one day one news

ネタ・ニュース・ネット上の話題についてまとめてます。 Twitterフォローしていただけると嬉しいです!

  • ホーム
  • RSS

乗り物

スクリーンショット 2018-10-10 13.27.50

【埼玉】クラクション鳴らされた自転車男性、車に向かう…車の男が男性はねて逃走 容疑で逮捕 自転車男性は意識不明

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539125662/

1: 2018/10/10(水) 07:54:22.15 ID:CAP_USER9
 埼玉県の岩槻署は9日までに、交通トラブルになった男性を車ではねたとして殺人未遂の疑いで、同県白岡市篠津、無職の男(35)を逮捕した。男性は胸部外傷などで意識不明の重体。

 逮捕容疑は5日午後2時35分ごろ、蓮田市の市道で、白岡市の職業不詳の男性(42)に乗用車をぶつけて殺害しようとした疑い。

 岩槻署によると「避けようと思ったがぶつかった」と、殺意を否認している。現場は歩道のない直線。男は「(男性の)自転車が車道にはみ出してきたのでクラクションを鳴らした」と説明。自転車を降りて近づいてきた男性に車を急発進させ、腰や胸などをひいたとみられる。男は現場から走り去ったが、車のナンバーの目撃情報などから浮上した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00010002-saitama-l11

続きを読む

train_sleep

【動画】電車で爆睡し、隣にもたれかかる女さんにスマホで制裁パンチしたサラリーマンが発見される

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1538742668/

1: 2018/10/05(金) 21:31:08.35 ID:eI7xRz6u0

続きを読む

鈴乃木凜

【オートバイ】スズキの名車“カタナ”が18年ぶりに復活 インターモト2018で車両をお披露目

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538488094/

1: 2018/10/02(火) 22:48:14.43 ID:CAP_USER9
no title


 スズキは10月2日、ドイツ・ケルンで開催されているインターモト2018で、新型の海外向け大型二輪車『KATANA(カタナ)』を発表した。

 新型『カタナ』の原型となるのは2000年に生産が終了したGSX1100S KATANA。GSX1100Sカタナは、1980年のケルンモーターショーに登場し、日本刀をイメージしたデザインで世界のバイクファンの注目を集めた。

 そんなカタナが18年ぶりに復活。デザインは、GSX1100Sカタナをモチーフに、シャープで大胆なラインをあしらった流線型のスポーティーなスタイリングを採用し、フロントの長方形縦型2灯LEDヘッドライトや、刀の切先をモチーフにしたLEDポジションランプによりカタナらしい特徴的な顔つきに仕上げたという。

 また新型『カタナ』には、スズキ初となるスイングアームマウントリヤフェンダーが採用され、リヤウィンカーとナンバープレートホルダーを下部に配置している。

 車両の装備重量は215kg。エンジンはGSX-R1000をベースに改良した999cm3直列4気筒を搭載し、最大出力は約149馬力(110kW/10,000rpm)、最大トルクは108N・m/9,500rpmを発揮する。

 その他、3段階から選択可能なトラクションコントロールやABS、倒立フロントフォーク、ブレンボ社製のラジアルマウントフロントブレーキキャリパーなどが装備されている。

 新型『カタナ』は、日本の浜松工場で生産し、2019年春から欧州を中心に販売を開始予定とのこと。日本での販売については発表されていない。

■新型「KATANA」の主要諸元
全長/2,125mm
全幅/830mm
全高/1,110mm
ホイールベース/1,460mm
装備重量/215kg
エンジン型式/999cm3水冷4サイクル直列4気筒エンジン
最高出力/110kW/10,000rpm
最大トルク/108N・m/9,500rpm

2018.10.2
https://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20181002-10347179-carview/

続きを読む

【神奈川】抱っこひもで電動自転車、傘が挟まり転倒 1歳児死亡 保育士の母親(38)を書類送検

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536970076/

1: 2018/09/15(土) 09:07:56.41 ID:CAP_USER9
電動自転車で走行中に転倒し、抱っこしていた当時1歳4カ月の次男を死亡させたとして、神奈川県警は14日、横浜市都筑区の保育士の母親(38)を過失致死の疑いで書類送検した。県警への取材でわかった。専門家や業界団体は、乳幼児との同乗はバランスが不安定になりがちだとして注意を促している。

