wallpaper-fantasy-illustration-02

ファンタジー系妄想得意な人ちょっと来て

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1540555113/

1: 2018/10/26(金)20:58:33 ID:MLt
この陸海逆転した世界地図が何らかのファンタジー世界の地図やとして一緒にいろいろ妄想しようや

no title


2: 2018/10/26(金)20:59:38
面白そう

3: 2018/10/26(金)21:00:28 ID:MLt
文明とかどの辺から栄えて中世ぐらいのころにはどの辺にいくつほど巨大国家ができるやろか

5: 2018/10/26(金)21:01:09
>>3
文明は水利があるとこから発生するもんやないか?

6: 2018/10/26(金)21:02:13 ID:MLt
>>5
やっぱ地中海諸島やら日本海半島あたりからやろか?

4: 2018/10/26(金)21:00:42
内陸部砂しかなさそう

7: 2018/10/26(金)21:02:21
生物学的多様性が損なわれそう

9: 2018/10/26(金)21:04:23 ID:MLt
>>7
それは陸続きが多いからか?

8: 2018/10/26(金)21:04:02 ID:MLt
180度反転させてみたで、こっちのほうがしっくりくるかも
no title

45: 2018/10/26(金)21:19:49
>>8
海の多い南半球が発展しそう

11: 2018/10/26(金)21:07:12
赤道付近にものすごく広大な砂漠地帯が出来て、凄まじい砂嵐が発生しそう
その結果文明は南北の温帯地域にしか発生せず
熱帯地域の生物である人類は文明を築くことができなさそう

15: 2018/10/26(金)21:09:29 ID:MLt
>>11
実際広大な砂漠にあるエジプトとかかなり高度な文明築いとったんやろ?
なんで温帯やと文明築けんねや?

14: 2018/10/26(金)21:09:19
巨大大陸が出来ると、その中央部にスーパープリュームが上がってきて大変な事になるんやろ?

21: 2018/10/26(金)21:12:20 ID:MLt
>>14
スーパープルームとか初めて聞いたで
やっぱ大陸って火山活動でできるもんなんやな
中央部に大火山ができるってのはプレートの運動によるものなんやろか
プルームテクトニクス (plume tectonics) は、1990年代以降の地球物理学の新しい学説。マントル内の大規模な対流運動をプルーム (plume) と呼び、この変動を検討するため、プルームテクトニクスと命名された。

プレートテクトニクス理論が地球の表面に存在するプレート(厚さ約100km)の変動(テクトニクス)を扱うのに対し、この説では深さ2,900kmに達するマントル全体の動きを検討する。日本の深尾良夫(元東京大学地震研究所)や丸山茂徳(東京工業大学地球生命研究所)が提唱している。

マントルプルーム
プルームとは(羽毛のように舞い上がる)「煙」を意味する。マントルは半径約6,357kmの地球の中で、深さ数十km - 約2,900kmまでの範囲を占めているが、その中を下降するプルーム(コールドプルーム)と上昇するプルーム(ホットプルーム)が存在する。プルームの上昇・下降とも、通常時は深さ670kmの所でいったん停滞する。この部分は上部マントルと下部マントルの境目に当たり、マントルを構成する鉱物がこの位置の温度と圧力を境に相変化するため、この上下でマントルの密度や固さが大きく変化すると想定されている。プルームが深さ670km付近を超え大きく上昇、あるいは下降したものをスーパープルームという。


16: 2018/10/26(金)21:09:40
干ばつがひどそうやな
水がとんでもない貴重品やろ

19: 2018/10/26(金)21:11:50
太平洋中央部とか砂漠が延々と続く地獄と化してそうやな

20: 2018/10/26(金)21:12:01
これって地表の3割しか水がないってことだよな
砂漠の惑星になりそう

22: 2018/10/26(金)21:12:29
>>20
海水が減るから雨量が減って干ばつ地獄になりそう

23: 2018/10/26(金)21:13:11
日本海の辺りは水に挟まれてるから文明が発展しやすそうだな

25: 2018/10/26(金)21:14:42
塩の価値がとんでもないことになりそうやな
内陸国へ行けば行くほど魚は異形のものに見えるやろうし、塩が金より高価値になりそう

26: 2018/10/26(金)21:14:48 ID:MLt
一応ファンタジー妄想やから、砂漠が多くなるってことはそれに適した種族が誕生するってことやろか?

