった、良かった」としながらも「でも私はいまいち盛り上がらなかった」とした。

 その理由は「ウルグアイが本気じゃないんだもの」とバッサリ。「プレッシングには来ないし、寄せも甘いし、ミスパスは多いし、連携、連動もミスだらけだし、こぼれ球の反応も遅いし、直ぐに日本にカットされてカバーニ迄ボールが行かない」と切り捨てた。

 ルミ子はこれまでもウルグアイの試合を生で何度も見てきているが「一昨日のようなゆる~~~~~いパフォーマンスは見た事ない」といい、「ウルグアイはこんなもんじゃないから。本気でやってほしかった」と、緩いウルグアイからの4得点は興奮できないとコメント。

 欧州リーグはシーズンが始まったばかりとあって「本気でやってくれる訳ないよな~」と事情を汲みつつも「でもなぁ~今迄観たウルグアイの試合で最低のパフォーマンス。それでも3点獲っちゃうんだから大したもんだ」と半ば呆れ気味につづった。

 日本については「ウルグアイが手を抜いていたとは言え日本代表選手はベストを尽くして頑張った」と評価。過信は禁物としながらも「決定力不足と言われ続けて来た日本代表JP 中島翔哉、南野拓実、堂安律の頑張りによって明るい未来が見えてきた」とつづっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000071-dal-ent
no title


続きを読む

菅井

【将棋】菅井七段、異例の反則負け 駒を飛び越え角動かす

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539873607/

1: 2018/10/18(木) 23:40:07.07 ID:CAP_USER9
10/18(木) 23:03配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000094-asahi-soci
 大阪市福島区の関西将棋会館で18日に指された将棋の名人戦B級1組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)で、菅井竜也七段(26)=前王位=が相手の駒を飛び越える形で角を動かし、反則負けとなった。B級1組は実力トップ10の棋士が名人挑戦権を争うA級に次ぐクラスで、大舞台での反則負けは異例だ。

 菅井七段は終盤の109手目で、7九の角を▲4六角と指した。だが、その間に相手の「と金」があり、この駒を飛び越えて4六に移動することはできないルールになっている。対戦相手の橋本崇載(たかのり)八段(35)に勝ちを献上する形となった。

続きを読む

藤井聡太

【将棋】新人王戦 藤井聡太七段、優勝 最年少記録を31年ぶりに更新

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539756032/

58: 2018/10/17(水) 15:07:32.36 ID:CAP_USER9
将棋 藤井七段 新人王戦で初優勝 最年少記録を31年ぶり更新

将棋の高校生棋士、藤井聡太七段が新人王戦の決勝三番勝負で2連勝し、初優勝しました。

藤井七段は16歳2か月で、新人王の最年少記録を31年ぶりに更新しました。

2018年10月17日 15時04分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181017/k10011674821000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

続きを読む

92903_201411221538486278_1

【朗報】武神・愚地独歩、強すぎる

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539160256/

1: 2018/10/10(水) 17:30:56.24 ID:iJ3hE6sl0
◯虎
◯土管
◯末堂
◯加藤
●勇次郎
◯蚊
◯リチャード・フィルス
◯天内悠
●渋川
◯ピアノ線
◯ドリアン
◯ドイル
◯アライJr.
◯屋台で会ったおっさん
◯通り魔
◯ビール瓶
●宮本武蔵

通算17戦14勝3負
ぐう強い

続きを読む

gatag-00013528

産総研、イラスト画像をレイヤーに分解する手法を発表。分解したレイヤーをPhotoshopやGIMPなどで編集

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/moeplus/1539321784/

1: 2018/10/12(金) 14:23:04.28 ID:CAP_USER
産業技術総合研究所の研究者らは、イラスト画像を入力に、レイヤーに分解する手法を発表しました。

論文:Decomposing Images into Layers with Advanced Color Blending
https://koyama.xyz/project/color_unblending/

