ワンdayワンnews

  • ホーム
  • Twitter
  • RSS
トップページ > >

【悲報】期待の新星エムバペさん、完全に嫌われ者になる
エムバペ

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531252523/

1: 2018/07/11(水) 04:55:23.21 ID:e4KHSCb90
糞やなこいつ


【関連記事】

【サッカー】フランスが3大会ぶりの決勝へ! ユムティティの決勝弾でベルギーを下す


続きを読む

【サッカー】フランスが3大会ぶりの決勝へ! ユムティティの決勝弾でベルギーを下す
news_214623_1

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531252482/

1: 2018/07/11(水) 04:54:42.41 ID:CAP_USER9
7/11(水) 4:53配信
フランスが3大会ぶりの決勝へ! ユムティティの決勝弾でベルギーを下す

 2018 FIFAワールドカップ ロシア準決勝が10日に行われ、フランス代表とベルギー代表が対戦した。

 フランスは準々決勝のウルグアイ戦からスタメンを1名変更。出場停止のブレーズ・マテュイディが復帰した。対するベルギーはここまで4試合に先発フル出場中だったトーマス・ムニエが出場停止。ナセル・シャドリが守備時は右サイドバックに入り、攻撃時には高い位置を取る変則的なフォーメーションで臨む。

 フランスはキリアン・ムバッペ、ベルギーはエデン・アザールと左サイドを主戦場とする両チームの10番を起点にチャンスを作るも得点は生まれず。スコアレスで前半を折り返す。

 後半立ち上がりの51分、アントワーヌ・グリーズマンのCKからニアサイドに走り込んだサミュエル・ユムティティが頭で決めて、フランスが先制に成功する。ベルギーはドリース・メルテンス、ヤニック・フェレイラ・カラスコ、ミシー・バチュアイと攻撃的な選手を続々投入し攻勢を強めるが、最後までGKウーゴ・ロリスが守るゴールをこじ開けることができなかった。

 試合は1-0で終了。フランスが2006年ドイツW杯以来3大会ぶりの決勝に駒を進め、ベルギーは3位決定戦に回ることとなった。対戦相手は11日(水)27時から行われるイングランド代表対クロアチア代表の一戦で決定。決勝戦は15日(日)24時、3位決定戦は14日(土)23時から行われる。

【スコア】
フランス代表 1-0 ベルギー代表

【得点者】
1-0 51分 サミュエル・ユムティティ(フランス)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00791713-soccerk-socc

続きを読む

【サッカー/速報】C・ロナウド、伊王者ユヴェントスへ電撃移籍! レアルが合意を発表
GettyImages-871952620-800x533

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531237784/

1: 2018/07/11(水) 00:49:44.66 ID:CAP_USER9
7/11(水) 0:43配信 SOCCER KING

 レアル・マドリードは10日、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスに移籍することで合意に達したと発表した。

 C・ロナウドは2009-10シーズンにマンチェスター・Uからレアル・マドリードへ移籍。リーガ・エスパニョーラ優勝2回やチャンピオンズリーグ(CL)3連覇など数々のタイトル獲得に貢献。個人としても6季連続CL得点王になるなど輝かしい実績を残してきた。レアルでは通算438試合に出場し451得点を記録している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00788763-soccerk-socc

続きを読む

【将棋】羽生善治棋聖、タイトル通算100期に王手!土壇場で豊島将之八段に勝利 最終局は7月17日/棋聖戦五番勝負
d248fad60b2fc28c31442c7f5cbc3d9e-391x500

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531218568/

1: 2018/07/10(火) 19:29:28.15 ID:CAP_USER9
2018.07.10 19:21
https://abematimes.com/posts/4520398

 将棋の棋聖戦五番勝負第4局が7月10日、新潟県新潟市の「高志の宿 高島屋」で行われ、羽生善治棋聖(竜王 47)が挑戦者の豊島将之八段(28)に133手で勝利した。これで五番勝負の成績は2勝2敗と五分に。7月17日に行われる最終第5局で羽生棋聖が勝利すると、前人未踏のタイトル通算100期獲得の大偉業を達成する。
no title


 通算の対戦成績で羽生棋聖の13勝12敗と拮抗していた2人の対局は、早い時間から駒がぶつかる激しい展開に。後手番の豊島八段の積極的な仕掛けを羽生棋聖がしのぎ、負ければ2008年以来10連覇中だったタイトルを失う窮地から脱した。