29: 2018/10/26(金)21:16:13
砂漠に適した種族ってなんだろ
ラクダみたいに栄養をため込む体質の哺乳類とかかな

28: 2018/10/26(金)21:16:09
サバクウサギ
砂の微生物をこしとるウサギ
耳が長く足は平べったい
上質な革が取れるが肉はまずい

39: 2018/10/26(金)21:18:02 ID:MLt
>>28
肉がまずいってことはえらい筋肉質なんやろな

42: 2018/10/26(金)21:19:02
>>39
でも砂漠の民の貴重なタンパク源なんや

48: 2018/10/26(金)21:20:15 ID:MLt
>>42
いい感じの妄想っすね、その兎も当然砂漠にすんでるやろうけど何を食っていきとんやろか

51: 2018/10/26(金)21:20:43
>>48
微生物をこしとるウサギって書いたはずやが

53: 2018/10/26(金)21:20:59 ID:MLt
>>51
せやったなすまん

30: 2018/10/26(金)21:16:29
南極があった地域周辺は、夏は海水であふれて大変やろうし、冬は凍るしで大変やろうなぁ
夏は平均気温20度超えるやろうし

33: 2018/10/26(金)21:16:50
砂漠でも雨は降るけど雨すら降らない地域がほとんどちゃうか

35: 2018/10/26(金)21:17:15
間違いなく起こるのは水戦争やな

36: 2018/10/26(金)21:17:18 ID:MLt
海が少なく、砂漠が多いってことは気温が熱いんやろうかね?

そうなると毛の生えた種族は減るんやろか、あとは、保水能力が高いか、それほど水分を必要としないか

55: 2018/10/26(金)21:21:18
>>36
一方でこんな毛玉もいるだろうな
つか考えてみたら砂漠って夜は寒いんだよなぁ
no title

65: 2018/10/26(金)21:24:12 ID:MLt
>>55
そういやそっか、でも地表全体が熱なるなら砂漠の夜もそれなりになるんやないやろか

72: 2018/10/26(金)21:26:18
>>65
だからそうはならないって
砂漠は太陽光の反射率が高いし、雲が出来ないぶん放射冷却が起きて地球全体が寒くなる

77: 2018/10/26(金)21:28:21 ID:MLt
>>72
すまんそういうこと詳しくない、(っていうかそういうこと知りたくてスレ作ったってのもある)
に兄さんの発言はさっきから勉強になりますわぁ

38: 2018/10/26(金)21:17:54
海が好きなワイからしたら陸地ばっかつまらん

40: 2018/10/26(金)21:18:17
おそらく文明的に一番発展するのは地中海の部分だと思う
この世界で水に囲まれてるのはチートだろ

41: 2018/10/26(金)21:18:51
水上での生活を軸にする国家とかおるんやろうか

44: 2018/10/26(金)21:19:41
>>41
チチカカみたいに草で浮島つくる民いそう
no title

ウロス島 (Uros Islands) は、ペルー領のチチカカ湖にある島。島全体が葦 (トトラ) でできていることで知られる。 

島全体が「トトラ」と呼ばれる葦でできた300程の人工の浮島の集まりで、そこに2700人ほどの先住民アイマラなどの島民が生活している。島自体は、湖面に顔を出すようにして生えているトトラを刈り取り、その根の塊を浮島のベースとして、刈り取ったトトラをブロックのようにして束ねたものを3mほど重ね、さらにその上に敷き藁のようにしてトトラを敷き詰める、といった方法で作られており、浮材として使っているトトラが腐ってきた場合には、また上から新しいトトラを補充する。島の寿命は10〜15年。島には学校や病院など島民向けの施設のほか、レストランや商店、宿泊施設など観光客向けの施設まで一通り揃っており (どれもトトラでできたユニークな造り) 、その気になれば島で丸一日過ごすこともできる。


