one day one news

ネタ・ニュース・ネット上の話題についてまとめてます。 Twitterフォローしていただけると嬉しいです!

  • ホーム
  • RSS

地域

7dd8c7d09c442e58a91b845f2363f04d_t

【群馬】稲荷神社で灯籠に上って遊んでいた中学1年男子、バランスを崩して落下 53キロの灯篭の石が外れ下敷きになり死亡/高崎

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539913789/

1: 2018/10/19(金) 10:49:49.56 ID:CAP_USER9
no title


18日夜、群馬県高崎市内の神社で、中学1年生の男子生徒が灯籠の一部の下敷きになり、死亡しました。

18日午後8時すぎ、群馬県高崎市上里見町の公民館の敷地にある稲荷神社で、高崎市の中学1年生、後閑匠海さん(13)が高さ2メートル80センチほどの灯籠に上って遊んでいたところ、降りる際にバランスを崩して背中から地面に落ちました。

その際、重さおよそ53キロの灯籠の先端の石が外れ、下敷きになりました。後閑さんは病院に運ばれましたが、腹を強く圧迫されていておよそ3時間後に死亡が確認されました。

警察によりますと、この日は地元の大人や子ども合わせておよそ30人が公民館に集まり、20日と21日行われる祭りの準備などをしていて、当時、後閑さんは子どもたち数人と神社で遊んでいたということです。

警察は、事故の状況を詳しく調べています。

2018年10月19日 6時37分
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181019/k10011677321000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

続きを読む

虐待

【上級国民】港区・青山の一等地に100億円で児童相談所建設…「青山にそぐわない」「田町とか他にある」「建物を借りてやるべき」

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539658430/

1: 2018/10/16(火) 11:53:50.01 ID:CAP_USER9
<表参道駅近くに新設計画の児童相談所などの複合施設、地元で反対の呼びかけに直面>

地域の企業などで作るグループがこの施設の建設への反対を呼びかけた資料
https://www.greenseed.jp/download/mamorukai.pdf

東京都港区が新設を計画している児童相談所等の複合施設について、地域の企業等で作るグループが反対を呼びかけています。区は10月12日と14日に説明会を開きました。

区が新設を計画しているのは「港区子ども家庭総合支援センター」(仮称)です。
これは子ども家庭支援センター、児童相談所、母子生活支援施設などからなる複合施設で、南青山五丁目の農林水産会館跡地に建設し、2021年4月にオープンする予定となっています。
場所は表参道駅や骨董通りのすぐ近くで、周囲に事務所・マンションなどが立ち並ぶほか、近隣には高級ブランド店、美術館、区立小学校などがあります。

港区子ども家庭総合支援センター(仮称)建設予定地、現在のようす
no title

no title


■どのような施設か

区の資料によると、「港区子ども家庭総合支援センター」(仮称)は子ども家庭支援センター、児童相談所(一時保護所を含む)、母子生活支援施設のほかにカフェスペース、体育館などを合わせた地上4階建ての複合施設になるということです[1]。

区は「親子連れが安心して集えるオープンな施設」で、「幼児(おおむね3歳まで)とその保護者が親子で遊び、子育て仲間と交流することができる『子育てひろば』を中心」とし、「子ども対象の活動をしている民間団体やボランティア、近隣住民や事業者と連携」しながら多様な活動を行うとしています[2]。

また、子ども家庭支援センターや児童相談所には相談窓口としての役割があります。
児童相談所だけでも、子育ての悩みや児童虐待に関する相談、子どもの健康や障害に関する相談、非行や不登校に関する相談、養子縁組についての相談など、幅広い内容に対応することになっています。

※省略

■反対の呼びかけ

一方、地域の企業などで作るグループがこの施設の建設への反対を呼びかけています。
株式会社グリーンシード内に事務局を置く「青山の未来を考える会」は、「青山の真ん中にそぐわない」「街の魅力が半減する」などとしてこのセンター開設に反対しており、資料をウェブサイトにて公開しています。
なお、グリーンシードは「青山・原宿を中心に、1996年の創業以来、港区および渋谷区エリアの不動産を取り扱っている会社」(ウェブサイトより)とのことです。

