疑問

倒置法の使い方がいまいちわからないんやが

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1546557770/

1: 2019/01/04(金) 08:22:50.15 ID:7GEdx2sd0
教えてよ誰か




中間おすすめ記事!




2: 2019/01/04(金) 08:23:32.80 ID:Zkj/7yx80
すまんなわからんのやワイも

3: 2019/01/04(金) 08:23:38.78 ID:7sayJtQJ0
知らねえよそんなの

11: 2019/01/04(金) 08:25:48.82 ID:g4XM6gRj0
わからんわワイにも

13: 2019/01/04(金) 08:26:53.46 ID:ao9bPyJzd
ええんやでわからんくても

6: 2019/01/04(金) 08:24:17.17 ID:TypDEYfvp
出来てるでイッチ

17: 2019/01/04(金) 08:33:06.08 ID:UD6rr+9z0
嘆きたまえ、それを私に教わる不運を

18: 2019/01/04(金) 08:33:52.43 ID:Ek4W2svT0
わかるだろ、普通

20: 2019/01/04(金) 08:35:44.18 ID:JgS+wLrU0
慣れるために必要や、練習が

16: 2019/01/04(金) 08:30:59.04 ID:oGxt836B0
実際に会話で使うと言い忘れてたものを補完したみたいな感じに聞こえる

7: 2019/01/04(金) 08:24:51.03 ID:PLcmxQNE0
no title




倒置(とうち)とは、言語において通常の語順を変更させることである。表現上の効果を狙ってなされる修辞技法の1つで、強調的修辞技法の一つである。

日本語における例
動詞の倒置法
日本語では、動詞を最後に置くこと以外は語順が比較的自由であるが、あえて動詞を最後以外に持ってくる動詞の倒置がある。

例:
・欲しがりません、勝つまでは。

形容詞・形容動詞の倒置法
形容詞や形容動詞の単語を倒置すると意味が変わってしまう(被修飾語が変わる)場合があるが、以下の例では倒置しても意味が変わらない。

例:
・すごいですね、なかなか。
・赤いにおいがする花(←赤いにおいは存在しないので、赤いのは花)⇔においがする赤い花

ただし、以下の例では形容詞や形容動詞の単語を倒置すると意味が変わってしまうので、倒置することはできない。
・青いとりかごの中の鳥(←青いのはとりかご)⇔とりかごの中の青い鳥(←青いのは鳥)
・きれいな眼鏡をかけた女性(←きれいなのは眼鏡)⇔眼鏡をかけたきれいな女性(←きれいなのは女性)





おすすめ記事!