 県警都筑署によると、母親は7月5日午前8時25分ごろ、同区の市道で、次男を抱っこひもで前に抱え、左手首に傘を提げた状態で電動自転車を運転。過失によって転倒して次男の頭を強く打ち付け、死亡させた疑いがある。雨が降っていて母親はかっぱを着ていたが、提げていた傘が自転車のフレームと前輪の泥よけの間に挟まったことで、ハンドルが動かなくなり、転倒につながったと署はみている。

 母親は前部の幼児用座席に事故当時2歳だった長男を乗せ、次男とともに保育園に送り届ける途中だった。ヘルメットをかぶっていた長男にけがはなかった。自転車は前後に幼児用座席が取り付けられ、幼児2人を乗せる安全基準を満たしていたが、後部席には荷物を置いていたという。(安藤仙一朗)

■おんぶ認められ…残り:1161文字/全文:1625文字

2018年9月15日05時00分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL9C5FHHL9CULOB019.html
no title

no title



続きを読む

【自動車】トヨタ「プリウス」、賛否両論があるデザインを大幅変更か…売上右肩下がりでテコ入れへ
2015toyota_prius(ZVW50)_a_2WD

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1535773100/

1: 2018/09/01(土) 12:38:20.94 ID:CAP_USER9
トヨタ『プリウス』現行モデルに大幅テコ入れか。
2015年12月に登場した現行モデルが、約3年を経て改良されるとの情報が入ってきた。
大きな燃費向上はなさそうだが、デザインが大きく変わるという。


現行プリウスは、発売当初こそ堅調な売れ行きを見せるも、2017年に入ると安定せず、ジワリ右肩下がりとなっている。
往時には販売首位を独走し、ハイブリッドの代名詞となったプリウスだが、
同門の『アクア』にその座を譲って以降、2018年7月時点で販売台数トップ10圏外(9957台)となっている。

台数としては決して少なくないが、先代の大ヒットからするとやはり物足りなさを感じる。

その原因の一つと見られているのが、賛否両論があるフロントマスクだ。
そこで今回のフェイスリフトでは、エクステリアを中心に改良、販売台数の巻き返しを図るとみられる。


Spyder7編集部では、入手した情報を元に改良新型の予想CGを制作した。フロント部はヘッドライトのデザインを変更。
癖の強い異形から、『プリウスPHV』に近いシャープなデザインの3連LEDヘッドライトに変更。バンパー両サイドの開口部も大柄なものにし、ライト類を埋め込んだ。
またサイドはフロント、リア部分に膨らみを持たせ、ワイド感を強調している。

リアビューも変わりそうだ。テールライトのグラフィックが変更され、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)の採用も期待出来るかも知れない。

大きく進化を見せるエクステリアに対しパワートレインに大きな変化はないようだ。
1.8リットル直列4気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドがキャリーオーバーされる。

燃費が現在の40.8kmから、50km程度まで向上すると予想する海外メディアもあるが、そこまでの向上はないだろう。
しかし軽量化などにより、若干の燃費アップは期待出来るかも知れない。


また安全面では、最新世代の「トヨタセーフティセンス」が搭載される可能性が高い。
衝突危機が迫ると強力なブレーキアシストが作動する「プリクラッシュセーフティ」、急な車線変更をすると、
ブザーとディスプレイで知らせる「レーンディパーチャーアラート」を始め、「レーントレーシングアシスト」などの機能がドライバーをアシストする。

ワールドプレミアは、2019年1月とレポートされているが、2018年12月に早まる可能性もある。

https://response.jp/article/2018/08/31/313517.html
2018/09/01(土) 11:08:43.49

続きを読む

【話題】コンビニ「無断駐車」1万時間超えに「920万」の支払い命令 大阪地裁
car_meiwaku_chusya

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1535021385/

1: 2018/08/23(木) 19:49:45.17 ID:CAP_USER9
https://www.oricon.co.jp/article/532380/

大阪府茨木市にあるコンビニの駐車場で、2台合わせて1万時間以上も無断駐車した男性。コンビニの経営者が、この男性を相手取り、損害賠償を求めて提訴したところ、大阪地裁はこのほど、男性に約920万円の支払いを命じました。