同会は、児童相談所や母子生活支援施設を含むセンターの開設が「青山通り周辺地区まちづくりガイドライン」に反するとしています。
「まちづくりガイドライン」は区が住民・事業者の意見を踏まえたうえで策定したもので、青山通り周辺を「気品とにぎわいのある魅力的なまち」「安全・安心して生活できる落ち着きのあるまち」「豊かな環境で過ごせる快適なまち」として整備する目標が掲げられています。

区は10月12日(金)と14日(日)に地域への説明会を開催しました。
このうち予定地近くで行われた14日の説明会では、参加者が大声で発言するなどして紛糾。「絶叫大会だった」「子育て施設だと聞いていたのに怖かった」と話す参加者もいました。
説明会のようすは、FNN(フジテレビ系)でも取り上げられました。

説明会の会場外では「青山の未来を考える会」への入会をお願いするビラが配られていました。
このビラによると、会員企業としてグリーンシードを含む4社が名を連ねています。

区の説明会の会場外で配られていたビラ。/
no title


以下全文はソース先で

2018年10月15日
社会で子育てドットコム
https://shakaidekosodate.com/archives/2260

続きを読む

松井一郎

【大阪府】松井知事 公用車に乗って府庁舎周辺を巡回し、車内で喫煙 「休憩するなら知事室でできる。たばこを吸うため」と問題視

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539269441/

1: 2018/10/11(木) 23:50:41.20 ID:CAP_USER9
大阪府の松井一郎知事が議会開会中の休憩時間に、公用車に乗って府庁舎周辺を巡回し、車内で喫煙していたことが分かった。11日の府議会総務委員会で取り上げられ、府秘書課は「コーヒーブレークとして段取りした。不適切ではない」と釈明したが、質問した府議は「あまりにもお粗末な使い方だ」と引き続き追及する方針だ。

自民党の密城浩明府議が質問し、府の伊藤弘三秘書課長が答えた。委員会に松井知事は出席しておらず、22日に改めて直接質問する予定。

府によると、松井知事は府議会の休憩時間だった今月2日午後3時3分、府庁舎正面から公用車に乗り、府庁舎周辺を巡回して同9分に戻った。車内でたばこを吸って休憩したという。

府の規定では、職務の遂行や警護上の必要性がある場合に公用車を使用できる。車内禁煙の規定はない。一般職員は勤務時間中は禁煙で、抜け出して「一服」すると処分の対象になるが、地方公務員法上の特別職である知事は対象外だ。松井知事は愛煙家で知られるが、府庁内は知事室も含め全館禁煙。また、府は国よりも厳しい内容で、受動喫煙防止に関する条例制定を目指している。

委員会で密城府議は「休憩するなら知事室でできる。たばこを吸うために税金で動かしている車を用意するのはいかがなものか」と問題視した。伊藤課長は「警護上の必要性から休憩するために公用車を使用した。たばこを吸うためではない」と否定しつつ、「公用車の使用について府民から誤解を受けることがないよう心がけたい」と述べた。【藤顕一郎】

毎日新聞2018年10月11日 20時11分(最終更新 10月11日 21時23分)
https://mainichi.jp/articles/20181012/k00/00m/040/084000c

続きを読む

hqdefault

【ズボズボズボッ】9台の車がボデーに複数の穴をあけられる被害・北九州

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539168740/

1: 2018/10/10(水) 19:52:20.03 ID:CAP_USER9
駐車場の車に穴 被害相次ぐ

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kitakyushu/20181010/5020001705.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

