ワンdayワンnews

  • ホーム
  • Twitter
  • RSS

雑学

C・ロナウド「一人だけ はっきりと記憶している日本人プレイヤーがいる。彼は完璧なFKを放った」
GettyImages-871952620-800x533

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1529488557/

1: 2018/06/20(水) 18:55:57.38 ID:D1ViHg6w0
これ誰のことなんや?

続きを読む

【サッカー】日本はなぜサッカーと呼ぶ? 世界はフットボールが主流
1217378250-the-ball-488700_1920-qx22-1920x1280-MM-100

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529324102/

1: 2018/06/18(月) 21:15:02.22 ID:CAP_USER9
サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が始まった。

 実は、国際サッカー連盟(FIFA)に加盟する国・地域のうち、約9割が「サッカー」ではなく、「フットボール」をその国の言葉で呼ぶのが主流だ。ではなぜ、日本では「サッカー」なのか。そして、伝統校の体育会サッカーには、なぜ「サッカー部」と呼ばないクラブがあるのか。W杯開幕を機に、調べてみた。

 サッカーは19世紀にイングランド地方のパブリックスクールで生まれた。その当時は学校ごとにルールが違い、他チームと試合するのも難しかったという。

 そこで、関係者が協会を作ってルールを整備し、統一したことから、「アソシエーション(協会式)・フットボール」と呼ばれるようになった。サッカーはアソシエーション=Associationの「soc」に「er」をつけた俗語「Socker」(ソッカー、後にSoccer)に由来する。

 慶応大のサッカーはその名残から、いまも「ソッカー部」が正式で、ラグビーが「蹴球部」を名乗っている。東大や早稲田大では、「アソシエーション(協会式)・フットボール」に準じた、「ア式蹴球部」の名称をいまも守っている。

 筑波大や国学院大のサッカーが「蹴球部」を名乗るように大学の体育会は、漢字の名称を使うクラブが少なくない。

 たとえば、早大や慶大などのテニスは「庭球部」。学習院大のバレーボールは「排球部」。成蹊大や立正大のバスケットボールは「籠球部」。淑徳大のバドミントンが「羽球部」なら、明星大のハンドボールは「送球部」だ。

 ちなみに、朝日新聞に初めてサッカーの漢字の名称、「蹴球」という見出しの記事が載ったのは、1902年(明治2年)4月9日だった。「蹴球会椿事(ちんじ)」と題した、英グラスゴーのスタジアムで起きたスタンド崩落事故を伝えるもので、「死者廿(にじゅう)名負傷者百廿五名を出したり」とある。

 球技は主に欧米で生まれ、発展してきた。バレーボールは「自陣から敵陣へ、球を排す」ことから「排球」、球を「撞(つ)く」ビリヤードは「撞(どう)球」、「打つ」ゴルフは「打球」、もしくは「孔(あな)に入れる」から「孔球」。漢字の名称にはその競技の特性を言い当てた、先人たちの知恵が詰まっている。

 球技の名称は、戦争の影響を受けたこともある。1964年に刊行された「慶応義塾百年史 中巻(後)」には、こんな記述がある。

 「戦局が徐々に劣勢に傾くとともに、政府はそれらの用語をすべて日本語に改めた。たとえばラグビー・フットボールを闘球、アメリカン・フットボールを鎧球、ホッケーを杖球、アイスホッケーを氷球としたごとくである」

 実際、1943年3月6日の朝日新聞朝刊にもこんな下りを見つけた。「ラグビーは“闘球”」と題し、「更に飛躍して日本的球技を創案するといふ構想の下(中略)海軍土浦航空隊の諒解(りょうかい)を得て闘球と改める」。

 ただ、戦後は元に戻ったものばかり。今も漢字の名称が定着している球技は、五輪競技なら、野球、卓球、水球の三つだ。朝日新聞ではそれ以外はカタカナ表記だ。

 漢字表記の金字塔を打ち立てたのはやはり、「ベースボール」を「野球」と言い換えた鹿児島市出身の教育者、中馬(ちゅうまん)庚(かのえ)のセンスだろう。第一高等中学校(後の旧制一高、東大)のベースボール部員だった1894年、部史に日本で初めて「野球」の2文字を記した。