本論文は、ターゲット画像をハードライトや乗算などのカラーブレンドモードとして、半透明レイヤーに分解する手法を提案します。

ユーザは、入力であるターゲット画像のレイヤーの数、各レイヤーのカラー分布、カラーブレンドモードを指定することで、様々な分解を探求することができ、生成したこれらのレイヤーをPhotoshop、GIMP、After Effectsなどにインポートし、ターゲット画像上で編集することを可能にします。これにより、レイヤーベースにエフェクトを容易に適応することができます。

また、上図のような新しいデジタルペインティングのワークフローも提案します。最初に、PaintsChainerなどの線画自動着色サービスを用いて、スケッチからカラー画像を生成し、本提案手法を用いて分解、必要に応じて手動で各レイヤーを個別に編集し、最後に画像を再合成することで出力するといったワークフローです。

no title

ezgif.com-optimize (32)
【GIF:クリックで見れます】

Decomposing Images into Layers with Advanced Color Blending (Pacific Gra... https://youtu.be/zUNyAIj-Mno



https://shiropen.com/seamless/decomposing-images-into-layers-with-advanced-color-blending

続きを読む

65197427_480x345

【フィギュア】扱いは優勝レベル?「6位」の本田真凜を大報道するスポーツニュースの“怪”

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539298921/

1: 2018/10/12(金) 08:02:01.16 ID:CAP_USER9
no title


2018‐2019年のフィギュアスケートシーズンが開幕し、9月27、28日に開催されたネーベルホルン杯に三原舞依、本田真凜の両選手が出場した。

「ネーベルホルン杯はチャレンジシリーズの試合です。
GPシリーズ前にトップ選手が調整を兼ねて出場することが多いので、新シーズンの仕上がり具合や勝敗の行方を見る一つの指針になっています。
今回はアリーナ・ザギトワ選手が圧倒的な強さを見せ優勝したことが大いに話題になりました」(スポーツライター)

五輪で優勝した選手が次のシーズンに失速することや、休んでしまうことが少なくないなか、
2位を30点近く離す圧倒的な点差で優勝したザギトワ選手。
しかし、日本のスポーツニュースの扱いはいささか違ったようだ。

「ザギトワ選手はもちろん、一昨年の同大会で優勝した三原選手も出場しており、三原選手は2位で表彰台に乗りました。
それなのに取り上げ方は『本田真凜が出場したネーベルホルン杯』だったのです。
世界的人気の優勝選手でなく、表彰台に乗った日本人選手でもなく、6位入賞の選手をメインに扱うのは、さすがにどうかと思いました。
一般の視聴者に少しでも受けるように、ということなのでしょう」(前出・スポーツライター)

他のスポーツでも、表彰台に乗った選手を差し置いて、人気選手ばかり取り上げる報道姿勢はよく見られることではあるが、さすがに目に余るということなのだろう。

果たして、報道が結果を残した選手を取り上げるようになるのが早いか。
それとも、本田選手が人気に見合った結果を残すようになるのが早いか。

http://dailynewsonline.jp/article/1537394/
2018.10.10 10:15 アサジョ

続きを読む

mother_angry

ツイ民 「母親に漫画を大量廃棄された結果、こんな人間になりました」 →10,000万いいね

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539304152/

1: 2018/10/12(金) 09:29:12.76 ID:3/1+KQLk0
佐波りょういち
@siderole

夫のグッズを捨てる妻の話がTLに流れてきてますが、かつて母親から『5冊選びなさい、他の漫画本はぜんぶ捨てます』と告げられ、
泣く泣く選別させられていた少年が長じて家庭を持ち、手に入れた部屋の本棚がこちらです。
けど、いくら本に囲まれても、あの時の悲しみは消えない……消えないんだよ……
2018年10月11日(木) 13時21分16秒
リツイート: 7,432お気に入り: 10,723

no title

続きを読む

sumo_kansen_women

【大相撲】<罵倒ばかりの貴乃花に/親方衆ドン引き>理事長に「テメー!」

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539293443/

1: 2018/10/12(金) 06:30:43.85 ID:CAP_USER9
貴乃花(46)はこれまで、大勢の前で3人の親方を罵倒している。2014年に死去した放駒元理事長(享年66=元大関魁傑)、
八角理事長(55=元横綱北勝海)、友綱親方(66=元関脇魁輝)、いずれも自分より年長の先輩に対してだ。