北九州市のスーパーなどの駐車場で、車の車体に複数の穴を開けられる被害が9件相次ぎ、
警察が器物損壊事件として捜査しています。

警察によりますと、9日午後8時すぎ、北九州市小倉北区中井にあるスーパーの駐車場で
不審な人物が車の近くをうろついていると、警察に通報がありました。
警察官が駆けつけたところ、不審な人物は見当たりませんでしたが、駐車場に止めていた車6台の
ボンネットなどに、直径が1センチほどの複数の穴が開いているのが見つかりました。

さらに、この駐車場から北に650メートルほど離れた、同じ小倉北区中井にある月ぎめ駐車場でも、
10日午前6時すぎ、軽乗用車3台に同じような穴が開いているのが見つかりました。

穴の状態などから、警察は何者かが硬い棒のようなものを使って開けたとみて、
器物損壊事件として捜査しています。

10/10 17:36

続きを読む

4930cfca491435267b5912bb0cf93b24_t

凄いこと思いついた! 食品ロスを減らすには、消費期限が迫った品を優先的に購入するよう客に呼びかければいいのではないか?@神戸

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539058219/

1: 2018/10/09(火) 13:10:19.54 ID:CAP_USER9
スーパーで食品ロス減呼びかけ

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20181009/2020002002.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

まだ食べられる食品が捨てられる「食品ロス」を減らそうと、神戸市内のスーパーが、
消費期限が迫っている商品を優先的に購入するよう買い物客に呼びかけるキャンペーンをしています。

これは、神戸市と「生活協同組合コープこうべ」が連携して行っているものです。
スーパーなどで売れ残り、消費期限を過ぎた食品は廃棄処分されるため、
神戸市中央区の「コープこうべ山手店」では、消費期限が迫っている商品を売り場の手前に置いて
買い物客に優先的に購入するよう呼びかけています。

店内にはさまざまな場所に「手前から取ってね」と書かれたステッカーが貼られ、
この日は神戸市の職員や従業員がチラシも配って食品ロス削減への協力を呼びかけました。
また、前日に作られた豆腐と、翌日が消費期限の豆腐を食べ比べるコーナーも設けられ、
味見した買い物客は「味は変わらなかった」と話していました。
30代の女性は
「これからは手前から商品を取って家でも食べ切るようにしたい」と話していました。

コープこうべ環境推進統括の益尾大祐さんは
「消費期限の迫った商品を手にしてもらうことで食品ロスは削減できる。
消費者の皆さんと一緒に取り組んでいきたい」
と話しています。

10/09 12:10

続きを読む

jishin_house

【北海道地震】コープさっぽろ、北海道電力に対して損害賠償請求する考えなし 「事実と違う。北海道新聞に抗議」

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538989559/

1: 2018/10/08(月) 18:05:59.81 ID:CAP_USER9
北海道胆振東部地震により犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともにご遺族の皆様に心からお悔やみ申し上げます。また被災された皆様に心からお見舞い申し上げるとともに、被災地の一刻も早い復興をお祈りいたします。

コープさっぽろといたしましては、生活物資の提供及び被災地応援行動をとおしまして復興に努めて参る所存です。

10月7日(日)北海道新聞の朝刊1、2面に、『コープ、北電に賠償請求へ 大停電 9億6000万円損害』のタイトルで記事が掲載されました。組合員さん及び関係各位に、ご心配とご疑念をお掛けすることになり、心よりお詫び申し上げます。

記事の内容は事実と異なり、かつ、センセーショナルな書き方になっており、甚だ遺憾であり、北海道新聞に対して抗議をいたしました。

1面のタイトルに『コープ、北電に賠償請求へ』とありますが、コープさっぽろが北海道電力に対して法的措置を取る考えはありません。

コープさっぽろとしましては、ブラックアウト(大規模停電)の原因と責任の所在を明確にすること及び電源の分散化や再生可能エネルギーの活用等、電力のあり方についての議論を進めることに意味があり、今後このような甚大な被害にならないように再発防止対策を含めて問うていければと考えております。