46: 2018/10/26(金)21:20:14
ここ間違いなく関所
no title

88: 2018/10/26(金)21:35:13 ID:MLt
>>46
強大な門と要塞線を通り越して氷の街へ、ロマンですわぁ

49: 2018/10/26(金)21:20:16
やはり全体的な寒冷化が致命的やな
それでなくても海が狭いのに、寒冷化によって海水面が下がってますます海が小さくなる
人類が生存できる環境が今の1/10くらいになるかも

57: 2018/10/26(金)21:21:50 ID:MLt
>>49
人のままじゃ生きていけんやろな
むしろどういった生態を持つ生物が知的生命体の頂点に立つんやろか

56: 2018/10/26(金)21:21:43
中央の広さ以外何もない土地に何ができるんやろうか

61: 2018/10/26(金)21:23:05 ID:MLt
>>56
大砂漠、ファンタジーで妄想するのは
風魔法と砂漠用の船で疾走する砂上輸送や砂賊やな
海の代わりのいい交通手段になるかも知らん

58: 2018/10/26(金)21:22:21
逆転ってことは海溝は山になるんか?

60: 2018/10/26(金)21:22:51
>>58
それ海嶺やろ
海嶺(かいれい、ridge)には、以下の2つの用法がある。

・狭義では、海洋プレートが両側に引っ張られるために生じた地表の割れ目が直下のマントル(固体)が上昇することによってうめられ、マントルの断熱上昇のために部分融解が起こりマグマが発生し、火山活動が起こり、新しいプレートと海洋地殻が生成される大規模な海底山脈のこと。中央海嶺。
・広義では、海洋底において海盆を分けているような、細長い山脈状の地形のこと。海洋の底において傾斜を伴った地形の高まりが細長く連なっている、いわば海底山脈のような場所全般を指す。


63: 2018/10/26(金)21:23:45
>>60
真逆なら海溝が山でええんちゃう
海嶺は谷で

68: 2018/10/26(金)21:25:18 ID:MLt
>>63
どちらかといえばこっちやろな、確か一番深いとこって日本の南あたりにあった9000~10000くらいの海溝やなかったっけ?

エベレスト越えや
マリアナ海溝(マリアナかいこう、Mariana Trench)は、北西太平洋のマリアナ諸島の東、北緯11度21分、東経142度12分に位置する、世界で最も深い海溝である。太平洋プレートはこのマリアナ海溝においてフィリピン海プレートの下にもぐりこんでいる。北西端は伊豆・小笠原海溝、南西端はヤップ海溝に連なる。

マリアナ海溝の最深部はチャレンジャー海淵と呼ばれている。その深さについてはいくつかの計測結果があるが、最新の計測では水面下10,911mとされ、地球上で最も深い海底凹地(海淵)である。これは海面を基準にエベレストをひっくり返しても山頂が底につかないほどの深さで、地球の中心からは6,366.4km地点にある。


76: 2018/10/26(金)21:28:18
no title

クッソでかい山が海を囲んでいるとか競争やばそう

50: 2018/10/26(金)21:20:28
移動手段は飛行機が主になるのかな
めちゃくちゃ航空機関連が発達してるかもよ

59: 2018/10/26(金)21:22:34
ソ連のアエロサンみたいなのが縦横無尽に活躍しそう
no title

アエロサン (аэросани aerosani アーエラサーニ) は、プロペラで推進してスキーで滑走するスノーモービルである。

ロシア語で、アエロ (аэро‐ aero‐) は空気あるいは航空の意味、サニ (сани sani) は橇(そり)の意味である。厳密には、単数形がアエロサン (аэросан aerosan)、複数形がアエロサニ (аэросани aerosani) だが、橇やアエロサンは複数本のスキーを備えるため1台でも複数形が使われるので、単数形のアエロサンは実際には使われることのない語形である。

