ワンdayワンnews

  • ホーム
  • Twitter
  • RSS

雑談

【サッカー】長谷部の代表引退に号泣…麻也「どうあがいても長谷部誠にはなれない」も次代のリーダーとしての自覚あり
02-40

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530640032/

1: 2018/07/04(水) 02:47:12.98 ID:CAP_USER9
7/4(水) 2:35配信
長谷部の代表引退に号泣…麻也「どうあがいても長谷部誠にはなれない」

 言葉が出てくるのに1分以上かかった。目尻が赤くなった。日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)は、MF長谷部誠(フランクフルト)の代表引退について聞かれると、言葉を詰まらせ、ついには号泣した。

本当に素晴らしいキャプテンで……。7年半、彼と一緒にやってきましたが、あれだけチームのことを考えてプレーできる選手は少ないと思う。この大会が終われば長谷部さんだけじゃなく、今まで長くやってきた選手とやれなくなる覚悟はあった。分かってはいたことだけど、公私ともに一緒にいる時間が長かったので、寂しい」。話しながら何度も大きく息を吐いた。

 84年1月生まれで34歳の長谷部と、88年8月生まれで29歳の吉田は年齢が4歳違う。「前回のブラジルW杯が終わったとき、長谷部さんは今の僕と同じくらいの年で、次(のW杯)は僕が今の長谷部さんと同じ年になる」。4年後の自分はどうなっているのか。「昨日の夜、長谷部さんにブラジルのあと、次も行けると思ったかを聞いたら、『全然思っていなかった』と言っていた」と苦笑いした。

 常に日本代表チームを束ねることに腐心するキャプテンの姿は吉田にとって最高の手本だった。「僕もどうなるか分からないけど、日々の積み重ねが4年後のW杯に出ると思う」と、次代のリーダーとしての自覚をのぞかせつつ、「僕はどうあがいても長谷部誠にはなれない。自分のスタイルで代表を引っ張っていかないといけない」と、自分ならではのキャプテン像を思い描いた。

 日本として3度目の挑戦となったベスト8の壁はまたしても破ることができなかったが、次こそは、との思いは強い。「前回(ブラジルW杯)は燃え尽きてしまって、再スタートを切るのに時間がかかってしまった。まずはしっかり頭と体を休めて、サウサンプトンで良いパフォーマンスをしていきたい。そして(来年1月の)アジア杯を奪い返しにいきたい」。涙でリーダーのバトンを受けた吉田はタオルで頬をぬぐい、顔を上げた。日本代表としての挑戦が再びスタートする。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-01655910-gekisaka-socc
no title

続きを読む

【悲報】ケイスケホンダ、泣く「ホントにみんなを好きになった」
2018025_honda6

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530579010/

1: 2018/07/03(火) 09:50:10.70 ID:HnkUDyFVa
目を潤ませて仲間に感謝した本田「本当にみんなを好きになった」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-01655874-gekisaka-socc

続きを読む

【悲報】本田、本当に代表引退
GettyImages-863966940-800x533

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530566692/

1: 2018/07/03(火) 06:24:52.27 ID:BmCzd8DQ0
後半36分に途中出場し、2-2の同ロスタイムには得意の無回転FKで相手ゴールを脅かすなど存在感をみせたMF本田圭佑は試合後、代表生活に区切りをつけることを示唆し「おそらく代表のキャリアはこれで最後になるだろう」とコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00256598-nksports-socc

続きを読む

【悲報】ムバッペ派、地上波の陰謀により壊滅

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530493725/

1: 2018/07/02(月) 10:08:45.63 ID:Q0fRkt4R0
なんやねんエムバペって

no title

キリアン・サンミ・エムバペ・ロタン(Kylian Sanmi Mbappé Lottin、 1998年12月20日 - )は、フランス・セーヌ=サン=ドニ県ボンディ出身のサッカー選手。フランス代表。リーグ・アン、パリ・サンジェルマンFC所属。ポジションはフォワード。日本のメディアではムバッペ、ンバペなどとも呼称されているが、フランス語読みでは「エムバペ」、アフリカ語圏の発音では「ンバペ」となる。

パリ・サンジェルマン
2017年8月31日、パリ・サンジェルマンFCへ2018年6月30日までのレンタル移籍(買い取りオプション付き)で加入することが発表された。オプションを行使することにより、2022年までの契約となる。年俸は2017-18シーズンはモナコ時代と同じ(リーグ・アンの最低保障年俸)となる。9月8日、移籍後初戦となるFCメス戦で先発フル出場し、初ゴールを含む1ゴール1アシストで勝利に貢献した。10月29日、欧州CL第3節のRSCアンデルレヒト戦でも得点を決めて、10代におけるCL最多得点を更新した。12月6日、欧州CL第6節のFCバイエルン・ミュンヘン戦で2点ビハインドで迎えた50分、カバーニのパスに反応し、ヘディングでCL通算10ゴール目を挙げた。18歳11ヶ月での二桁到達は史上最年少となった。