組合員さん及び関係各位に、ご心配とご疑念をお掛けしたことに対しまして重ねてお詫び申し上げます。

生活協同組合コープさっぽろ

https://www.sapporo.coop/corporate/content/?id=323

関連スレ
【北海道地震】コープさっぽろ、大規模停電による損害分を北海道電力に賠償請求へ・・・食品廃棄で9億6000万円の損失★4
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538969474/

続きを読む

illustrain02-saigai10
【悲報】コープさっぽろさん、大規模停電による損害分を北海道電力に賠償請求へ・・・9億6000万円の損失

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1538896404/

1: 2018/10/07(日) 16:13:24.51 ID:49OubkWtr
北海道新聞 10/7(日) 13:36配信

■「電源集中でリスク高く」
コープさっぽろ(札幌、組合員数170万人)は6日、札幌市内で理事会を開き、胆振東部地震による大規模停電(ブラックアウト)で発生した損害の賠償を北海道電力に請求する方針を固めた。
食品廃棄による損害は9億6千万円に達しており、取引先の企業、団体と連携し、近く北電に賠償請求の書面を送る。
道内の流通大手がブラックアウトによる損害賠償請求に動くのは初めてとみられる。

コープは全道に展開する108店舗や物流センター、加工工場で、地震後に停電し、冷蔵・冷凍庫が使用できなくなった。損害は店舗分だけで約9億円に上るという。

北海道新聞の取材に対し、大見英明理事長は「今回の停電は人災ともいえるものだ。その分は、電力会社に責任がある」として、北電への賠償請求が必要だと判断した。
地震により損傷した苫東厚真火力発電所(胆振管内厚真町)への電源の偏りを念頭に、「大規模電力を一極集中させたことで事故リスクが高まった」と主張。
損害賠償の請求を通じて、電源の分散化を求めるなど電力供給のあり方についても、問題提起したい考えだ。

続きを読む

jishin_house

【北海道地震】コープさっぽろ、大規模停電による損害分を北海道電力に賠償請求へ・・・食品廃棄で9億6000万円の損失

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538889423/

1: 2018/10/07(日) 14:17:03.11 ID:CAP_USER9
北海道新聞 10/7(日) 13:36配信

■「電源集中でリスク高く」
コープさっぽろ(札幌、組合員数170万人)は6日、札幌市内で理事会を開き、胆振東部地震による大規模停電(ブラックアウト)で発生した損害の賠償を北海道電力に請求する方針を固めた。
食品廃棄による損害は9億6千万円に達しており、取引先の企業、団体と連携し、近く北電に賠償請求の書面を送る。
道内の流通大手がブラックアウトによる損害賠償請求に動くのは初めてとみられる。

コープは全道に展開する108店舗や物流センター、加工工場で、地震後に停電し、冷蔵・冷凍庫が使用できなくなった。損害は店舗分だけで約9億円に上るという。

北海道新聞の取材に対し、大見英明理事長は「今回の停電は人災ともいえるものだ。その分は、電力会社に責任がある」として、北電への賠償請求が必要だと判断した。
地震により損傷した苫東厚真火力発電所(胆振管内厚真町)への電源の偏りを念頭に、「大規模電力を一極集中させたことで事故リスクが高まった」と主張。
損害賠償の請求を通じて、電源の分散化を求めるなど電力供給のあり方についても、問題提起したい考えだ。

■北電経営陣の責任問題にも
コープ以外でも、停電で深刻な打撃を受けた企業や団体の中には、北電の責任を追及する動きがある。
一部の農協では、生乳廃棄などの被害に対し賠償を求める声が上がっているほか、道内に工場を持つ食品関連メーカーも損害額の算定を急いでいる。

ブラックアウトについては、技術的経緯の検証が進んでいるが、コープさっぽろが損害賠償の請求に動くことで、北電の経営陣の責任問題も浮上しそうだ。

地震後、1週間以上食品の品薄が続いたコープさっぽろの店舗=9月13日
no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00010001-doshin-hok