報道によりますと、男性は2013年8月から2015年2月にかけて、計7424時間にわたって、コンビニの駐車場に、無断で乗用車を駐車していました。2014年6月以降には、別の乗用車も計3694時間とめていたということです。

コンビニの経営者は、1時間あたりの駐車代金を700円として、慰謝料を含めた損害賠償の支払いを求めて提訴しました。一方、男性は、口頭弁論期日に出廷せず、さらに答弁書などの準備書面も提出しなかったため、ほとんど請求どおりの判決が言い渡されたようです

とはいえ、コンビニの駐車場など、私有地に無断駐車する人は少なくありません。今回の裁判で、男性は反論しなかったようですが、一般論として、無断駐車の損害賠償額はどう決まるのでしょうか。前島申長弁護士に聞きました。

●店側は、賃料相当の「損害金」を請求することができる

「コンビニの駐車場では、店での買い物など必要な範囲において、無料で駐車が認められたものと考えられます。

したがって、店に用事がないにもかかわらず、わざと自動車を駐車しつづける行為(無断駐車)は、不法占拠の一種として、不法行為が成立し、損害賠償責任を負うことになります(民法709条)。

つまり、店側は、賃料相当の損害金を請求することが可能となります」

●近隣の有料駐車場の駐車料金などが参考になる

「問題は、その賠償額です。一般的には、近隣の有料駐車場の駐車料金などを参考に、裁判所が決定することになります。

今回のケースでは、合わせて1万1000時間以上の不法駐車に対して、車1台分1時間の損害賠償金を700円として計算したものです。このほかにも、弁護士費用などの加算がされた結果、高額の賠償額(約920万円)が認められたものと思われます」

●具体的に発生した損害金の支払い義務が発生する

「なお、無断駐車に対して『3万円払ってもらいます』などと書かれた看板が設置されていることがあります。しかし、かならずしも同金額を支払う義務が生じるものではないと考えられます。

というのも、日本の裁判例では、一般的に、実際に発生した損害(実損)が、損害賠償の対象になるからです。したがって、不法駐車に対し、具体的に発生した賃料相当の損害金の支払い義務が発生することになります。

今回の裁判では、被告(男性)が期日に出頭せず、原告(コンビニの経営者)の主張がおおむね認められることになりましたが、仮に被告が期日に出頭して、賃料相当の損害金の支払いを争ったとしても、一般的には、賃料相当の損害金の支払いは認められることになると考えられます

(弁護士ドットコムニュース)

【取材協力弁護士】
前島 申長(まえしま・のぶなが)弁護士
前島綜合法律事務所代表弁護士 大阪弁護士会所属交通事故・労災事故などの一般民事事件、遺産分割・離婚問題などの家事事件を多く扱う。交通事故については、被害者側の損害賠償請求の他に加害者側の示談交渉・刑事弁護も扱う。
事務所名:前島綜合法律事務所
事務所URL:http://maeshima.lawer.jp/

続きを読む

【EV】「3年あれば280万円の小型EV作れる」イーロン・マスクが発言
cfdd7063-l

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1534768279/

1: 2018/08/20(月) 21:31:19.04 ID:CAP_USER
テスラのイーロン・マスクCEOが、将来的にModel 3よりもさらに小型かつ安価なEV開発の構想を、YouTuber マルケス・ブラウンリー氏によるインタビューで明らかにしました。マスク氏によると、テスラは今後「約3年」で2万5000ドル(約278万円)の電気自動車を作れるとのこと。

動画の中で、ブラウンリー氏はModel 3購入時に下取りに出される車のなかでトヨタ・プリウス(2万3475ドル)が最も多いことを挙げ、そのプリウスの価格帯でEVを売ることに興味があるかと、マスクCEOに訪ねました。するとマスクCEOは「それはおそらく可能だ。2万5000ドルの車を出そうと思えば構想から開発、すべてをハードにこなせば3年後には可能だろう」と見積もりました。

イーロン・マスク氏はこれまでも安価なEVの開発について発言したことはありましたが、具体的な価格や必要な開発期間を口にしたのはこれがはじめてのことです。ただ、これは明らかに"いまの時点で安価なEVを出そうとした場合にどれぐらいでできるか"という質問に答えただけであり、その計画があるわけではなさそうです。