ホビー目的以外にも、連絡、郵便、救急、救難、国境警備にロシアで用いられている。軍用のアエロサンも製造され、冬戦争と第二次世界大戦ではソ連地上軍により使用された。


66: 2018/10/26(金)21:24:34
no title

こんな感じの飛行機が飛んでそう

71: 2018/10/26(金)21:26:17 ID:MLt
>>66
>>67
画像付きの妄想たまりませんわ
でもできれば中世ファンタジー感がほしい

62: 2018/10/26(金)21:23:42
地底で暮らしとる部族もおりそう

67: 2018/10/26(金)21:24:45
多分こいつが砂漠の生態系の頂点
no title

75: 2018/10/26(金)21:27:36
海洋が循環しないから干上がるな・・・

79: 2018/10/26(金)21:28:51
高緯度地方の海はたぶん凍りつくだろうな
それによってますます反射率が上がって、の悪循環で全球凍結まっしぐらやな
火星とか土星の衛星みたいな環境か

84: 2018/10/26(金)21:32:41 ID:MLt
なんか聞いてる話やと植物も育たなさそうやな
植物育たんかったら終わりやん

80: 2018/10/26(金)21:29:10
老人「ここから大和四湖に行くには険しい山々を越えてゆかねばならぬ……」

82: 2018/10/26(金)21:31:48
>>80
大和四湖の本州湖に浮かぶ琵琶島を目指すんやな

83: 2018/10/26(金)21:32:24
民族の性格的な話をすると、生存するだけでも過酷な世界だから中央集権的で全体主義的な気風になるだろうな
宗教上の戒律も厳しそう

85: 2018/10/26(金)21:33:07 ID:MLt
>>83
ダークファンタジーまっしぐらやな

86: 2018/10/26(金)21:33:38
これは間違いなく水脈が地下に眠ってるパティーン
地下の水没洞窟に首長竜とか魚人が住んどる絶対

90: 2018/10/26(金)21:35:44 ID:MLt
>>86
絶対地下帝国とかあるよね、あぁ~たまらねぇぜ!

92: 2018/10/26(金)21:37:04
>>90
地底人が地上のロマンを抱くんやろなあ

93: 2018/10/26(金)21:41:44 ID:MLt
>>92
でも地上は絶望の世界らしいわ……
いやむしろ絶望の世界だからこそ開拓者たちがロマンを求めて旅立つんやろな!
地下世界の伝承に地上の理想郷云々が載ってるんやろな

97: 2018/10/26(金)21:45:31
地上にはアーコロジーみたいなのがポツポツとあるくらいやろうな(ほとんど停止してそう)
その道のりを口うるさいロボットと移動したいな
no title

ちなアーコロジーは完全自給ができる施設のことやで

98: 2018/10/26(金)21:50:20 ID:MLt
>>97
いまの地球から陸海逆転したら多発しそうやな、ろまんや
けどもともと逆転してたうえで発達してくとするなら地下世界で相当な文明ができてから地上開発の拠点として利用する感じやろか

99: 2018/10/26(金)21:52:32
>>98
せやな 地下の文明が成熟しきって人口問題が提議されるようになってから建設されそうやね

100: 2018/10/26(金)21:53:46 ID:MLt
そこそこ出来上がってきたな

▼地表は水不足・大砂漠・寒冷の絶望の世界
▼おそらく知的生命体の多くは地下世界に住んでる(地下水脈?)
▼生存に厳しい環境の為、中央集権化の全体主義、かなりゴリゴリな宗教がある感じ?

物語とか作るなら、地下世界の戦争か、地上開拓の冒険ファンタジーかなぁ
モンスターとの戦闘より自然との闘い
サバイバル系だなぁ

101: 2018/10/26(金)21:59:15
博識J民とそうでないJ民の差が激しいスレやな

102: 2018/10/26(金)22:01:38 ID:MLt
>>101
なんか中二っぽい感じで○○帝国がこの辺にありそう、とか、ここら辺にはリザードマンがいそうとか
そういう全年齢向けのスレにしようと思ってたら、がちの理論家が悲しいこと言ってくるから哀しくなった
まぁ勉強になるからそれはそれでありだし、そういうのもある程度期待してはいたんだけど、ここまで無慈悲な世界にされるとは

103: 2018/10/26(金)22:03:23
たし蟹 ロマンあふれる世界に期待してたわ