続きを読む

3bda0bfc9c3bf4d6dff77edb742ca83b_t

【長崎県庁】電源コードを机に上げる単純作業を830万円で業者に外注していたことが判明 監査「県民目線で考えろよ」「積算根拠不明」

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538798324/

1: 2018/10/06(土) 12:58:44.87 ID:CAP_USER9
今年1月の長崎県庁舎移転で、新庁舎の床に置かれた電源コード約1500本を各事務机に上げる単純作業などに、県が約830万円を業者に支払っていたことが4日、県監査委員の本年度定期監査結果で分かった。県監査事務局は「県民目線でみれば職員でできなかったのか。約830万円をかける必要性自体が疑問」と指摘した。
 同事務局などによると、県県庁舎建設課(当時)は昨年末から今年初めの移転作業を業者に委託。机の配置後、床の電源コード約1500本をそれぞれの机に上げる作業や、電話コードを机上の電話機約2800台に接続する作業を追加で発注し、その費用が約830万だった。この作業には23日間で業者延べ364人が携わった。同事務局は「約830万円の積算根拠が不明確」としている。同様に本部庁舎が移転した県警では警察官らが自ら電源コードを机に上げたりしたという。

 監査結果に対し、県管財課は「短期間でスムーズにするのが第一。職員が入ると引っ越し作業に支障をきたす可能性もあり、危険性もあった。委託は必要だった」としている。

 定期監査では、県農業経営課が農業者1人に貸し付けた約400万円の回収を巡り、時効時期を間違って時効となり回収できていないケースも発覚。県県北振興局、県長崎振興局は橋の点検などでドローンを計10回飛ばしたが、飛行前にリスク判定などが必要な県の運用方針を一度も守っていなかった。
 監査対象は知事部局、教育庁、地方機関など計115カ所。法令違反などの「指摘」が56件、「指導」は142件だった。

https://this.kiji.is/420755598620984417?c=39546741839462401
2018/10/5 11:0010/6 11:53updated

続きを読む

c8dcbd1bd59b2d3cfa44263ec81a9feb_t

【マラソン】台風25号接近で札幌マラソンが中止に 参加料は返却せず、記念品は郵送

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538732131/

1: 2018/10/05(金) 18:35:31.24 ID:CAP_USER9
 10月7日に開催が予定されていた第43回札幌マラソンが台風25号の影響により中止となることが5日、決まった。

 公式サイトが「台風25号の接近により強風等の影響が懸念されるため、参加される皆様やボランティア等の方々の安全確保を最優先し、苦渋の決断ではありますが中止とさせていただきます」と伝えている。

 なお、ハーフマラソン一般の5140円を最高額とする参加料は、大会開催に向けた運営費等に充てているため返却せず。参加記念品については準備でき次第郵送するとし、「このたびは、大変心苦しい結果となってしまいましたことに、主催者一同お詫びを申し上げますとともに、なにとぞご理解をいただきますよう重ねてお願い申し上げます」と謝罪している。

 同マラソンは1976年にスタートし、毎年10月の第1日曜日に開催されている北日本最大規模の市民ロードレース。

[ 2018年10月5日 17:59 ]
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/10/05/kiji/20181005s00057000210000c.html

続きを読む

緒方夕佳8-718x404

【議員の品位】「のど飴は医療行為」 熊本市議会に市民団体が抗議

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538450636/

1: 2018/10/02(火) 12:23:56.74 ID:CAP_USER9
※たまたまスレ

 熊本市議会が先月28日、緒方夕佳議員が質疑中に「のどあめ」をなめていたとして定例会本会議を中断し、質疑を再開せず閉会したのは市民の請願権の侵害にあたるとして、質疑のテーマだった請願を出した市民団体「熊本市自治基本条例をより良くする会」(西村文雅会長)が1日、本会議の招集と質疑の再開を求める申入書を朽木信哉議長らに宛てて出した。後日、公開質問状も出すという。