とはいえ、たとえば携帯電話が500mlペットボトルよりも大きかった時代から再設計を繰り返してiPhone Xに至ったように、自動車もまた何度も再設計を繰り返し、スケールしていくことですることで小さく安価な(iPhoneは決して安価とは言えませんが)EVも作れるようになるとマスク氏は語ります。

もちろんテスラもModel 3でかなり安価な価格設定を実現したものの、予定した生産量に届くのが遅れたため、スケールメリットを享受できていないのは、少々残念なところ。ただそれも現在は安定した生産が可能になりつつあり、購入希望者がいる限りは改善していくはずです。

これまでテスラといえばEV専業であるとともにプレミアムブランドとしてのイメージ戦略を行なってきました。しかし、マスクCEOの話からはあきらかに庶民グレードにもEVを投入し、オールラウンドな自動車メーカーに成長しようとする意気込みが見えてきます。

ただ、安価な車はヒットすればテスラの既存車種の何倍もの数が出るはずであり、それに完全自動化し熟成された頃のAutopilotを組み合わせれば、さらに訴求効果は高まりそうです。

なお、このインタビューでイーロン・マスクはModel 3や安価なEVの話の他にも、たとえば開発中の新型Roadsterには空気抵抗軽減のためリアビューミラーがカメラ化されるだろうことなども話しています。ただその前にModel Y、Tesla Semiトラック、ピックアップトラックなど、今後しばらくは新車種が目白押しなのも事実、そのうえで「ハードに働けば3年で2万5000ドルのモデルを出せる」と言うのならば、われわれ庶民は「そっちのほうを早くやってくれ」と思わずにはいられません。
https://japanese.engadget.com/2018/08/20/3-280-ev-ev/

続きを読む

【EV】10分に短縮、EV急速充電器を日中共同開発へ
チャデモ

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1534892648/

1: 2018/08/22(水) 08:04:08.67 ID:CAP_USER
 電気自動車(EV)向けの急速充電器について、日本と中国の業界団体が、次世代規格を統一することで合意した。2020年をめどに10分以下で充電できる機器の共同開発を目指す。日本と中国、欧州が、規格争いを繰り広げてきたが、日中が手を組むことで9割超の占有率(シェア)を握ることになり、世界標準へと大きく近づく。

 日本の急速充電器の規格「CHAdeMO(チャデモ)」の普及に向け、自動車や充電器のメーカーなどが設立した「チャデモ協議会」と中国の規格「GB/T」を推進する「中国電力企業連合会」が、月内にも北京で合意書に調印する。

 日本の急速充電器は、現在、出力150キロ・ワット前後、中国は50キロ・ワット前後だが、500キロ・ワット以上の実用化を目指す。日本の充電時間は30分程度かかるが、最短で10分以下に短縮される。

(ここまで358文字 / 残り359文字)
2018年08月22日 07時19分
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20180821-OYT1T50121.html

続きを読む

【話題】若者のクルマ離れにSTOPを トヨタカローラ店の人気14車種を擬人化

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534333737/

1: 2018/08/15(水) 20:48:57.94 ID:CAP_USER9
no title

no title

no title

no title


■デザインのチカラで「若者のクルマ離れ」問題に取り組む

 株式会社バンタンが運営する総合エンターテイメントスクール「バンタンゲームアカデミー大阪校」と「トヨタカローラ大阪株式会社」は、産学協同プロジェクトを実施しました。

 このプロジェクトは、デザインのチカラで『若者の車離れ』に取り組むべく、トヨタカローラ店で販売される人気14車種を擬人化し、オリジナルの美少女キャラクターを制作するというものです。学校内で集まった、多数の作品から学内審査会を開催し、制作したキャラクターのコンセプトなどを発表するプレゼンテーションを行ない、優秀作品が決定しました。

『若者の車離れ』に関する問題は、『2017年度乗用車市場動向調査(日本自動車工業会調べ)』によると、クルマを保有していない10代から20代の社会人では、“車に関心がない人”の割合が57%、“車を買いたくない人”も54%と全体の半数を上回っています。

 今回のプロジェクトを実施する背景について、株式会社バンタン メディアマーケティング部にお話を伺いました。

https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180813-10333655-carview/

続きを読む

このページのトップヘ