 「我部ヲ野球部トセバ大ニ義ニ適セリ」

 早めに適切な訳を決めないと、愛する球技に変な訳が定着してしまうかもしれない――。そんな危機感からの提案だった。「ball in the field」。広い野原とボールのイメージから、単なる直訳を超えて「野球」という言葉を導き出した。(吉永岳央)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000097-asahi-spo

続きを読む

日本原産の海外で活躍してる外来種で打線組んだ
fish_koi_black

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1528470868/

1: 2018/06/09(土)00:14:28 ID:yvq
1(中) 葛
2(遊) イタドリ
3(左) マメコガネ
4(一) コイ
5(三) ワカメ
6(捕) ヌマコダキガイ
7(二) たぬき
8(右) マヒトデ
9(投) カエルツボカビ

続きを読む

ワイが面白いと思った宇宙のトリビアを書いてくスレ
00

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1528117485/

1: 2018/06/04(月)22:04:45 ID:pB6
スレタイの通りやで
書き込み遅いかもしれんが許してクレメンス
あとワイが宇宙に関して無知なのもあるから皆が知ってるネタもあるかもしれんがそれも勘弁な

需要無いなら下げるで

続きを読む

彡(^)(^)「コンピューターが将棋?出来るわけないやろwww」
photo0000-3404


引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1527503950/

1: 2018/05/28(月)19:39:10 ID:MNO
(´・ω・`)「やっとそれらしいのが出来たぞ…」
彡(-)(-)「おいおい、解説もできんような手を指されても困るで…」

・1975年5月 後のコンピュータ将棋協会会長 瀧澤武信を中心に初のコンピュータ将棋プログラムが完成する

続きを読む

幽霊を信じてる←アホ、霊魂を信じてる←わかる
spiritual35546846

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526663742/

1: 2018/05/19(土)02:15:42 ID:mpg
霊魂ってのは心臓を動かす源の根本的動力のことや
人間をそっくりそのまま模倣して身体を作ってもそれは霊魂がないからただの死体でしかない
人間を動かす動力源の元が霊魂でありそれは存在するんや
アリストテレスも言ってる

続きを読む

進化論が嘘である3大証拠「動物の擬態」「キリンの首が突然伸びる」「猿が人になった」あと1つは?
f0148251_23385163

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526407432/

1: 2018/05/16(水) 03:03:52.43 ID:EhycmszM0
なんかあるか?

続きを読む

自称野球博識のなんj民に激ムズ野球ルールクイズ正解率2%
044-peoples-free

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526404600/

1: 2018/05/16(水) 02:16:40.99 ID:fIUVX08Ld
1アウト1、3塁の場面です。
打者は、ファースト側にスクイズをしました。
するとフライが上がり、バントの構えにより前に出てきたファーストの上を超えてセカンドがノーバウンドで捕球しました。
そしてセカンドは、1塁ランナーが飛び出ていたので
1塁を踏みました。ダブルプレー成立しチェンジしたと思った内野手はベンチに戻った。

しかし、セカンドがフライを取る前に俊足の3塁ランナーがホームベースに到達していました。

問題点数は入るでしょうか? 理由もお答えください

続きを読む

(ヽ´ん`)「生物の本体は『腸』。その他は腸が効率よく餌を集めるための道具にすぎない」
ex0014-

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1524916625/

1: 2018/04/28(土) 20:57:05.54 ID:+nqBuRoB0
32 :2017/02/08(水) 17:23:57.16 ID:ZdzVtjg/K
>>28
新陳代謝が一番多いのは腸だよ
だから本体は腸であって
その他はその腸が効率よく餌を集めるための道具にすぎない

人間も祖先を辿れば
腸だけみたいな虫みたいな生物に行き着くだろ
そういうこと

43 :2017/02/08(水) 17:32:08.09 ID:ZdzVtjg/K
>>39
脳だけで生きてる生物なんていない
逆に腸だけというか一本の管だけみたいな生き物なんてざらにいるだろう

続きを読む

このページのトップヘ