人物
ストライカーとして若くしてモナコでデビューし、先述の通り最年少得点記録を塗り替えたことなどからティエリ・アンリの再来と称されている。エムバペ本人は幼い頃はジネディーヌ・ジダンに憧れており、ジダンを真似てヘアスタイルを坊主頭にしようとするほどであった。

パリ・サンジェルマン移籍後はティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズに似ているとしてチームメイトから「ドナテロ」のニックネームで呼ばれており、2017年12月17日のスタッド・レンヌ戦では試合に乱入したタートルズに扮したファンに抱きつかれる一幕もあった。


続きを読む

【⚽実況しようぜ】≪日本 vs.ベルギー≫前半終了して0−0、がんばれ日本!
JPN

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530557079/

1: 2018/07/03(火) 03:44:39.79 ID:CAP_USER9
サッカーW杯ロシア大会
決勝トーナメント1回戦
日本 対 ベルギー
3時キックオフ


【日本代表 スターティングメンバー】

GK
1 川島永嗣(メス/フランス)
DF
3 昌子源(鹿島アントラーズ)
5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
MF
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
8 原口元気(ハノーファー/ドイツ)
10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
14 乾貴士(ベティス/スペイン)
17 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
FW
15 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)



【日本代表 控えメンバー】

GK
12 東口順昭(ガンバ大阪)
23 中村航輔(柏レイソル)
DF
2 植田直通(鹿島アントラーズ)
6 遠藤航(浦和レッズ)
20 槙野智章(浦和レッズ)
21 酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
MF
4 本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
11 宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
16 山口蛍(セレッソ大阪)
18 大島僚太(川崎フロンターレ)
FW
9 岡崎慎司(レスター/イングランド)
13 武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)


https://russia2018.yahoo.co.jp/game/score/2018070202/


続きを読む

【朗報】Steamサマーセール、終わる気配がない
ゲーム

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530488532/

1: 2018/07/02(月) 08:42:12.87 ID:nBsX6OJ6p
普通オススメゲーム教え合うよね
メタルギア買ったけどアンチエイリアス設定がFXAA固定されててクソグラだから返品したよね

続きを読む

【サッカー】<不可解な判定に非難の声も> サッカーに「VAR」必要なのか?
news_247871_1

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530420964/

1: 2018/07/01(日) 13:56:04.23 ID:CAP_USER9
今大会から導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が波紋を呼んでいる。

 FIFAは、かつての「神の手」のような試合の勝敗を左右する重大な誤審を防止する目的で導入した。正確な判断をする上で役立っているとの肯定的な意見がある一方で、試合が中断したり、リズムが崩れるといった批判的な声もある。

「サッカーは、ときに起こる誤審も含めて人間くささに面白みがある。厳格にやろうとすることでそれがそがれてしまう。審判は機械でいいということになってしまう」

 とは、スポーツライターの平野史氏だ。

 中でも、識者やファンのみならず、現場からも非難の声が上がっているのが「不可解な判定」だ。

 25日に行われたイラン―ポルトガル戦。後半6分にC・ロナウドがペナルティーエリア内で倒された。一度はノーファウルと判断されたが、VARから無線で申告され、主審が映像を確認。判定がファウルに覆り、ポルトガルのPKとなった。その後もC・ロナウドが相手DFに食らわせた肘打ちもVAR検証の結果、イエローカードと判定。かつてポルトガルを指揮していたイランのケイロス監督が「ルール上、肘打ちはレッドカードだ。試合は人々のためのもの。舞台裏にいる数人のためのものではない。試合をVARに委ねることはやめなければならない」と痛烈な批判を浴びせた。

 翌26日のナイジェリア―アルゼンチン戦でも不可解な判定があった。

 後半10分、ナイジェリアのクロスにアルゼンチンのDFロホがヘディングをした際、ボールが明らかに腕に当たった。VARの映像でもハッキリと捉えていたが、主審は「故意のハンドではない」とジャッジしたのだ。ナイジェリアのMFミケルは試合後、なぜハンドではないのかと主審に詰め寄り、「審判は腕に当たったことは『イエス』と答えたが、『なぜPKでないのか』という問いには『分からない』と言った」と明かした。

 さらには試合中に流血していたアルゼンチンDFマスケラーノもそのままプレーさせた。ルール上、ピッチを出て、止血しなければいけないのにもかかわらずだ。

 25日のスペイン―モロッコ戦でも、スペイン有利と思わせる判定があった。

VARが導入されても、審判はこれを無視することができ、結果的には審判の判断に委ねられる。審判は、一方のチームに厳しいジャッジを下した後、もう一方のチームにいわゆる『お返し』をするなどして、試合の中でバランスを取ることもあります

 とは、前出の平野氏。

 公平性を期すために導入しながら、バランスにも配慮することでより不可解さが際立っているとしたら皮肉だ。人気国を勝たせるために、VARを悪用しているのではないか、との声が出るのも仕方がない。

2018年7月1日 10時26分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14945716/

続きを読む

このページのトップヘ