 羽生棋聖は昨年、竜王のタイトルを獲得して歴代1位記録を更新するタイトル通算99期を記録。2位の大山康晴十五世名人(80期)を大きく離して、将棋界初の100期目前となっている。昨年達成した永世七冠、今年2月に受賞した国民栄誉賞とならび、新たな金字塔を打ち立てるか、次局は大きな注目を集めそうだ。対局後は「最終局なんで、悔いの残らないように思い切って指せたらいいと思います」と語った。また大盤解説の会場ではファンに向けて「ずっと難しい将棋でよく分からなかったのが率直なところです。次の対局も熱戦になるように頑張りたいです」とあいさつした。

 最終第5局は7月17日、東京都千代田区の都市センターホテルで行われる。持ち時間は各4時間。AbemaTVではこの対局を終了まで生中継する。

(C)AbemaTV

▶7/10(火)8:30~ 第89期 棋聖戦 五番勝負 第四局 羽生善治棋聖 対 豊島将之八段


▶7/13(金)9:30~ 第31期 竜王戦決勝トーナメント 深浦康市九段 対 千葉幸生七段


▶7/15(日)20:00~ AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治 予選Cブロック-1

続きを読む

【悲報】あおり運転の一斉摘発、一週間で1000件を超える

car_jiko_aori_unten

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531184896/

1: 2018/07/10(火) 10:08:16.37 ID:2LMTXdJlM
◆「あおり運転」の一斉摘発、一週間で1000件を超える

■取り締まりをさらに強化

警察庁によると6月1日~7日に全国の高速道路で行なった初の「あおり運転」の一斉取り締まりにおいて、1088件を車間距離保持義務違反などで摘発。
一部府県ではヘリコプターまで動員して確認しており、都道府県別では静岡の95件が最も多く、次いで愛知81件、福岡69件、埼玉60件の順。
警察庁は今後も取り締まりを強化していく考えだ。

自動車情報サイト『LE VOLANT CARSMEET web』 2018/07/08 12:25
https://carsmeet.getnavi.jp/2018/07/08/70097/

続きを読む

Twitterで豪雨災害デマ  窃盗に注意してください→窃盗犯がレスキュー隊の格好でレイプしてます!!
no title

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531181265/

1: 2018/07/10(火) 09:07:45.97 ID:1ih7Xd/k0
12:43 火事場泥棒にお気を付けください。窃盗とか空き巣とか多いそうで
15:09 窃盗団が来る可能性もあるので
15:10 窃盗・盗難事件が多発            
15:34 窃盗が起きてます!
17:16 窃盗団がうろうろしてるみたいです!
18:20 怪しい県外ナンバーとか走ってるんです窃盗とか狙っていると思うので拡散して貰えないですか?

6時間で【窃盗注意→窃盗多発→窃盗団登場】

続きを読む

四女「麻原の遺灰は私が受け取る。信者よ…もうオウムは終わらせてくれ」妻・次女・三女「」
img_6fbea5e6f0d8cc33228e6b8407be1d88208375

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531156374/

1: 2018/07/10(火) 02:12:54.09 ID:BA7Hvwyr0
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000021-sph-soci

6日に刑が執行されたオウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)元死刑囚(執行時63)の四女(29)が9日夜、
代理人を務める滝本太郎弁護士のブログで、父の遺骨を引き取る意向を示した。

 四女は「信者さんらに伝えたいこと」としてコメントを発表。
「指名を受けた私自身が大変驚きました。
しかし、それは実父の最後のメッセージなのではないかと受け入れることにします」とした。

指名を受けた理由として「かなり信頼してくれていたのかもしれないというのは思い当たる節があります。実は知る限り彼と最後に接見できたのは私だったからです」と推測した。

 この日、三女の松本麗華さん(35)が自身のブログで遺体の引き取りに関して「作られた話ではないか」と言及。
麗華さんは「特定の人を指定することはあり得ない」と遺体引き渡しを求める要望書を上川陽子法相に提出した妻(59)らと行動を共にしている。
四女は麗華さんらに対し「実母と、長女以外の姉弟と、信者たちに言いたいことがあります。どうか松本元死刑囚の最後の意向を尊重してやっていただけませんか」と申し出ている。

 

続きを読む

楽天、やっぱり分かってて柿沢を巨人に押し付けていた…学生時代から知られていた「窃盗癖」
柳沢

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531151004/

1: 2018/07/10(火) 00:43:24.48 ID:vO04ZxLT0
【窃盗逮捕】元巨人・柿沢容疑者は「球界のルパン」楽天時代から囁かれていた悪評
7/9(月) 16:45配信 東スポ