 請願は、開かれた議会にするために議会基本条例制定などを求めていた。同会はこの日記者会見を開き、のどあめを口に含むのは、風邪による咳(せき)を予防するための「広い意味での医療行為」との見解を示した。また、議会の対応の問題点を指摘。議会側が会議規則の「品位の尊重」に触れると判断したことについて、会議規則のもととなる地方自治法に定める「品位の保持」は議員の議場での無礼な言葉などを禁じたものであり、のどあめをなめる行為への適用は「規則の恣意(しい)的な解釈だ」と批判した。

 請願は緒方議員が紹介議員となり昨年12月~今年9月に出されたが、9月に付託先の委員会で一括して不採択となった。同会が請願を出すためにさまざまな議員に頼んだ結果、紹介議員になってくれたのが緒方議員だった。懲罰特別委員会で決まった緒方議員の出席停止は定例会会期中に適用されるため、閉会後は解かれている。(柴田菜々子)

2018年10月2日06時39分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLB13DNXLB1TLVB002.html

続きを読む

スクリーンショット 2018-02-20 0.35.05のコピー3
【沖縄】乗客苦情「危ない」  本島東海岸の路線バス、速度超過に急ブレーキ頻繁  運転手、定時「間に合わない」

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537825946/

1: 2018/09/25(火) 06:52:26.87 ID:CAP_USER9
9/25(火) 6:04配信
琉球新報

 「本島東海岸を走る路線バスが速度超過を繰り返している。乗っていて危ないと何回も感じた」―。読者から本社編集局に情報が寄せられた。話によると、かなりのスピードを出して走るバスは、急ブレーキも頻繁だという。公共交通の路線バスが一般道で飛ばすことがあるのか? 8月中旬、取材班は読者が寄せた情報を基に、那覇発名護行きのバスに乗った。
 日を変えて3回乗車した。そのうち1回は東海岸の国道329号で制限速度50キロの道路を80キロ以上で走るのを体感した。急ブレーキを踏むこともあり、乗客が運転手に速度超過について苦情を言う一幕もあった。なぜこのような危険運転がまかり通るのか。取材を進めて見えてきたのは、路線バスを取り巻く厳しい環境だった。

 記者が乗り込んだバスは、帰宅ラッシュ直前の平日午後5時10分台に那覇市泉崎を出発する便だ。このバス会社が公表する運行時刻表(ダイヤ)によると、終点の名護バスターミナルまでの所要時間は2時間52分となっている。

 時間通りに始点を出発したバスは、バスレーンを走行し那覇市を出るまでは順調に進んでいたが、その後は遅れ気味になった。中部の渋滞がひどく、ダイヤはうるま市の安慶名停留所では約20分遅れとなった。

 いよいよバスは問題の東海岸に差し掛かる。うるま市から金武町に入ると、これまでとは打って変わって車の数がまばらになった。遅れを取り戻すかのようにバスは段々とスピードを上げた。道路の制限速度は50キロだが、ついに速度メーターは80キロを超えた。停留所に止まるために急ブレーキが踏まれ、客が床に置いていた荷物が倒れて中身が飛び出した。

 沖縄市から乗っていた子連れの父親は、降車間際に「安心して乗れないよ」と運転手に苦情を述べた。記者も同感だった。

 その後、乗客が少なくなってくると、運転手は「飛ばしても飛ばしても間に合わないよ」と疲れた様子でつぶやいた。その言葉通り、バスは定時から約25分遅れて午後8時半ごろに終点に到着した。

 この日、記者は金武町内で2回、80キロ超えを確認した。制限速度30キロオーバーは赤切符が交付され、一発で免許停止となる場合がある。

 記者は別の日に同系統の那覇発名護行き、名護発那覇行きに乗ったが、その際は極端な速度超過は確認できなかった。ただいずれも定時から約25分遅れで終点に到着した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000004-ryu-oki

続きを読む

このページのトップヘ