二所ノ関一門に所属するある親方が言う。

「貴乃花がウチの一門から初めて理事候補選に出馬したのは2010年。いまさら説明する必要もないだろうけど、当時は慣例破りの貴乃花の行動に、一門は騒然としていた。
そんな中、何とか貴乃花をいさめようとしていたのが、一門の実質的な総帥だった放駒さんです。一門会でも『まあ、待て。ちょっと落ち着け』と説得していましたが、貴乃花は聞く耳を持たず、
自分の都合しか話さない。しまいには放駒さんを大声でののしりだしたものだから、われわれも肝を冷やしたほどです」

八角理事長を面罵したのは、16年1月の年寄総会。当時は山響親方(48=元前頭巌雄)が評議員を退任したため、後任を決める必要があった。
八角理事長は年寄総会に先立って行われた評議員会で、同じ高砂一門のOBである元中村親方(70=元関脇富士桜)を推薦。これに猛反発したのが貴乃花だ。

年寄総会に出席したある親方が言う。

「貴乃花は評議員会でも怒っていたようだけど、その後の総会でもすさまじかった。親方衆全員が見ている中で、八角理事長を『テメー!』とか『コノヤロー!』とか怒鳴り散らしていた。
聞き取れたのはそれくらいで、後はほとんどワーワーわめいていた。理事長が何か言おうとしても、ずっと怒鳴っているもんだから、ウチらもドン引き。ちょっとあの怒り方は尋常じゃなかったね」

■「オマエなんて言われる筋合いはねえよ!」

さらにこの親方は友綱親方の件についても、こう話す。

「きっかけはつまらないことだよ。いつの総会かは忘れたけど、貴乃花が何かについてしゃべっていたんだ。そこに友綱さんが『オマエ、それはちょっと違うよ』と横やりを入れた。
すると、貴乃花は突然、『オマエにオマエなんて言われる筋合いはねえよ!』と、友綱さんを罵倒した。友綱さんは貴乃花より20歳も年上だよ? いくら何でも言い方ってものがある。
あの辺りから親方衆も、『コイツ、何かおかしいぞ』と気付き始めたようだね」

他人の意見に反論する権利は誰にでもあるし、話の腰を折られて面白くない気持ちもわかる。その場合、普通ならば「対話」というプロセスがあってしかるべき。
ところが、貴乃花はいきなり一足飛びどころか二足も三足も飛んで、「罵倒」という手段に出る。

それでなくとも、貴乃花は自分の言葉で相手と話し合うことができない。少しでも気に入らないことがあれば、大声を張り上げてドーカツする。
ある親方は「顔と顔を10センチくらいの距離に近づけて、ものすごい形相でにらまれたこともある」と話す。ヤクザでもしかるべき地位の人ならこうはしない。これではまるでチンピラヤクザではないか。

16年に大阪で行われた理事会では、宗像元外部理事とともに、執行部を糾弾。といっても、マトモに意見をぶつけたわけではない。宗像元理事の尻馬に乗って、「そうだ、そうだ!」とダミ声で怒鳴っていただけだ。
逆に話し合いの席や、自分が攻められる立場に回ると「はい」「いいえ」「別に」くらいしか言えず、切羽詰まると「それは弁護士に……」と、逃げ回るのが常だ。

人と理詰めで話せないのだから、組織改革などできるはずもなかったのだ

2018/10/12 06:00 ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/239250

続きを読む

このページのトップヘ