性格上の問題なのか、彼は『人の物を盗む』ということへの罪の意識がほとんどないそうなんです。高校(神村学園)時代から何かと問題を起こしていて、スカウトの間でもそういった話は出ていた。楽天は獲得に踏み切りましたが、あまりの根深さに困惑していました。なんとか更生させようと教育者を呼んで講話を聞かせるなどしたそうですがね。結局、直らなかったということでしょう

一体どういうことなのか。某球団の選手が柿沢容疑者の信じられないエピソードを明かす。

楽天の選手から聞いた話ですが、キャンプから寮に帰ってきた、ある選手が
『部屋に自分の服がない』と言い出して。当然、誰が盗んだんだ、という話に
なるわけですが、なんと柿沢が堂々とその服を着ていたというんです。
さっそく本人を捕まえて話を聞いたら『ちょっと借りてた』って平然と
言ったそうですよ。ヤバくないですか?


借りたといっても、他の選手の部屋に勝手に忍び込む行為は明らかに不法侵入。
しかし、最後まで柿沢容疑者に悪びれた様子はなかったという。
こうした行為が
あったからなのか、楽天ナインが柿沢につけたニックネームは「ルパン」。
今となっては笑えない話だ。

とにかく平気でウソをつく、という評判は前からありました」とは別の球団関係者。
例えば、前からしていた食事の約束を『急用が』とか言ってキャンセルしたのに、当日遊んでいるところを見つかったりとか…。とにかくすぐウソをつくから、楽天でも巨人でも信用する人はいなかったんじゃないかな

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000034-tospoweb-base

続きを読む

【サッカー】<長谷部誠>本田圭佑とは「価値観がまったく合わなくて、言い合いになったときもある」
s3.reutersmedia

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531137305/

1: 2018/07/09(月) 20:55:05.25 ID:CAP_USER9
8日放送、TBS「S☆1」では、サッカー日本代表からの引退を表明した長谷部誠にインタビュー。ロシア・ワールドカップ(W杯)を最後に代表から引退したキャプテンの責任や重圧を伝えた。

大会前から代表引退を決めていたという長谷部。「心の支えになっていた」代表だけに「喪失感がとてつもない」としつつ、「やりきったという清々しい気持ちもある」という。

主将就任後は「個人よりもチームにフォーカスすることが断然多くなった」が、そのためには「結局自分のパフォーマンスも上げていかなければ、
ほかの選手からの信頼とか発言力という部分では、求心力もなくなってくる」「それが自分のプレーにも反映される」と明かした。

もちろん、「苦しいことも多々あった」。だが、「後悔だけはしたくないというその一心」で戦ってきた長谷部は「日本代表キャプテンという誇りのほうが常に上回っていた」と振り返る。

それでも、主将の重圧はすさまじい。「最初のころよりも年々背負う物が大きく」なったという長谷部は、「自分の中で無理やりにでも自分自身にプレッシャーをかけていた」ところもあったという。

そんな長谷部が「自分のハイライトとしては大きな試合」と位置付けたのは、初戦でホームにもかかわらず敗れ、厳しいスタートとなった今大会のアジア最終予選のオーストラリア戦。
ケガから復帰したばかりの長谷部が、かつてない重圧に打ち勝って出場権を獲得したホームでの一戦だ。

支えとなったのは、ファンやサポーターからの後押しや仲間との絆。長年ともに戦ってきた本田圭佑とは「価値観がまったく合わなくて、言い合いになったときもある」という。
だが、「志は同じだった」という長谷部は、本田と「同じ時代にサッカーができて幸せ」だったと述べた。


自身の代表引退について話す中で、吉田麻也が涙を流したことについては、「こういうことを言ってくれるというのは、愛情を感じますよね」「このように涙してくれるというのは、本当に心にグッとくるものがあります」と喜んだ。

代表での戦いには区切りをつけたが、「まだまだ選手として高みを目指していきたい」という長谷部は、「あまり先のことを考えても、本当に答えは出ない」とコメント。
今は「目の前の目標一つひとつを全力でやっていくことによって、未来が開けていくのかなという感覚」と明かした。


2018年7月9日 10時0分 Sports Watch
http://news.livedoor.com/article/detail/14983911/

続きを読む

このページのトップヘ