ワンdayワンnews

  • ホーム
  • RSS

雑談

【サッカー】<不可解な判定に非難の声も> サッカーに「VAR」必要なのか?
news_247871_1

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530420964/

1: 2018/07/01(日) 13:56:04.23 ID:CAP_USER9
今大会から導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が波紋を呼んでいる。

 FIFAは、かつての「神の手」のような試合の勝敗を左右する重大な誤審を防止する目的で導入した。正確な判断をする上で役立っているとの肯定的な意見がある一方で、試合が中断したり、リズムが崩れるといった批判的な声もある。

「サッカーは、ときに起こる誤審も含めて人間くささに面白みがある。厳格にやろうとすることでそれがそがれてしまう。審判は機械でいいということになってしまう」

 とは、スポーツライターの平野史氏だ。

 中でも、識者やファンのみならず、現場からも非難の声が上がっているのが「不可解な判定」だ。

 25日に行われたイラン―ポルトガル戦。後半6分にC・ロナウドがペナルティーエリア内で倒された。一度はノーファウルと判断されたが、VARから無線で申告され、主審が映像を確認。判定がファウルに覆り、ポルトガルのPKとなった。その後もC・ロナウドが相手DFに食らわせた肘打ちもVAR検証の結果、イエローカードと判定。かつてポルトガルを指揮していたイランのケイロス監督が「ルール上、肘打ちはレッドカードだ。試合は人々のためのもの。舞台裏にいる数人のためのものではない。試合をVARに委ねることはやめなければならない」と痛烈な批判を浴びせた。

 翌26日のナイジェリア―アルゼンチン戦でも不可解な判定があった。

 後半10分、ナイジェリアのクロスにアルゼンチンのDFロホがヘディングをした際、ボールが明らかに腕に当たった。VARの映像でもハッキリと捉えていたが、主審は「故意のハンドではない」とジャッジしたのだ。ナイジェリアのMFミケルは試合後、なぜハンドではないのかと主審に詰め寄り、「審判は腕に当たったことは『イエス』と答えたが、『なぜPKでないのか』という問いには『分からない』と言った」と明かした。

 さらには試合中に流血していたアルゼンチンDFマスケラーノもそのままプレーさせた。ルール上、ピッチを出て、止血しなければいけないのにもかかわらずだ。

 25日のスペイン―モロッコ戦でも、スペイン有利と思わせる判定があった。

VARが導入されても、審判はこれを無視することができ、結果的には審判の判断に委ねられる。審判は、一方のチームに厳しいジャッジを下した後、もう一方のチームにいわゆる『お返し』をするなどして、試合の中でバランスを取ることもあります

 とは、前出の平野氏。

 公平性を期すために導入しながら、バランスにも配慮することでより不可解さが際立っているとしたら皮肉だ。人気国を勝たせるために、VARを悪用しているのではないか、との声が出るのも仕方がない。

2018年7月1日 10時26分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14945716/

続きを読む

マッマ「今日の晩御飯は天ぷらよ~」「ワイよっしゃあああああ!!!」
天ぷら

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530173009/

1: 2018/06/28(木) 17:03:29.34 ID:NGk8HYKla
マッマ「はい ミョウガ 茄子 大葉 舞茸 キス オクラ」

ワイ「」

続きを読む

【サッカー】カズ(三浦知良、51)、終盤の戦いに持論「勝ちに本当にこだわったやり方」「大きな日本の財産になる」
カズ

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530260440/

1: 2018/06/29(金) 17:20:40.22 ID:CAP_USER9
カズ、終盤の戦いに持論「大きな日本の財産になる」
6/29(金) 14:23配信 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201806290000537.html

練習に励む横浜FCのFWカズ
no title


横浜FCのFWカズ(三浦知良、51)が、ワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表が決勝トーナメント進出を決め一夜明けた29日、横浜市内の練習場で取材に応じ
3試合の結果が、決勝トーナメント進出の大きな目標を達成につながったと思う。ベスト16を突破することがもっと大事。これでまた、さらに引き締めていい準備して挑んでくれると思います」と期待した。

ポーランド戦の終盤は、日本はフェアプレーポイント(FPP)での16強進出を意識し、失点と警告を避ける戦いに切り換え、最終ラインでボールを回し続けた。1失点で踏みとどまり、結果、決勝トーナメント進出を決めた。
93年、ロスタイムにイラクに追いつかれ、W杯切符を逃したドーハの悲劇を知るカズは「ドーハとは状況が違う」とした上で、こう持論を述べた。


カズ サッカーは5秒、10秒あれば1点入りますからね。セネガルが点を取った瞬間、日本は点を取らないといけない状況になる。
その中で、(ポーランドが)来なければ回すという勝負にかけた。
コロンビア戦もそうでしたけど、2-1になって自分たちが余裕を持ってボールを回すサッカーができた。
その積み重ねで、ああいう時間の過ごし方ができたのでは。なかなかできる経験ではない。
監督、スタッフ、スタンドの観客、テレビで見ていた人もみんなそういう経験をした。大きな日本の財産になるんじゃないですかね。
勝ちに本当にこだわったやり方。いろんな選択があるなかで、あそこまでの選択があの瞬間できたなと。すごいと思いますね。

第3戦で先発メンバーを6人入れ替え、さらに勝ちにこだわった戦術を貫いた西野朗監督の勝負師としての姿に、
カズは「苦しいけど楽しいと思いますよ。あれがしびれるんでしょうね。西野さんがずっとやってきた経験があるんでしょうね」と敬意を表した。
決勝トーナメント1回戦はベルギーと対戦する。
カズは「次のベスト16に勝ってベスト8には進んでもらいたい。これも希望ですが、ブラジルとベスト8で戦ってほしい」と期待を寄せる。
カズは、MF長谷部誠、DF吉田麻也、MF香川真司らと、毎年、食事会を開いており
「ベスト16だと例年規模で。ベスト8だと倍ぐらい。ベスト4だともっと。トップまでいったら東京を貸し切るぐらいいきたい」と、祝勝会のイメージをふくらませていた。

続きを読む

【疑問】サッカーって1点取ったら昨日の日本みたいに永遠逃げれば負けなくね?
1217378250-the-ball-488700_1920-qx22-1920x1280-MM-100

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530266144/

1: 2018/06/29(金) 18:55:44.15 ID:Gkho4REq0NIKU
2点3点取る必要なくね?

ちなにわか

続きを読む

このページのトップヘ